山川浩

山川浩/wikipediaより引用

明治・大正・昭和

まるでマンガ!元会津藩士・山川浩の西南戦争は凄まじき戊辰リベンジ

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
山川浩
をクリックお願いします。

 

佐賀で反乱 薩摩でも反乱

明治7年(1874年)――【佐賀の乱】勃発。

山川浩は佐賀県へと向かいます。

このとき、岩村高俊県令はどうも舐めきった様子だったようです。

「どうせ賊徒なんか、余裕でしょ」

岩村高俊/wikipediaより引用

山川はそんな余裕こいた言葉を、横でじっと聞いていたそうです。

腹の底は煮えくり返っていたかもしれませんが。

この岩村の舐め腐った態度が悪かったのか。

県庁が敵に襲撃されると、官軍は大パニックになります。

岩村はひたすら右往左往するばかり。籠城の準備もない中、山川は兵糧を確保するため米倉へ向かったところ、左腕上腕部に激痛が走ります。

銃弾が貫通しておりました。

すぐさま戸板で搬送されるべきところですが、そんな人員すらいない中、山川は奮戦し徒歩で戻る他ありません。

多勢に無勢の中戦い抜き、なんとか病院で治療を受けたものの、このとき山川の左腕は自由を失います。

それだけではありません。妹・操の夫である小出光照も戦死。失うものがあまりに多い戦いでした。

佐賀の乱
佐賀の乱はなぜ起き どう鎮圧された? 最後は江藤と島の首が晒された

続きを見る

山川はこのあと、中佐に昇進し、療養のためいったん東京に戻ることとなりました。

このあとに待ち受けていたのは、挫折感に苦しむ日々でした。

左腕のこともあり、休職を願い出るものの、叶うことはありません。

そうこうするうちに、明治10年(1877年)を迎えます。

西南戦争です。

西南戦争開戦のキッカケ
西南戦争が起きた本当の理由は何なんだ「視察」が「刺殺」の真相は?

続きを見る

鹿児島から西郷軍が進軍し始めると、政府は大慌てでした。

その余波は、浩の弟・健次郎にまで及びます。

彼は当時24歳、アメリカ留学から帰国し、東京大学で教授をしておりました。

「どうか頼む! 陸軍少佐になって、会津の兵を率いて戦ってくれへんか!」

健次郎に一度ならず二度までもそう申し込んできたというのが、右大臣・岩倉具視であったのですから驚きです。

岩倉具視
下級貴族の岩倉具視がなぜ日本を代表するような政治家になれたのか?

続きを見る

健次郎は断固として断りましたが、会津藩士の復讐心を使えると、政府が見込んでいたということかもしれません。

 

熊本救援一番乗り

当時の熊本鎮台は、近所の子供から「くそちん(糞鎮台)」と小馬鹿にされており、お世辞にも強いとは言えない状態でした。

ここにいたのが山川浩を引き立てた谷です。

山川は休職から復帰。

高木盛之輔(斎藤一改め藤田五郎の妻・時尾の弟)らを率いて熊本鎮台救援に向かいます。

しかし、西南戦争での官軍はどうにも足並みが乱れております。

黒田清隆のような薩摩出身者は、どうにも動きが鈍いことすらありました。西郷を討ちたくないという気持ちがあったのかもしれません。

4月14日、山川は長州人・山田顕義率いる部隊の右翼を担当し、熊本城を目指します。

山田顕義/wikipediaより引用

薩軍は、鎮台前の加瀬川に陣を敷いておりました。

軍刀を掲げ、喇叭を吹き鳴らさせ、山川率いる右翼。ほどなくして猛然と攻撃を仕掛けます。

そのあまりの攻撃の激しさに、勇猛で知られた薩軍も退くばかり。

鎮台側すら、あまりの激しさに敵軍と思い込み、誤射をしてきてしまい、喇叭(ラッパ)を聞いてやっと気づいたほどでした。

同日夕方、山川の部隊は、見事に熊本鎮台一番乗りを果たします。

会津戦争での彼岸獅子に続く、輝かしい戦果でした。

入城に強い男、それが山川です!

鎮台側の守将は樺山資紀以下全員、病床にいた谷干城まで起き上がり、山川を迎え入れ、大歓迎と感謝を示します。

ところが、山田は山川を非難しました。

要するに、
「命令を聞かんと突出して、何を勝手に熊本鎮台に入ってんだ、この会津っぽが!」
というわけです。

山川も、流石にイラついた態度を見せていたとか。

それでも彼の性格を考慮すると、よく堪えたと思います。明治以降、山川は忍耐を身につけていたのです。

 

