飛鳥・奈良・平安

「妖怪をぶっ飛ばして……ない?」陰陽師・安倍晴明は意外に地味だった

寛弘二年(1005年)の9月26日、陰陽師として有名な安倍晴明が亡くなりました。

「摩訶不思議な必殺技を使いこなし、妖怪をバッタバッタとぶっ飛ばすちょっと不気味な青年」

映画や小説から、そんなイメージが強いかもしれませんが、史実の彼は意外に地味な存在だったようです。

さっそく見てみましょう。

 

表舞台にたったのは40歳とすでにおっさん

彼が表舞台に出てきたのは40歳ごろと考えられています。

当時の平均寿命からすれば、かなりの高齢。

それまでは陰陽道や天文道といった学問を学んでいたそうなので「文字が読める=それなりの身分の家に生まれた」ことは確実ですが、具体的な家系などはわかっていません。

トンデモに近い説だと、阿倍仲麻呂の子孫説まであるとか。

仲麻呂本人は以前取り上げたとおり唐から帰ってくることはできませんでしたが、日本にいる間に子供がいたらしく、晴明はその子孫じゃないか?という説です。

繋がってたら面白いですけどね。

遣唐使の阿倍仲麻呂は科挙にも合格した天才~あの李白ともお友達だった!?

続きを見る

 

天文学とはちょっと違う天文道を習得

さて、晴明が修めたとされる二つの学問について先にお話しておきましょう。

まず”天文道”というのは、今でいう天文学にあたり……ません。

どちらかというと占い的な要素が強く、科学的な理論体系を作っていくというよりは、日食・月食や彗星などの珍しい現象について意味を考えるというものだったようです。

どれも最終的には「イヤなことが起きるから見ないように!」とか「今の権力者がロクデナシだから起きたんだ!」といったテンプレ的な結論になるんですけども、まあこの時代だから仕方がない。

日本って「この時代によくこんな制度作ったな」っていうのがある一方、何か便利なものを新しく作るのは苦手な国のようです。

中国や西洋では天文学が発達して天球儀を作り、さらにこれを航海術にも活かして大航海時代に入っていったわけですが、そういう形跡もないようですし。

天体に関する記録がいろいろあるだけに、その謎を解明しようとか思わなかったのは不思議なところです。

枕草子にも「昴(プレアデス星団)や明けの明星(金星)っていいよね」(超訳)という話がありますから、当時の人が空に全く関心がなかったわけではないと思うんですけども。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-飛鳥・奈良・平安
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.