嵯峨天皇/wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安時代

承和の変は前提を押さえりゃバッチリよ!嵯峨派と淳和派の流れが大事なの

どんな組織でも、地盤ができるまでの間には諸々の事情やすったもんだがあります。

平安京ができてからの数十年間も、そんな感じで、今回は、842年に起きた「承和の変」に注目です。

遡ること32年前(810年)には「薬子の変」もありました。

いったい当時はどんな状況だったのか?

藤原氏の式家が没落し、北家がのし上がるキッカケとなった。北家は、藤原道長も輩出した、藤原NO.1の家系だよ。

と、以下の記事で記させていただきました。

薬子の変って実はインパクトでかっ!藤原北家の大天下が始まった

続きを見る

こんな感じで藤原氏の権力闘争が行われていた一方、天皇家の動きはどうだったのか?

承和の変、本チャンに入る前に、そこから見て参りましょう。

 

即位の流れは嵯峨天皇を中心に見てみよう

薬子の変で平城上皇との争いに決着をつけた嵯峨天皇は、それまでの皇太子(次の天皇候補)だった高岳親王(たかおかしんのう)を廃し、自らの弟である大伴親王を立てました。

ここから結構ややこしくなりますので、ゆっくり説明させていただきますね。

まず、平城上皇、嵯峨天皇、大伴親王は、すべて桓武天皇の子、つまり全員が兄弟です。

一方、高岳親王は平城上皇の子にあたります。

図式にするとこんな感じです。

【桓武天皇の子供たち】

◆第一皇子の平城上皇―その子・高岳親王
◆第二皇子の嵯峨天皇
◆第七皇子の大伴親王

桓武天皇のパワフル生涯~どうして遷都のほか様々な改革を実行できたのか

続きを見る

大伴親王だけ母が違うのですが、嵯峨天皇の次に淳和天皇として即位しました。

そして次の皇太子には、淳和天皇の子供ではなく、嵯峨上皇の子・正良親王(まさらしんのう・後の仁明天皇)が選ばれます。

ここから少しずつきな臭くなっていきますかね。

 

嵯峨天皇から見た即位の流れ

要はこの段階では【嵯峨天皇を中心に動いていた】とも見ることができまして。

その視点から即位の流れを追った方がわかりやすそうです。おさらいしてみましょう。

【嵯峨天皇から見た即位の流れ】

兄(51代・平城天皇)

自分(52代・嵯峨天皇)

※嵯峨天皇の兄である平城天皇の子・高岳親王は皇太子を降ろされ天皇になれず

弟(53代・淳和天皇)

嵯峨天皇の子供(54代仁明天皇)

嵯峨天皇が、自分の弟である大伴親王を淳和天皇にせず、最初から自分の息子を皇太子にして系統を確実にしておけば、ここから先の問題は起きなかったかもしれません。

しかし、間に弟を挟み、その後に自らの子を即位させてしまったことが、結果的に

・嵯峨天皇系
・淳和天皇系

という複数の皇統にしてしまいました。

そのため、臣下の間にも【嵯峨派】と【淳和派】という派閥が生まれてしまうのです。

 

危機感を募らせる淳和派の恒貞親王シンパ

この派閥争いは、嵯峨派の第54代・仁明天皇が即位してから、日に日に深まっていきます。

こちらも図式化しておきましょう。

【嵯峨派】
嵯峨上皇
仁明天皇(嵯峨天皇の子供)

藤原良房(冬嗣の息子で藤原北家)
橘氏公(仁明天皇の外叔父)たち

【淳和派】
淳和上皇
恒貞親王(淳和上皇の第二皇子・この時点で皇太子)

藤原愛発(薬子の変で旨味を吸った藤原冬嗣の弟)
藤原吉野(藤原式家)
文室秋津など

兄弟の順番を守るとすれば、【嵯峨派】の第54代仁明天皇の次には【淳和派】の恒貞親王が即位し、その後再び【嵯峨派】である仁明天皇の皇子が皇太子となって、平穏が保たれるはずでした。

嵯峨天皇(嵯峨派)

淳和天皇(淳和派)

仁明天皇(嵯峨派)

恒貞親王(淳和派)

仁明天皇の皇子(嵯峨派)

という流れですね。

 

淳和上皇に続き嵯峨上皇も崩御

しかし、ここで不幸が重なります。

承和七年(840年)に淳和上皇が崩御し、さらに嵯峨上皇が重病となって、2年後に同じく崩御してしまったのです。

ぶっちゃけて言うと、「朝廷のツートップが一気にいなくなってしまったため、誰も家臣たちの頭を押さえることができなくなってしまった」という感じでして。

一気に暗雲が立ち込めます。

危機感を募らせたのは恒貞親王を推す人々でした。上記の通り、本来なら仁明天皇の次代は恒貞親王が天皇になる――という流れですが、すでにそんなパワーバランスは崩れかけております。そこで……。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-飛鳥・奈良・平安時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.