醍醐天皇/wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安時代

清涼殿落雷事件は菅原道真の祟りだと!? 醍醐天皇に降りかかった大事件

更新日:

延長八年(930年)9月29日は、醍醐天皇が薨去した日です。

歴史の授業では“後”のつくほう(後醍醐天皇)が有名ですが、醍醐天皇も【清涼殿落雷事件】という強烈エピソードをお持ちの方です。

さっそく生涯を追いかけてみましょう。

 

藤原時平を左大臣に、菅原道真を右大臣に

醍醐天皇は、父の宇多天皇が臣籍に下っていた間に生まれた子供です。

といっても2歳のときに皇籍へ復帰しているので、ご本人にはあまりそういった感覚はなかったでしょうね。

8歳のときに皇太子となり、12歳で皇位に就いています。
この頃としてはマシなほうではありますが、まだまだ幼いと言っても過言ではない歳ですよね。

そんなわけで、醍醐天皇は父の遺言をもとに政治を執り行うようにしました。

左大臣に藤原時平。
右大臣に菅原道真

文字通り左右をがっちり固め、「延喜の治」と呼ばれる政治が始まります。

摂政・関白がいない=天皇の親政が行われたという意味ですが、実際は、時平や道真の意向が強く働いていました。

まぁ、冷静に考えれば中学生くらいの子供がすぐに善政を布けるわけはないですよね。
君主が親政をすればうまくいくとも限りませんし、むしろ「優秀な人が実務に携わることができた」という意味では良いのでしょう。

時平は醍醐天皇の父・宇多天皇の時代「寛平の治」をモデルとし、貴族や寺社の権力を制限しました。これによって庶民を保護し、広く浅く税を課して国政に役立てようとしたのです。

これだけだとものすごくイイ人に思えますが、庶民を保護したほうが税収が増えますし、政治に口出しされないで済むという理由が大きいかと思われます。
菅原道真が原案だという説もありますね。

 

理屈第一の道真に対して少々なぁなぁな時平では……

しばらく幼い主君を守り立てていた左右の大臣も、しかし徐々に不和が生じてきます。

道真は学者として出世しただけに、理屈を第一にするところがありました。
また、時平は藤原氏という由緒正しい貴族の家に生まれている割には、情にもろいところがあり、法律にないことでも「特例」として許してしまうことがままあったといいます。

当然ながら、二人の仲はどんどん悪くなっていきます。

さらに、醍醐天皇は時平のほうが好ましく思えたようで、時平からの讒言「道真は、陛下を廃して自分の娘婿の斉世親王殿下を皇位につけようとしています」を聞き入れ、道真を大宰府へ左遷してしまうのです。

同時期に時平の妹・穏子が入内しているため、後宮政治のもつれと見ることもできそうですね。

このとき醍醐天皇はまだ16歳ですから、そうした裏事情まで計算できなかったとしても無理はありません。せめて、時平や道真の他に頼りになる人がいればよかったのですが……。

 

「もしかして道真が……」

かくして道真は大宰府へ赴任し、しばらくは穏やかな日々が続きました。

醍醐天皇は和歌を好み、自らの歌集「延喜御集」を編纂したほか、延喜五年(905年)には「古今和歌集」の編纂を命じています。
選者は紀貫之などですね。

つまり、ドン引き失恋エピソードをご紹介した平貞文も、この時代の人だということになります。そもそも相手の女性が時平の妻の一人ですしね。

イケメン貴族・平貞文のマヌケな失恋劇 哀れ過ぎてあわれなり?

表 ...

続きを見る

道真と時平の凄絶な政争の陰で、あんな喜(悲)劇が繰り広げられているとは、まさに「事実(仮)は小説より奇なり」といったところでしょうか。

それはともかく、この後から朝廷に不穏な空気が立ち込めてきます。

時平が39歳の若さで亡くなり、穏子との間に生まれた保明親王(しかも皇太子)も21歳で亡くなってしまいました。
さらに、保明親王の息子である慶頼王も、幼くしてこの世を去ってしまいます。

時平と関わりを持つ、もしくは血縁を持つ男性が次々に亡くなったわけです。

この時代に若くして亡くなる人は珍しくないとはいえ、流行病でもないのにこの連鎖。

人々が
『もしかして道真が……』
と考えるまで、そう長くはかかりませんでした。

醍醐天皇も同じ思いを抱くようになり、左遷から22年経った延喜二十三年(923年)に、道真の官位を戻して慰霊を執り行います。
しかし、その甲斐なく(?)延長八年(930年)夏、清涼殿落雷事件は起きてしまったのです。

