清涼殿落雷事件

上下の画像共に『北野天神縁起絵巻』に描かれた清涼殿落雷事件/wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安

清涼殿落雷事件は道真の祟り? 事件の約3か月後に醍醐天皇が崩御する

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
清涼殿落雷事件
をクリックお願いします。

 

そして雷は清涼殿に落ちた

清涼殿とは、御所の中で天皇が政務を執る建物のこと。

御所の中枢ともいえる場所ですから、その日も多くの文官・武官がそれぞれの仕事をしていました。

この年はひどい干ばつだったため、主な議題は「雨乞いの儀式をするかどうか」。

ところが、午後になって突如大雨が振り出し、雷も鳴り出します。

普通なら「これで儀式をしなくても大丈夫だろう」と安堵できるところですが、この日の雷雨は異常なものでした。

なんと清涼殿の柱に雷が落ち、すぐそばにいた貴族と警護の武士数名が感電で亡くなってしまったのです。

御所、しかも天皇がリアルタイムでいる場所に雷が落ちただけでも、当時の価値観では不吉の極み。

しかも死人が出ているのですから、醍醐天皇の衝撃は計り知れません。

一説には、雷が落ちた被害者を直視してしまったとか……って、そりゃ気分も悪くなりますよね。被害者にはお気の毒どころではありませんけれども。

被害者の貴族の一人である藤原清貫という人が以前道真の監視役をしていたこともあり、この事件はたちまち「やっぱり道真の祟りじゃん!」と噂されるようになり、醍醐天皇はその後、体調が回復することなく、三ヶ月後に亡くなったといわれています。

現実的に考えればPTSDで睡眠障害や摂食障害になった末に……というところでしょうか。

皇室でワースト5に入る悲惨な最期といえましょう。

あまりにも後味が悪いので、もう少し前向きな話で〆ますね。

 

醍醐は食べ物 牛乳を熟酥して作られる

「◯◯天皇」というのは死後のお名前です。

存命中は「今上」や「お上」と呼ぶのが天皇の話をするときのセオリーにな、◯◯の部分には、できるだけ良い意味の字を選んでつけることになっています。

では「醍醐」とは、いったい何のことか?

実はこれ、食べ物の名前です。

お経の一種である涅槃経(ねはんきょう)

「牛より乳を出し、乳より酪(らく)を出し、酪より生蘇(しょうそ)を出し、生蘇より熟酥(じゅくそ)を出し、熟酥より醍醐を出す、醍醐は最上なり」

とあります。

つまり、牛乳を少しずつ精製していって、一番最後にできるのが「醍醐」です。

詳しい作り方は散逸してしまっているため、現在でははっきりわかりませんが、精製を重ねているわけですから、「量産はできないがとんでもなく美味しいもの」だろう、というのは想像がつきますよね。

当時の人も「う、うまい!(テーレッテレー♪)」と思っていたらしく、ここから「醍醐味」という言葉ができたといわれています。

また、涅槃経では「醍醐を作るのと同じように、お経も少しずつ改良されてきたんだよ。人を育てるのも同じだよ」(超訳)と続きます。

欲を慎むイメージが強い仏教で、食べ物を使った例えが出てくるのは何となく意外ですね。

そんなわけで「醍醐」という言葉は食べ物であり仏教用語でもあり、お寺の名前にもついています。

醍醐天皇が葬られたのも、京都の醍醐寺というお寺の近く。

ここは天皇が直々にお祈りをする「勅願寺」でしたので、諡号に選ばれた直接の理由はこっちでしょうね。

とはいえ、元の意味は食べ物であることは変わりないですし、食べ物の名前がついた君主というのもかなり珍しいですね。

後醍醐天皇は……うん(´・ω・`)

醍醐寺は、これより670年ほど経った頃、豊臣秀吉醍醐の花見をした場所でもあります。

醍醐の花見
醍醐の花見(秀吉主催)から振り返る〜みんな大好きお花見はいつの時代から?

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

もしかしたら醍醐天皇も、どこかから毎年桜を眺めているのかもしれません。

梅を愛でた道真と、あの世で和解できているといいのですが。

本文中に出てくる関連記事

後醍醐天皇
後醍醐天皇の何がどう悪かった? ドタバタの南北朝動乱が始まった理由

続きを見る

宇多天皇
宇多天皇の超レアケースな即位 いったん臣籍に降りた後に皇籍へ戻る

続きを見る

藤原時平
藤原時平は天神様を太宰府送りに~お茶目な逸話もある左大臣の評価は?

続きを見る

菅原道真
なぜ菅原道真は学問の神様なのか? ヒラ役人が朝廷No.3へ大出世からの~

続きを見る

平貞文
平貞文のマヌケ過ぎる失恋劇~人妻を諦めるためトイレから◯便を盗み

続きを見る

醍醐の花見
醍醐の花見(秀吉主催)から振り返る〜みんな大好きお花見はいつの時代から?

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

延喜・天暦の治
延喜・天暦の治がわかる人物エピソード!宇多・醍醐・朱雀・村上・冷泉天皇

続きを見る

応天門
「応天門の変」真犯人は誰? 伴善男の流罪で藤原良房はウッハウハ

続きを見る

藤原基経は「阿衡事件&応天門の変」で何を得た? 妹嫌いの藤氏長者

続きを見る

藤原良房
藤原良房が皇族以外で初の摂政に就任! そして藤原無双が始まった

続きを見る

承和の変
承和の変は前提を押さえりゃバッチリ!嵯峨派と淳和派の流れが大事なの

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
歴史読本編集部『歴代天皇125代総覧 (新人物文庫)』(→amazon
醍醐天皇/wikipedia
延喜の治/wikipedia

TOPページへ

 



-飛鳥・奈良・平安
-