「死んでこい」と同然の無理ゲーを……

4月19日、山田は嫌がらせのような命令を山川浩に下します。

遮蔽物も何もない水田を進み、十以上ある薩軍の陣地をくぐりぬけ、辺場山に登って占拠しろというもの。

遠回しにこう言われたようなものです。

「空気を読めん会津っぽなんて、死ねばええそに」

要するに、無理ゲーですな。

これを聞いて山川はこう言うだけでした。

「これが今日の天王山だべ!」

山川は左腕が動かないにも関わらず先頭に立ち、巧みに兵を縦横に動かし、敵軍を突破。

薩軍の死者が1000名ほどであったのに対して、官軍の死者は44名という、恐ろしいほどのワンサイドゲームを展開してしまったのでした。

繰り返しますが、山田にとっては『絶対死ぬだろコレ』というおそろしい戦火をかいくぐっての中で、この大勝利です。

山川浩の軍歴は、ハッキリ言って恐ろしいほど輝かしいものです。

ただ、それに対して谷はじめ周囲から、活躍に比して年金が安いのではないか、と評価されることになります。

山川が少将に出世した際には、「ありゃ会津じゃろが!」山県有朋がケチをつけて不満を示したとも。

山県有朋
松陰の影響で狂介と名乗った山県有朋~西郷を慕い滅ぼした生涯85年

続きを見る

会津藩士から男爵、貴族院議員ともなった山川は、紛れもない出世頭ではあります。

弟・健次郎と妹・捨松の活躍も、明治時代において際だっております。

ただ、それもあの卓越した戦歴があれば過小評価ではないのか、とされてしまったのです。

山川浩/Wikipediaより引用

陸軍という、長州閥の中では息詰まることもあったはずです。

もっと評価されてもよい、西南戦争で活躍した会津藩士ナンバーワンといえば、まさにこの山川浩なのでした。

 

そして受け継がれる……柴兄弟の思い

元会津藩士であった柴五郎は、のちに【義和団の乱】の活躍で国際的名声を得る人物です。

西南戦争勃発当時、彼は陸軍幼年学校に在学中。

戦場へは出向いておりません。

柴五郎
幕末会津の敗残少年から陸軍大将となった柴五郎~苦難の生涯85年

続きを見る

振り返ってみれば柴は、会津戦争の最中、家から出るように促されて避難しました。

そんな中、彼の祖母、母、姉妹は、残された自邸で自刃。

斗南藩でも辛酸を舐め、上京後も【一家自刃を面白がるように目の前で話の種にされること】もあるほどで、日々苦しむことばかりでした。

そんな少年にとって、西南戦争勃発は数少ない朗報でもありました。

理屈ではありません。

孝明天皇の御意志にしたがって忠勤に励みながら、薩長の新政府軍に理不尽な戦争へと追い込まれた会津の者たち。

彼は西南戦争の報を受け、日記にこう書き記しています。

「芋(薩摩)討伐仰せ出せたりと聞く、めでたし、めでたし」

彼の兄・四朗も、川路利良の警視隊一員として出征しました。

近代警察と川路利良
薩摩の川路利良が導入した近代警察制度~仏英の歴史と共に振り返る

続きを見る

手紙には、次のような心意気が記されておりました。

「今日、薩人に一矢放たざれば、地下に対して面目ないと考え、本日西征軍に従うために出発す」

柴兄弟の間には、これぞ復讐のときである――そんな共通意識がありました。

日本最後の内戦である西南戦争は、旧会津藩士にとっては復讐の戦いでもあったのです。

そして……。

陸海軍で会津出身者は出世できない――そんな評価の中、後に国際的な名声を得て活躍を遂げる人物が登場します。

それこそが柴五郎。

実に陸軍大将にまでのぼりつめた彼は、かつて山川浩の家で世話になっていました。

山川浩や佐川官兵衛(参照:佐川官兵衛)の意志は、柴らの後輩に引き継がれていたのです。

彼らの西南戦争とは、まさしく汚名をすすぐ場所でもありました。

佐川官兵衛
そのとき銃弾が胸を貫いた~元会津藩士・佐川官兵衛の西南戦争タイマン

続きを見る

なお、山川浩と山川健次郎、山川捨松に注目した記事が以下にもございますので、併せてご覧いただければ幸いです。

あわせて読みたい関連記事

山川浩&山川健次郎&捨松たちの覚悟を見よ!賊軍会津が文武でリベンジ

続きを見る

会津戦争の遺体埋葬論争
会津戦争『遺体埋葬論争』に終止符を~亡骸埋葬は本当に禁じられた?

続きを見る

斗南藩
斗南藩の生き地獄~元会津藩士が追いやられた御家復興という名の流刑

続きを見る

会津戦争(会津と長州)
なぜ会津は長州を憎む?会津戦争に敗れた若松城と藩士達が見た地獄

続きを見る

切腹
切腹のルールと恐ろしい現実! もしも一人で実行したら地獄の苦しみ

続きを見る

大山捨松
会津藩家老の娘・大山捨松が辿った激動の生涯~留学後に敵の妻となる

続きを見る

八重の桜
会津まつり&綾瀬はるかさんと言えば大河『八重の桜』が見たくなる!

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】
櫻井懋『山川浩』(→amazon
長野浩典『西南戦争 民衆の記《大義と破壊》』(→amazon
小川原正道『西南戦争―西郷隆盛と日本最後の内戦 (中公新書)』(→amazon
猪飼隆明『西南戦争―戦争の大義と動員される民衆 (歴史文化ライブラリー)』(→amazon
野口信一『会津藩 (シリーズ藩物語)』(→amazon

TOPページへ

 



-明治・大正・昭和
-

×