 

そして雷は清涼殿に落ちた

清涼殿とは、御所の中で天皇が政務を執る建物のこと。
御所の中枢ともいえる場所ですから、その日も多くの文官・武官がそれぞれの仕事をしていました。

この年はひどい干ばつだったため、主な議題は「雨乞いの儀式をするかどうか」。

ところが、午後になって突如大雨が振り出し、雷も鳴り出します。
普通なら「これで儀式をしなくても大丈夫だろう」と安堵できるところですが、この日の雷雨は異常なものでした。

なんと清涼殿の柱に雷が落ち、すぐそばにいた貴族と警護の武士数名が感電で亡くなってしまったのです。

『北野天神縁起絵巻』に描かれた清涼殿落雷事件/wikipediaより引用

『北野天神縁起絵巻』に描かれた清涼殿落雷事件/wikipediaより引用

御所、しかも天皇がリアルタイムでいる場所に雷が落ちただけでも、当時の価値観では不吉の極み。
しかも死人が出ているのですから、醍醐天皇の衝撃は計り知れません。

一説には、雷が落ちた被害者を直視してしまったとか……。
そりゃ気分も悪くなりますよね。被害者にはお気の毒どころではありませんけれども。

被害者の貴族の一人である藤原清貫という人が以前道真の監視役をしていたこともあり、この事件はたちまち「やっぱり道真の祟りじゃん!」と噂されるようになり、醍醐天皇はその後、体調が回復することなく、三ヶ月後に亡くなったといわれています。

現実的に考えればPTSDで睡眠障害や摂食障害になった末に……というところでしょうか。
皇室でワースト5に入る悲惨な最期といえましょう。

あまりにも後味が悪いので、もう少し前向きな話で〆ますね。

 

醍醐は食べ物 牛乳を熟酥(じゅくそ)して作られる

「◯◯天皇」というのは死後のお名前です。
存命中は「今上」や「お上」と呼ぶのが天皇の話をするときのセオリーにな、◯◯の部分には、できるだけ良い意味の字を選んでつけることになっています。

では「醍醐」とは、いったい何のことか?

実はこれ、食べ物の名前です。

お経の一種である涅槃経(ねはんきょう)
「牛より乳を出し、乳より酪(らく)を出し、酪より生蘇(しょうそ)を出し、生蘇より熟酥(じゅくそ)を出し、熟酥より醍醐を出す、醍醐は最上なり」
とあります。

つまり、牛乳を少しずつ精製していって、一番最後にできるのが醍醐です。

詳しい作り方は散逸してしまっているため、現在でははっきりわかりませんが、精製を重ねているわけですから、「量産はできないがとんでもなく美味しいもの」だろう、というのは想像がつきますよね。

当時の人も「う、うまい!(テーレッテレー♪)」と思っていたらしく、ここから「醍醐味」という言葉ができたといわれています。

また、涅槃経では「醍醐を作るのと同じように、お経も少しずつ改良されてきたんだよ。人を育てるのも同じだよ」(超訳)と続きます。

欲を慎むイメージが強い仏教で、食べ物を使った例えが出てくるのは何となく意外ですね。

そんなわけで「醍醐」という言葉は食べ物であり仏教用語でもあり、お寺の名前にもついています。

醍醐天皇が葬られたのも、京都の醍醐寺というお寺の近く。
ここは天皇が直々にお祈りをする「勅願寺」でしたので、諡号に選ばれた直接の理由はこっちでしょうね。

とはいえ、元の意味は食べ物であることは変わりないですし、食べ物の名前がついた君主というのもかなり珍しいですね。
後醍醐天皇は……うん(´・ω・`)

醍醐寺は、これより670年ほど経った頃、豊臣秀吉が醍醐の花見をした場所でもあります。

醍醐の花見から振り返る〜日本人大好きなお花見はいつから根付いた?

慶 ...

続きを見る

もしかしたら醍醐天皇も、どこかから毎年桜を眺めているのかもしれません。
梅を愛でた道真と、あの世で和解できているといいのですが。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
醍醐天皇/wikipedia
延喜の治/wikipedia

 



-飛鳥・奈良・平安時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.