花山天皇/wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安

花山天皇と「寛和の変」と藤原家~そして道長の権力は絶大となった!

人生、いつどこでどう転ぶかわからないものです。

生涯を保証されているような身分の人でも、いわゆる青天の霹靂で失脚・没落することは珍しくなく、それは日本で最も尊い家柄であっても同じことでした。

本日はそんな事件で歴史に大きなインパクトを残した、とある天皇のお話です。

安和元年(969年)10月26日は、花山天皇(かざん)が誕生した日です。

ご本人の知名度はさほどではありませんが、間接的にこの時代の重要人物に影響を与えた天皇といえます。

一体何があったのでしょうか。

 

生後間もなく皇太子 16歳で即位した花山天皇

花山天皇が生まれたとき、叔父の円融天皇にはまだ皇子がいませんでした。

そのため、花山天皇は生まれた翌年皇太子になっています。

乳母は、将来清少納言の夫となる橘則光の母・右近尼。

清少納言はインテリでヒステリックなの?結婚歴や枕草子秘話などの素顔

続きを見る

後述する事件といい、何かと次の天皇(一条天皇)の中宮・定子と繋がりがあったようです。縁は異なもの……というやつですね。

そして16歳で即位すると、わずか三年後でいきなり出家してしまいました。

当時の寿命がいかに短いとはいえ、この若さで世を儚むのには相応の理由があるはずですよね。

本人は明言していなかったらしく、いくつかの説があります。

一つは「寵愛していた女御が身籠っている間に亡くなってしまったから」というもの。むべなるかな、という話ですよね。

もう一つは穏やかならぬ話で「藤原兼家が自分の孫である一条天皇を即位させるためにやった」というものです。

藤原定子と一条天皇 愛に満ちた短き一生

続きを見る

後々の流れからしても、こちらの説のほうが信憑性はありますね。

藤原兼家の三男・藤原道兼がそそのかしたともいわれています。

 

「月が明るいから恥ずかしいな」と呟いたら……

花山天皇は道兼と共にこっそり御所を出て、元慶寺というお寺に向かいました。

このとき、藤原家に仕えていた清和源氏の源満仲らが警護したといいます。むしろ、花山天皇の逃亡阻止だったかも……というのは考えすぎですかね。

清和源氏とその他の源氏 ややこしい源氏軍団をスッキリ整理してみよう

続きを見る

その日は月が明るい夜だったそうです。

花山天皇が思わず「月が明るいから恥ずかしいな」とつぶやくと、雲が月を隠し「やはり今日か」と覚悟を決めたのだとか。

神様も自分たちの子孫に対して意地悪なものです。皇室の先祖は天照大神の系統とされていますし、月=月読尊だから関係ない?

天皇が御幸以外で御所を出るなど、本来ならそれだけで大騒ぎになるはずのことです。

ゆえに事は慎重に進められましたが、安倍晴明にはバレていたとか。

晴明の屋敷の前を通ったとき、目に見えないもの(式神?)が花山天皇一行の前にやってきて、晴明に「たった今そこを通っていきました」と報告したそうです。

よくある“晴明スゲー伝説”の一つでしょうけど……晴明は何をしたかったんですかね。

「妖怪をぶっ飛ばして……ない?」陰陽師・安倍晴明は意外に地味だった

続きを見る

式神の報告によっては、すぐ参内して花山天皇を止めようとしたのでしょうか。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-飛鳥・奈良・平安
-

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)