飛鳥・奈良・平安

皇位皇族と関わる【臣籍降下】とは?「姓がある=皇族ではない」の法則

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
臣籍降下
をクリックお願いします。

 

そこで皇族を整理し、それぞれ生計を立てられるよう「いっそのこと臣下になって、自分で財布の管理をしてもらおう」となったのが、臣籍降下の始まりです。

主に王(親王の息子)がその対象となりましたが、ときには親王や内親王も降下していきました。

そしてその中で、最も多かったのが源姓です。

鎌倉幕府を開いた源頼朝の一族だけでなく、他にも源氏姓の家は多々あり、だからこそ頼朝の子孫が途絶えても、戦国時代のアッチコッチに「末裔」がたくさんいるんですね。

源頼朝53年の生涯まとめ! 出生から鎌倉幕府の設立 死因 その素顔に迫る

続きを見る

 

お好きな項目に飛べる目次

武家の源氏はだいたいが清和源氏

武家に繋がる源氏は、おおむね清和天皇の子孫である【清和源氏】と呼ばれる一族です。

武士の代表・清和源氏のルーツ「清和天皇」ってどんな方だった?

続きを見る

「清和天皇ではなく、陽成天皇からの枝分かれでは?」とする説もありますが、清和天皇と陽成天皇が親子なのであまり変わらないというか、名称を変えるほどの意味が無いというか……という感じで、名称変更までには至っていません。

もちろん他にも源姓になった人々はいますが、それはまた明日「清和源氏とその他の源氏」としてマトメさせていただきました。

ちなみに源氏は「二十一流」といわれ、21人の天皇の子孫が源姓を名乗ったことがあります。多すぎ。

清和源氏とその他の源氏 ややこしい源氏軍団をスッキリ整理してみよう

続きを見る

ともかく平安時代までは、臣籍降下する皇族が多かったのですが、鎌倉時代からは出家する人のほうが多くなり、家を起こすことが少なくなりました。

無尽蔵に増やしても、世の中に回るお金や肩書の数は増やせませんので。

ちなみに、一度臣籍降下した皇族が、何らかの事情で皇籍に復帰することもごくまれにありました。

代表例は宇多天皇です。一度は源定省(みなもと の さだみ)という名で臣下になりましたが、政治的事情で皇籍に復帰し、皇太子を経て即位しています。

宇多天皇の超レアケースな即位〜いったん臣籍に降りた後に皇籍へ戻り

続きを見る

現代でもたまに、皇室の存続を模索する議論で「旧皇族を復籍させればいい」という話が出ますが、かつての復籍は降下した当人が存命中に行われていることがほとんどなので、今となっては難しいでしょうね。

臣籍降下した家々の末裔の多くは明治時代に華族となり、戦後には公的に一般市民と同じになりましたが、霞会館など独自のコミュニティは今も残っています。

華族制度(公侯伯子男)
華族制度(公侯伯子男)はどうして生まれた?元公家や大名家の意外な暮らしぶり

続きを見る

千年以上も家同士の付き合いが続いている理由の一つは、元々が皇室から分かれたからなのかもしれませんね。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

武田信玄が戦国最強「甲斐の虎」と呼ばれる理由~知略に塗れた53年の生涯

続きを見る

源義仲(木曽義仲)31年の激しい生涯! 後白河と頼朝の政治力に翻弄された挙兵

続きを見る

源頼朝53年の生涯まとめ! 出生から鎌倉幕府の設立 死因 その素顔に迫る

続きを見る

清和源氏とその他の源氏 ややこしい源氏軍団をスッキリ整理してみよう

続きを見る

武士の代表・清和源氏のルーツ「清和天皇」ってどんな方だった?

続きを見る

宇多天皇の超レアケースな即位〜いったん臣籍に降りた後に皇籍へ戻り

続きを見る

華族制度(公侯伯子男)
華族制度(公侯伯子男)はどうして生まれた?元公家や大名家の意外な暮らしぶり

続きを見る

TOPページへ

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典「臣籍降下」「源氏」

 



-飛鳥・奈良・平安
-, ,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)