明治維新が作った女の不幸

1915年の渡米時に撮影された渋沢栄一/wikipediaより引用

明治・大正・昭和

渋沢栄一の妾たちはどんな境遇から生まれた?明治維新が作った女の不幸

大河ドラマ『青天を衝け』に、渋沢栄一の後妻となる伊藤兼子が登場しました。

没落した商家の娘である兼子は、芸者としての修行を積んでいるものとして描かれています。

しかし、あれはあくまで大河ドラマの劇中設定。

史実の渋沢栄一はプロの美形女性をことのほか好み、何人も妾としましたが、そもそも彼女らが明治維新によって生活の境遇を変えられ、仕方なく“プロ”になった経緯など描かれません。

渋沢の妾たちはどんな境遇から生まれたのか?

ドラマに登場した女中くにや伊藤兼子を例に挙げながら、普段は注目されない歴史を見て参りましょう。

渋沢栄一の妻・渋沢千代(尾高千代)
渋沢栄一の妻・千代(青天を衝け橋本愛)史実でも気高く聡明な女性ゆえ

続きを見る

渋沢兼子(伊藤兼子)
渋沢栄一の後妻・渋沢兼子(伊藤兼子)はどんな女性でどう結ばれた?

続きを見る

 

無粋になった渋沢栄一の遊び方

史実においては相当激しかった渋沢栄一の女性関係。

大河ドラマではとても描けないだろう……とは放送前から推察されてきました。

女遊びが強烈すぎる渋沢スキャンダル!大河青天を衝けで描けない史実とは

続きを見る

実際のところ、渋沢の行状に軽く触れてしまったせいか、かなり修正されており、かつ当事者に失礼ではないかと思われる描写もあります。

まずは同居することになった女中・くに。

『青天を衝け』においては、料理屋の廊下で偶然すれ違い、くにの方から夫に似ていると見つめるという出会いが演出されました。

栄一の白い足袋を、くにが赤い糸で縫う――ドラマとはいえ、あまりに不自然な展開です。

劇中でのくには、あくまで給仕をする女中に思えます。

彼女は地味な身なりをしており、歌や踊りでもてなすプロの女性という雰囲気ではなかった。

にもかかわらず手を出した栄一。

女性の色香に迷わない、そんなキャラクターにしたかったのかもしれませんが、芸を売るわけでもない女中に突然手をつけることは、当時からすればルール違反であり、史実よりも栄一を無粋にしています。

現実に、そういうルール違反を繰り返した伊藤博文は、片っ端から女を履いて捨てるとして「箒(ほうき)」と蔑まれたものです。

女好きがもはや異常レベルの伊藤博文~女を掃いて捨てる「箒」と呼ばれ

続きを見る

 

やすは“女衒”なのか?

後妻となる伊藤兼子(後に渋沢兼子)も登場しました。

彼女にしても初登場時からして「改悪ではないか……」という疑念が湧いてきます。

時系列でまとめてみましょう。

兼子の実家・伊藤家は、明治3年(1871年)頃から事業に失敗し傾き始めます。

父の八兵衛は明治11年(1878年)、失意のうちに死去しました。

ドラマにおける兼子は、明治12年(1879年)頃に登場。嘉永5年(1852年)生まれですので、27歳の登場ということになります。

父の死後、やむをえず芸者を始めようとしたと推察できます。

芸が好きだからそれを金にすると本人が言ったとはされますが、当時の感覚からしますと、27歳から芸者になるというのはあまりに遅い。

たとえそれまで三味線なり踊りなり身につけていたとしても、キャリアがないのにその年齢では厳しいものがあります。

史実によれば、兼子は斡旋業者である口入れ屋からこう言われてしまった。

「芸者は無理だが、妾ならば……」

推察できる材料は色々ありますが、年齢がネックという可能性が高い。

同時に気になるのが平岡円四郎の妻・やすです。

ドラマでは、栄一と兼子を結びつける役目を、芸者出身である彼女が担う雰囲気です。史実を踏まえると、いきなり妾になるように話をしそうに思えてきます。

こうした“出会い”を仲介し、金銭を得る職業には割と知られている呼び名があります。

女衒(ぜげん)――。

ぶっちゃけて言えば女性の人身売買であり、上前をピンハネする存在ですね。

フィクションではまず悪役。兼子を見た時のやすの慣れた言動からして、過去に相当売り捌いているようであり暗い気持ちになってしまいました。

現代であれば『新宿スワン』の世界観です。

 

落語にせよ、講談にせよ。人情味に溢れた明るい女衒なんてまず出てきません。

男ならば典型的な悪党。

女ならば、がめつい婆さんがド定番の役割です。

やすを明るく優しく思いやりのある「女衒」として描くのであれば、それはそれで凄まじいチャレンジになりますが、果たしてどうなるのでしょう。

なお、彼女の夫である平岡円四郎は、京都で主君・慶喜の妾を斡旋していたという噂があります。

千代がコレラで亡くなるのは、明治15年(1882年)。ドラマでは11月21日放送の第36回ですね。

それからほどなくして兼子は後妻となりますが、やすの名誉のためにも、あまり絡まない方がよいのでは……と懸念しています。

斉昭と慶喜の女性スキャンダル
女性スキャンダルが痛すぎる斉昭&慶喜親子 幕府崩壊にもつながった?

続きを見る

 

「奥」には女性の権力があった

『青天を衝け』では、幕府が崩壊して、収入源を失った幕臣たちが描かれました。

こうした男性失業者だけではなく、女性失業者もあふれていたのが明治維新後の日本。

江戸時代以前、政治の場に女性はいないようで、そうではありません。幕末を代表する女性・天璋院篤姫を思い出してください。

篤姫を大奥に送り込み、その周囲の女中たちも固めてゆく。

女性が頂点に立つ大奥が力を有していたからこそ、こうした政治闘争が有効であったのです。

村岡局(津崎矩子)
勤王女傑こと村岡局(津崎矩子)をご存知? 篤姫や西郷に信頼された老女

続きを見る

幾島
女丈夫と呼ばれた幾島(篤姫の世話係)西郷と協力して政治工作を行った

続きを見る

篤姫にせよ、将軍・家茂の妻であった和宮にせよ、維新の混乱に際しては存在感を見せています。

彼女たちが残した書状からは、嫁いだ徳川家を守るという誇りと意志が見えた。

こうした価値観は多くの人に共有されていました。

兄・孝明天皇の意志を尊重する和宮。一方でヘナヘナとすぐに意志を変えてしまう“二心殿”こと徳川慶喜

そんな状況から、

かずのこは無事でにしんがへたりたる

という戯れ歌もあったほど。

慶喜と和宮
大坂から逃げ戻った慶喜を助けるため和宮が嫌々ながらもしたことは?

続きを見る

江戸城無血開城
実は流れた血も多かった江戸城無血開城の真実~助かったのは慶喜だけ?

続きを見る

しかし、明治維新後、こうした奥にいた女性たちはどこへ消えてしまったのか。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-明治・大正・昭和