飛鳥・奈良・平安

黄金の国はジパングではなく奥羽では? 東北金山の歴史がキラキラ過ぎる

天平勝宝元年(749年)2月22日は、日本で初めて黄金が献上された日です。

送り主は陸奥国守・百済王敬福(くだらのこにきし きょうふく)。

朝廷に届けられた金900両は、建造中だった奈良の大仏に使われたと言います。

ただ、具体的にどこの鉱山から出たものなのかはハッキリしておらず、ここでは陸奥=東北地方で特に古い歴史を持つ鉱山をいくつかピックアップして、当時に思いを馳せてみましょう。

 

大ヶ生(おおがゆ)金山 岩手県盛岡市

源頼朝の奥州攻めの際、このあたりに領地を与えられた河村秀清(治承元年=1177年生まれで没年不詳)の子孫が採掘していたといわれているので、鎌倉時代には発見されていたと思われます。

源頼朝
源頼朝 史実の人物像に迫る!出生から鎌倉幕府の設立 死因まで53年の生涯

続きを見る

いつしか忘れられていたのですが、明治になって再び発見。

何回かの経営者変遷を経て金鉱脈が見つかりました。

ピーク時は年間80kgほどの金が出ていたのですが、戦時中に戦争激化のために閉山されてしまい、坑道は湧き水によって水没したといわれています。

掘ればまた出るのかもしれませんが、採算が合うかどうかはビミョーなところでしょうね。

 

玉山(たまやま)金山 岩手県陸前高田市

日本で初めて金が見つかったとされる山の一つです。上記の金もここから出たものかもしれませんね。

その前の天平年間(729~749年)あたりから鉱石ではなく、砂金の採掘は行われていたらしく、東大寺の大仏や中尊寺金色堂にもここの金が使われたと伝わっています。

奥州藤原氏の藤原清衡は朝廷や宋(当時の中国)にかなりの量の金を献上していたのですが、それは玉山金山から出たものだったとか。

戦国時代に一度秀吉の直轄になった後、伊達家の管轄となり、慶長遣欧使節の費用を捻出できるほどの金が採掘されていたそうです。

その後は江戸幕府に没収されるのを防ぐため、わざと廃坑に見せかけ、なんて話も。

本当であれば、なんとも政宗の伊達家を彷彿とさせるエピソードですよね。

伊達政宗
伊達政宗 史実の人物像に迫る!ド派手な逸話も検証する生涯70年まとめ

続きを見る

一応、(1673年)頃から産出量が落ちたとか、大きな落盤事故で千人もの鉱夫が亡くなったとかいわれているので、その辺が閉山の理由かもしれません。

 

・大葛(おおくぞ)鉱山 秋田県大館市

伝説によれば、発見は和銅元年(708年)。東大寺の仏像や、金閣寺造営の際にも献金したといわれています。

こういう話で東大寺が引き合いに出されるのはテンプレなんですかね。

代々支配人を務めていた荒谷家の記録では、大永元年(1521年)頃に発見されたことになっているのですが……これは荒谷家がこの役目についた年か、もともとあったのとは違う鉱脈が見つかったということでしょうか。

まぁそれはともかく、戦国時代にも採掘が行われ、佐竹家が秋田にやってきてからは、金山の発展が奨励されました。

しかし、南部藩との境界争いの元にもなっています。まぁ、儲かるところが争いの種になるのは、古今東西あるあるな話で。

ピーク時は年間44kgの金を算出していながら、地下資源はいずれ尽きるもの。

1975年に閉山した後は、1998年に近隣の大葛温泉・比内ベニヤマ荘付近で”大葛金山ふるさと館”がオープンし、鉱山創業中の資料が公開されているそうです。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-飛鳥・奈良・平安
-