平安京復元模型/photo by 名古屋太郎 wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安時代

平安京ってどんな場所だったの?「鳴くよ(794)ウグイス」で有名だけど

投稿日:

知っているようで意外と知らない――。
日常生活は、そんな謎がゴロゴロしておりますが、こと歴史に関して言うと、あの都市もその代表ではないでしょうか?

延暦十三年(794年)10月22日は、桓武天皇平安京へ入京した日です。

といっても、明治天皇東京奠都のときのように
「江戸城は大きいなぁ……」
なんて個人的感想は記録されていないので、平安京遷都についてはエピソードが豊富とは言えません。

そこで今回は、
「平安京とはどんな場所だったのか」
という視点から迫ってみたいと思います。

 

大内裏は政庁エリアと皇居エリア

今の京都にも「京都御所」がありますよね。

実はあそこ、平安京の中心地だった大内裏だいだいりとは離れています。

現在の京都御所は、もともと土御門東洞院殿つちみかどひがしのとういんどのという名前でした。
度々皇族の御所などに利用していた場所です。

平安京ができた当時の大内裏・内裏は、安貞元年(1227年)にほとんど焼けてしまって再建できず、南北朝時代から土御門東洞院殿が御所になっていたので、嘘っぱちとかレプリカというわけでもないんですが。ややこしいですね。

平安京/photo by 咲宮薫 Wikipediaより引用

大内裏は政庁エリアと皇居エリア(内裏)とでもいうべき地区が分かれていて、ほとんどは政庁エリアでした。

周囲には十二の門が設置。
中には女院号として使われた美福門・待賢門・上東門などもあります。

そして大内裏の真南・正門に当たるのが朱雀門です。
ここから真南へ向かって伸びているのが、平安京のメインストリートである朱雀大路ですね。

 

官名は大内裏の政庁から来ている

また、武士や戦国武将の官名でよく出てくる建物の名前は大内裏の政庁からきているものもあります。

「大内裏の中にある○○という部署の役人」という意味なので、一例としては以下のようなものがあります。

◆右馬寮→右馬頭うまのかみ毛利元就徳川綱吉など

◆刑部省→刑部少輔ぎょうぶしょうゆう 大谷吉継など

◆右近衛府→右近衛(権)少将 伊達政宗など

他にもたくさん例はありますが、キリがないのでこの辺で。

当時は下の名前を呼んでいいのは上司と親くらいだったので、名字+官名で呼ぶのが無難とされていました。戦国武将の場合は自称であることも多いですけども、こまけえこたあいいんだよ。

歴史小説や手紙などで「名字はわかるけど、下の名前が何かヘン」という場合は、だいたいこの辺の官名で呼ばれていることが多いので、覚えておくと便利かもしれませんね。
現代でいえば、会社の課長や部長のことをフルネームで呼ばないのと似た感じですかね。

大内裏の役所の中で現在も残っているorまたは近年まで使われていた名前としては、宮内省(庁)・大蔵省などです。
大蔵省というと、諸々の不祥事でアレなイメージが強い方も多いかと思いますが、本当は歴史ある名前なんですよね。残念な話です。

 

天皇エリアと後宮エリアに分かれていた内裏

さて、皇居エリアである「内裏」には、もちろん天皇の住まいや後宮がありました。

この辺のことは、源氏物語が好きな方ならよくご存知ですかね。
だいたいの解説書に図入りで書いてありますから。

紫式部/wikipediaより引用

内裏もまた大きく二つに分かれていて、天皇が政務を取ったりその他生活をする部分と、後宮が分けられていました。
便宜上、前者を天皇エリア、後者を後宮と呼ばせていただきますね。

江戸城で例えると、「表」と「中奥」が天皇エリアで、「大奥」が後宮にあたります。
……余計わからないって? サーセン(´・ω・`)

おおまかなイメージとして「男女でだいたい生活区域が分かれていた」と思っていただければ良いかと。

天皇エリアには政務を執る部屋・天皇の寝室などがある「清涼殿」、儀式場である「紫宸殿」(南殿)などがありました。

こう書くととても広そうですが、実際は案外(?)こぢんまりしています。
西洋のように「階段の上に主君が玉座でふんぞり返っている」という構図ではなく、天皇の座所は他の部屋と高さ的にはほとんど同じですし、御簾で区切られているだけでしたしね。

当時の天皇の御前で行われた歌合せなどの絵を見ると、「これ曲者がいたら一発アウトじゃね?」とツッコまざるを得ないほど、天皇と臣下の距離は近くなっています。
度重なる災害の多さや土地の狭さなども影響しているでしょうが、他の国と比べると特異なところですね。

 

「桐壺の更衣」や「雷鳴壺」など厨二心をくすぐるネーミング

後宮については、いくつかの小さな建物があり、それぞれの建物の名が主人である女性の通称ともなりました。

これまた源氏物語で例えると、光源氏の母である「桐壺の更衣」は、桐壺と呼ばれていた建物に住んでいたということになります。
淑景舎しげいしゃというのが正式名称なのですが、庭に桐の木が植えてあったためいつしか桐壺と呼ばれるようになりました。

似たような理由で、他に梨壺・梅壺と呼ばれていた建物があります。
源氏の初恋の人である「藤壺の女御」も、藤壺と呼ばれていた建物に住んでいました。

ついでにいうと、「雷鳴壺(かんなりのつぼ)」という厨二心をくすぐられるような呼び名の建物もあります。
由来については「落雷に遭った木をそのままにしていた」とか、「落雷があったときに天皇が避難したから」だとか諸説ありますが、定かではありません。

正式名称は襲芳舎(しゅうほうしゃ、もしくはしほうしゃ)なのですけども、これもこれで厨二くs……ゲフンゲフン。

 

朱雀大路の西側「右京」は小説・羅生門のイメージか

次は大内裏の外のお話です。

朱雀門からまっすぐ南に「朱雀大路」という大通りがありました。
門を出てすぐのところに菅原道真などで有名な「大学寮」が設置してあり、やはり大内裏に近い位置に重要施設や貴族の邸宅などが広がっています。

そこから南に下るに従って、少しずつ開発が後回しになっていたようです。特に右京(朱雀大路より西側)は地盤の関係もあって、ほとんど建築もされず、あまり治安も良くなかったとか。

芥川龍之介の「羅生門」を思い浮かべていただけるとわかりやすいですかね。
というか、このタイトル自体、朱雀大路の一番南=平安京の出入り口にある羅城門からきていますし。

また、いくら衛生概念で定評のある日本とはいえ、平安時代はお察しというレベルでした。

そもそも貧困から来る栄養不足により体力がない庶民が、衛生状態の良くないところで過ごしていたら、バタバタ病気で亡くなっていきますよね。
この辺を結びつけて考えると……、この記事がR18Gになってしまうのでやめておきましょう。

そんなわけで、同じ「平安京」の中でもやはり、大内裏の内側やそこに出入りする人々の住まい・生活区域と、庶民の界隈とは別世界だったのでした。

平安時代については基本的に大内裏周辺のことしか習いませんから、この辺のことを知るといかにも「古代」という感じがしますね。

東京奠都で明治天皇お引越し TOKYOは「東の京都だから東京」はマジです

冠 ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
平安時代の京都・村田和弘
平安京/wikipedia

 



-飛鳥・奈良・平安時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.