光孝天皇/wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安

光孝天皇~55歳で即位し関白制度を作るも藤原氏に頭上がらず

平均寿命が延びたことや戦争が減ったことにより。現代の王様はシニア層になってからの即位が珍しくありません。

ただ、過去にも例がないワケではなく、平安時代の元慶八年(884年)2月23日に即位した光孝天皇(こうこう)は当時55歳。

なぜそんな歳での即位となったのか?

当時の事情を見てみましょう。

 

乱暴だから退位させたら次の候補がいない

これは本人の問題というより、当時の朝廷内のいざこざに原因がありました。

ときの帝は陽成天皇という方。言動が粗暴だということで無理やり退位させられたところ、次の天皇にふさわしい人物が若い世代にいないという衝撃の事実が明らかになったのです。なぜ先に決めておかなかった……。

厳密に言えば陽成天皇の子女はいたのですが、まさかそういう理由で退位させた人の子供を位につけるわけにもいきませんしね。ちなみに陽成天皇の素行が悪かったというのもアヤシイ点が多々あるのですが、それはまた改めて(以下の記事に)。

上皇生活なんと65年間! 陽成天皇は藤原基経に陥れられた!?

続きを見る

そして、しらみつぶしに次の候補を探した結果、品行・能力共に適任と思われたのが当時、時康親王と名乗っていた光孝天皇でした。

上記の通り即位したとき55歳ですから、この時代の平均寿命を考えれば棺桶に片足突っ込んでるようなお年です。

ご本人はそれがわかっているのかいないのか。政治的な配慮からか。

自らの子孫に皇統を移すつもりはなかったと宣言するかのように、子女全てを【臣籍降下(皇族の身分ではなくなって臣下となり姓を賜る)】させます。要は、皇位の継承権を放棄させたんですね。

皇位皇族と関わる【臣籍降下】とは?「姓がある=皇族ではない」の法則

続きを見る

しかし、後に適切な人物が見当たらなくなり、臣籍降下した一人を皇族に戻して次の天皇にしております。

それが源定省、のちの宇多天皇――。

宇多天皇の超レアケースな即位〜いったん臣籍に降りた後に皇籍へ戻り

続きを見る

こうしたゴタゴタが結果的に藤原家の権力をさらに強化させることにも繋がるのですが、その詳細は別の機会にあらためて。

 

関白を事実上創設

陽成天皇を退位させたのは藤原基経(もとつね)です。

両者の関係は良好というよりも……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-飛鳥・奈良・平安
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.