下鴨神社に復元された「方丈」

鎌倉・室町時代

『方丈記』って災害ノンフィクションだったの?日本三大随筆を比較してみた

更新日:

建暦二年(1212年)3月30日、日本三大随筆の一つ『方丈記』が完成しました。

著者は鴨長明。
なぜこの日に完成したのがわかるのか?

というと本書の末尾に
「弥生の晦(つごもり・末日のこと)頃これを記す」
という記述があるからなんですね。

ちょっとしたマメとして飲み会の場で披露して……ウザがられたらゴメンナサイ(_ _;)

まぁ『方丈記』はさほどに日本人の間では知られた存在だと思います。
なんつったって書き始めが最強に美文です。

「ゆく河の流れは絶えずして、しかも元の水にあらず。流れに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて久しく留まりたる例しなし」

いかにも無常観漂ってますよね……。

これぞ「THE・古典!」という雰囲気ですが、実は『方丈記』の大半は
・天災の記録
・長明の雑感(というか愚痴?)
で占められているのをご存知でしょうか?

 

この無常観ってやつはアリなのか?

若かりし頃、古文か歴史の授業で
「方丈記は文庫本一冊くらいだから、一度全部読んどけ」
と言われませんでした?

今こうして読み返すと、この無常観ってやつはどうなんだ?アリなのか?といささか戸惑ってしまいます。

構成としては、「ゆく河の流れは絶えずして」の書き出しから少し仏教的なものの見方に関する話が来て、災害の記録に移り、その間に見たほかの人々に対するダメ出しをした後、なぜか自分の住んでいる庵(小さな小屋)の紹介をしてグチりながら終わります。

こう書くと身も蓋もないですが、ホントにこうなんだからしかたない。

『すらすら読める方丈記 (講談社文庫) Kindle版」』(→amazon link

 

源平合戦ですっかり気持ちがダウン

鴨長明が生きていた時代は平家の勃興&凋落と鎌倉幕府が成立した頃でもあります。
歴史ではその流ればかりが注目されますが、実は非常に災害の多い時期でもありました。

同じ年に起きた主な出来事と並べると、ざっとこんな感じです。

◆安元三年(1177年)
・安元の大火
・平家打倒の計画が失敗

◆治承四年(1180年)
・治承の竜巻
平清盛が福原にムリヤリ遷都

◆養和元年(1181年)
・養和の飢饉
・清盛がお陀仏

◆元暦二年(1185年)
・元暦の地震
・平家滅亡/(^o^)\

この頃長明は、相続争いに敗れて落ちぶれていました。
そもそも『方丈記』という書名の由来が、京都の郊外に作った「方丈の庵」=「四角い小さな小屋」でひっそり暮らしていたことにあります。

彼は神社の出身だったので「俺は由緒正しい生まれなんじゃい!」という気負いがあり、成り上がり者だった武士で、しかも平家が大嫌いだったのですね。

方丈記には平家をディスった部分がたくさんあります。
例えばこんな記述があります。

【意訳】「あんなに災害があって苦しい思いをしてきたのに、今のヤツらはすっかり忘れてのほほんとしてやがる。人間ってのはあさましく懲りない生き物だ」(超訳)

なんだか誰にも注目されないオジサンツイッタラーの苦言に感じてしまうのは私だけでしょうか……。

 

災害記録は評価に値する

しかも長明自身は放言するだけ。
他人のために何かするでもなく、山奥に一人だけ隠れ住んで
「ここだけは安全で、何の心配もない」
と書いてます。

とても出家した人の言うこととは思えません。

話が前後しますが、仏の道に入って修行してたときでさえ
「5年修行したけどちっとも悟り開けそうにないからやめるわ」(超訳)
なんて言っております。

お釈迦様だって6~7年の修行+αの努力でやっと悟りを開いた――というのに、お前は何を言っているんだ状態です。

正直、古典を読み返して「(゚Д゚)ハァ?」と憤ってしまったのは初めてです。
なんで昔に気付かなかったのかなぁ。

ただし、そのお陰で当時の災害の様子が残されていたとしたら、その意義はあるんですよね。
そこは評価せねばなりません。

 

ほかの3大随筆はどうよ?枕草子は?

このままだと愚痴ばかりで、私も長明と同じ穴の狢になってしまいます。
そこで他の三大随筆作品もちょこっと触れておきましょう。

まずは「枕草子」からいきましょう。

いわずもがな、平安の才媛・清少納言が宮中の出来事+彼女の物の好みを書いたものです。
やや偏見に近い部分もありますが、これは当時高貴な女性の活動範囲がかなり限られており、伝聞とイメージで書いたためでしょう。

清少納言/Wikipediaより引用

彼女は勝気な性格と漢学に通じていたことから、藤原行成(”三蹟”の一人としても有名な人)など男性との恋愛抜きでの親交もあり、そうした交友関係についても書かれています。
教科書にはあまり出てきませんが、これも密かな見所ではないでしょうか。

原文を見るとやたら「をかし」を連発しているところがあって、現代で言うと「かわいい~☆」を連発するギャルみたいな?ところも。

言語的に今より単語数が少なかったからというのもありそうですし、清少納言自身は末尾で「この文章は人に見せるつもりはなかったんだけど、いつの間にか知られてしまったので、言い過ぎたところもある」と書いているので、うっかりテヘペロ☆な部分もあるんでしょうね。

 

男女の関係に興味津々やないか「徒然草」

もう一つは『徒然草』ですね。

三代随筆の中では一番後にできたもので、作者は兼好法師(卜部兼好吉田兼好)とされています。
成立後かなり長い間忘れ去られていたため、本当に作者が彼なのかどうかは疑わしいそうです。

内容としては、一段(章)ずつテーマを決めて書いているところは枕草子に似ており、出家した人が書いた&同時代の出来事についての話題が多い点は方丈記に似ているともいえそうです。

といっても堅苦しさはあまりなく、
「こんな人はみっともない」
「こういうことはどんどんやったほうがいい」
「昔こんなことを言っていた人がいたが、私はこう思う」
など、割ととっつきやすい内容になっています。

「つれづれなるままに~」の出だしの他には、「家は夏のことを考えて建てるべきだ」というくだりが有名でしょうかね。

興味深いことに、出家した人が書いた(二回目)作品の割に、男性論・女性論が何度も出てきます。
ここだけ抜き出してまとめても一冊の本ができそうです。

和歌でお坊さんが女性の気持ちを詠んだものは多いですけれど、他の文学でこういうテーマを選ぶことはあまりないような気がしますので、徒然草の特徴といってもいいのではないでしょうか。

他の二つが「これこれこういう経緯で書いた」といういかにもまとめっぽい文章で終わっているのに対し、徒然草はちょっと違います。

「小さいときこうやって父親を言い負かしたことがあるんだけど、このネタはいろんな人に話して楽しんでもらったよ」(意訳)

という一風変わった終わり方をしているのも特徴です。
もしかしたらこの後にも続いていたのかもしれませんが、兼好の茶目っ気というか明るい性格が窺えますね。

私見で恐縮ですが、三大随筆の中では一番現代人が共感できる部分が多い作品じゃないかなと思いますので、未読の方はぜひ。
ちょっと長いですけど文庫版もいろいろ出てますしね。

ビジネス書や参考書に飽きたらこういう文章に触れてみるのも良いのではないでしょうか。

長月七紀・記

【参考】

『すらすら読める方丈記 (講談社文庫) Kindle版」』(→amazon link

国史大辞典
方丈記/青空文庫
方丈記/wikipedia

 



-鎌倉・室町時代
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.