崇徳天皇

崇徳天皇/wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安

崇徳天皇の波乱万丈が痛々しい~最強の怨霊?あるいは最高の歌人?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
崇徳天皇
をクリックお願いします。

 

今度もまた弟が即位して院政の機会を奪われる

鳥羽天皇がゴリ押しした近衛天皇は生まれつき病弱で、わずか17歳で崩御。

すると、崇徳天皇の息子・重仁親王はハブられ、崇徳天皇からすればもう一人の弟にあたる後白河天皇が即位することになったのです。

本来の順序であれば重仁親王が即位するのが筋ですが、それを見事ひっくり返したわけですね。

もちろん鳥羽天皇の意向でした。

上皇として院政をするには、現役の天皇が直系の子供や孫でなくてはなりません。

つまり、弟が皇位についた時点で崇徳天皇が院政をする機会はなくなってしまったことになります。

「父上はそこまでして私を追い出したいのか!」と、崇徳天皇が怒りと恨みを募らせていったことは想像に難くない状況。

このイジメっぷりからしてどう考えても鳥羽天皇のほうが悪い気がするんですが、なぜか後世(現在も?)怨霊として悪く言われるのは崇徳天皇のほうだという……理不尽なものです。

まぁ、当時はDNA鑑定とかないですから思い込みに勝るものはないんですけども。

 

なぜ怨霊になったとされているのか

話を戻しまして、最終的に「怨霊」と言われてしまうようになった直接の原因についてお話しましょう。

上記の経緯から、当然、崇徳天皇と後白河天皇の兄弟仲は険悪もいいところでした。

そんなタイミングで、火種の鳥羽天皇が亡くなったのでさぁ大変。

こうなると、周りのよからぬ輩がどっちかについて面倒を起こすのはもはやテンプレです。

新しく台頭してきた武士達。

そしてその筆頭に当たる源氏と平家の内部争いがくっついて、ついにドンパチにまで発展したのが保元の乱でした。

清和源氏
清和源氏とその他の源氏~ややこしい源氏軍団をスッキリ整理しよう

続きを見る

桓武平氏
桓武平氏とその他の平氏~勢いあったのは将門や清盛の伊勢平氏だけ?

続きを見る

乱のきっかけは、鳥羽天皇が亡くなった際「ワシの遺体は崇徳に見せないように!」とまで言っていたからだそうで……。しかも亡くなる直前にも崇徳天皇はお見舞いに行っていたのに対面を許さなかったとか。

ホント、どこをどうしたらそこまで恨めるんですかね。

崇徳天皇は歩み寄りたそうなのに、鳥羽天皇のほうであまりにも突っぱね過ぎていて、資料読んでるこっちが泣けてきます。

保元の乱の詳細については、以下の記事にマトメてありますのでご覧ください。

保元の乱
保元の乱はまるで平安時代の関ヶ原合戦! 対立図を理解すればわかる

続きを見る

有名どころが後白河天皇方ということは、勝ったのもそっち側ということです。

当然負けた崇徳天皇と仲間達はそのままの立場ではいられません。

トップの崇徳天皇は讃岐国(香川県)に流罪。

崇徳天皇についた公家や武士も、軒並み実権を失うか、あるいは斬首という厳しい措置がとられました。

 

安寧な暮らしを選んだのに

こうして決着がついたことで、崇徳天皇は権力への欲を捨てます。

讃岐では仏教を心の拠り所とし、五部大乗経といわれる五つのお経を書き写していました。

そして乱の犠牲者の供養と自らの反省を表すため、

「私の代わりに、この写本を京の都に収めてもらえないだろうか」

と後白河天皇に頼みました。

しかし、あろうことか後白河天皇は「何か呪いかかってそうだからヤダ」(※ガチです)という身も蓋もない言い方で写本を突っ返してきます。

恨みを捨てたいからこそ熱心に写経をしたというのに、この仕打ちとかあんまりにもあんまりというもの。

ついには崇徳天皇もブチ切れ、配流から八年後に亡くなってから怨霊になった……というのがいわゆる崇徳天皇の怨霊伝説です。

現代でも、とある芸能人が子どもに「崇徳」と名づけたら、ネットなどで批難を浴びるなんてこともありました(参照:歴史ニュースウォーカー)。

しかし……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-飛鳥・奈良・平安
-