明治・大正・昭和

日比谷焼打事件で戒厳令! 数万人の集会が暴徒化で逮捕者2,000人

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
【日比谷焼打事件】
をクリックお願いします。

 

数万人が日比谷公園へ集結 首相官邸等を襲撃

日本政府の意向はこんな感じです。

「こっちが有利な間に講和できたし、金のために戦争したわけじゃなんだからいいじゃん」

しかし、実際に家族から兵士を送り出した国民側は納得できません。

「せめて金ぶんどらないと、死んだ皆が浮かばれねえだろ!!」と激怒する人が大多数。

海の向こうで条約が結ばれている頃、東京・日比谷公園では講和反対の大集会が行われたのです。

数万人が集まった/wikipediaより引用

当初は「講和条約に反対意見をまとめて政府に提出しよう」という穏やかな会だったのが、警官隊が入ってきてから一気に急変。

警官隊が「君達落ち着きなさい、もう決まったことなんだから大人しく引き下がるように!」となだめると、余計に民衆の心に火がついてしまうのです。

結果、数万人が、首相官邸や、政府に好意的な記事を書いていた国民新聞社を襲撃し、警察署や交番、電車に火を放つなどの大騒ぎになりました。

しかも仲介したアメリカにまで矛先が向き、米国公使館や同国の牧師がいる教会まで襲われ大混乱。

ヘタしたらアメリカと戦争になるんじゃないの?というような混乱ぶりでした。

無政府状態に陥った東京には戒厳令(一時的に軍隊が統治すること)が出されます。

2,000人以上もの人が検挙され、ようやくこの暴動も鎮火。

死者17名、負傷者500名以上という大きな騒動になったのです。

ポーツマス条約
ポーツマス条約はなぜ国民に大不評だったのか? 日露帰還兵も翳背負い

続きを見る

 

そして大正デモクラシーへ

ちなみに、こうした集会から暴動に陥ったのは東京だけではありません。

神戸や横浜でも似たような事件が起きています。

戦争のしわ寄せで生活が困窮していたとはいえ、100年ちょっと前のこととは思えませんね。

暴動は同年秋には収まりましたが、講和反対の世論はなかなかなくなりませんでした。

そのため当時の桂内閣は総辞職し、新たな西園寺内閣が作られます。

しかし「市民が集まれば政府を動かすことができる」という経験は、民衆にも政治家にも大きな余波を残しました。

この動きが後々大正デモクラシーなどの民主主義運動に繋がっていくのでした。

みんなが読んでる関連記事

ポーツマス条約
ポーツマス条約はなぜ国民に大不評だったのか? 日露帰還兵も翳背負い

続きを見る

日本海海戦
日本海海戦でバルチック艦隊を撃破 なぜ東郷平八郎と日本海軍は勝てた?

続きを見る

日露戦争
日露戦争になぜ勝てた?仁川沖海戦に始まりポーツマス条約をマトメるまで

続きを見る

ゴールデンカムイ20巻 史実解説! 世界史における「日露戦争」後の日本

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
世界大百科事典
国史大辞典
日比谷焼打事件/wikipedia

TOPページへ

 



-明治・大正・昭和