飛鳥・奈良・平安

藤原純友の乱はナゼ起きた?ミステリアスな貴族の反乱は将門より興味深い

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
藤原純友の乱
をクリックお願いします。

 

藤原純友に、国家転覆するというような目的意識は感じられません。大志もなさそう。

つまり、調子に乗って暴れまわって、なんだか自暴自棄にも見えてきます。

いくら中央で出世できないからって、それはあまりに短絡的ではないか?と。

しかし、です。
ここで我々は大きな思い違いをしている可能性があります。

そもそも朝廷が本気になったら、藤原純友ごとき落ちぶれ貴族など簡単に押さえられる――という考え方自体が誤りで、朝廷にそんな力がないからこそ、純友も暴れ回ったのではないか? ということです。

実際、全国でそんな例が多発しておりました。大きな事件とならずウヤムヤのまま終わった例も多々ある。

そんな調子でしたら、そりゃあ純友だって好き勝手暴れ回るでしょう。

彼の場合、たまたま事件が鎮圧され、藤原道長と同じ藤原北家の出身ということで、現代人にとって注目度が高いのかもしれません。

 

なぜ反乱を起こしたのか 今なおミステリー

ともかく朝廷でも、さすがに叙任(従五位下を与えた)だけでうまくいくとは思っていなかったようです。

小野好古(おの の よしふる)を山陽道の追捕使に任じ、討伐の準備を進めました。

また、この間に将門の乱が鎮圧できたため、朝廷は純友討伐に全力を挙げることができるようになり、播磨や讃岐に命じて船を造らせています。

藤原純友たちも決して一枚岩ではなかったようです。

天慶四年(941年)二月、純友の副官・藤原恒利が討伐軍の手引きをし、伊予にあった純友の本拠地が攻められました。

純友は一時逃げ延びたものの、同年五月に大宰府を襲って放火・掠奪をしています。

ここで逃げれば生き残れたかもしれません。

当時は貴族出身者の刑罰が軽減されるという特殊事情もありました。

が、そうはならず征西大将軍として藤原忠文が任じられます。実際は、彼より早く小野好古らが陸海から大宰府に向かい、5月20日に博多津で純友軍の船800を奪い、数百人を死傷させました。

このときも純友自身は伊予まで逃げ去ったものの、6月20日に警固使・橘遠保に討たれます。

残党もその年のうちに駆逐され、乱は収束しています。

将門のようなおどろおどろしい逸話がないせいでしょうか。

藤原純友の乱についてはあっさり流されがちですが、こうしてみるとなかなかにミステリーというか、謎の多い反乱といえます。

長らく続く地方の荒廃で多くの強盗沙汰が起きていて、それが象徴的に表面化した事件。

そんな風に見えますが、皆さんはどう思われます?

あわせて読みたい関連記事は以下へ

平将門の乱はナゼ起きたか 怨霊が怖すぎる首塚伝説を含めてスッキリ解説!

続きを見る

藤原道長62年の生涯まとめ! 当初は出世の見込みなく義母に頭上がらず!?

続きを見る

遣唐使は何が目的で始まり なぜ廃止されたのか【全20回リスト付き】

続きを見る

モヤッとする「位階と官位」の仕組み 正一位とか従四位にはどんな意味がある?

続きを見る

薬子の変って実はインパクトでかっ!藤原北家の大天下が始まった

続きを見る

「応天門の変」真犯人は誰だ! 伴善男の流罪で藤原良房はウハウハ

続きを見る

承和の変は前提を押さえりゃバッチリよ!嵯峨派と淳和派の流れが大事なの

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典「藤原純友」「承平・天慶の乱」
桃崎有一郎『武士の起源を解きあかす――混血する古代、創発される中世 (ちくま新書)』(→amazon

TOPページへ

 



-飛鳥・奈良・平安
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.