乃木希典

乃木希典(右のイラストはロシア誌『ニーヴァ』に掲載されたもの/wikipediaより引用

明治・大正・昭和

乃木希典(元陸軍大将)妻と共に明治天皇に殉じた軍人の生き様とは

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
乃木希典
をクリックお願いします。

 

天皇に切腹を止められる

多くの犠牲を出してしまったことについて。

攻略後の旅順で鎮魂祭を行い、帰国後、明治天皇にお詫びを言上しているほどですからかなり気にしていたのでしょう。

当たり前といえば当たり前ですが、このときの復命書(帰還したときの報告書)を読んでみると、乃木が心の底から戦死者・病死者へ申し訳ないと思っていたことが伝わってきます。

好機を獲ざりしは臣が終生の遺憾にして、恐懼おく能わざる所なり

意訳】攻める絶好のチャンスを逃したのは、私の一生における最大のミスです

戦死病没者にこの光栄を分つ能はざるを傷む

意訳】戦死者と病死者に、陛下から戴いたこの栄誉を分けてやれないのが申し訳ない

この復命書を読み上げながら、乃木は天皇の前で泣き崩れたといいます。

さらに「これほど多くの犠牲を出してしまったお詫びは、切腹する他ありません」とまで言っていました。

切腹
切腹のルールと恐ろしい現実!もしも一人で実行したら地獄の苦しみ味わいます

続きを見る

しかし明治天皇は「お前の気持ちはわかるが、今は許さない。もしどうしても切腹するというなら、私が死んだ後にせよ」と引き止めます。

乃木のほうが(3歳だけですが)年上でしたから、自分が先に死ぬとは思っていなかったのかもしれません。

その後も学習院の院長を任せたりして、変わらぬ信頼を示します。

しかし6年後の7月、明治天皇は長く患っていた糖尿病が悪化して崩御してしまいました。

そして乃木は言いつけを守り、妻とともに自殺したのです。

最後の最後まで明治天皇に従った乃木は、まさに明治に生きた侍でした。

自決当日の乃木希典と妻の静子/wikipediaより引用

 

本文に登場する関連記事

明治天皇の功績&エピソードまとめ! 現代皇室の礎を築いたお人柄とは

続きを見る

軍人・今村均~マッカーサーも「真の武士道」と認めた人格者の生涯とは

続きを見る

広瀬武夫
神になった軍人・広瀬武夫~日露「旅順港閉塞作戦」で劇的な戦死を遂げる

続きを見る

樋口季一郎
ユダヤ人5,000名を救った樋口季一郎とオトポール事件をご存知ですか

続きを見る

占守島の戦いで何が起きた? 降伏後の日本に攻め込んだソ連軍の凶行

続きを見る

鈴木貫太郎
鈴木貫太郎は「天皇に唯一”お願い”された男」不屈の生涯を振り返る

続きを見る

直江状
家康激怒!『直江状』には何が書かれていた? 関ヶ原を引き起こした手紙

続きを見る

松江豊寿
松江豊寿の会津魂が「坂東俘虜収容所」で感動の第九を鳴り響かせ

続きを見る

二・二六事件と五・一五事件の違いまとめ
二・二六事件と五・一五事件の違いまとめ! それぞれの実行犯と結果は?

続きを見る

児玉源太郎
謙虚だった天才・児玉源太郎~日露戦争の勝利は彼の貢献度が大きい?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
別冊宝島編集部『日本の軍人100人 男たちの決断』(→amazon
乃木希典/Wikipedia

TOPページへ

 



-明治・大正・昭和
-