足利義教/wikipediaより引用

鎌倉・室町時代

嘉吉の乱とは? 足利義教が暗殺され室町幕府を衰退させたグダグダっぷりが凄い

更新日:

政治史――特に中世の血生臭さは凄まじく、
「何がどうしてそうなった?」
としか言えない出来事があります。

嘉吉元年(1441年)6月24日に、室町幕府六代将軍・足利義教よしのりが暗殺されたことで始まった「嘉吉の乱」もそのひとつではないでしょうか。

初代の足利尊氏が征夷大将軍に任じられたのが暦応元年(1338年)ですから、幕府ができて百年ちょっとで早くも先が危うくなってしまったわけですね。

しかし、経緯を見てみると「そりゃ反乱したくもなるわ」と思いたくなってきます。

 

しょーがないからクジで将軍、決めちゃおう

キーマンとなってくるのは、足利義教と赤松満祐みつすけという人物です。

赤松家は室町幕府の中でも四職と呼ばれていたお偉いさんの家柄で、領地もたくさん持っていました。

しかし、大きな家にはよくあることで、領地分配などを巡って本家と分家の間に密かな確執が勃発。
一触即発の状態に火をつけてしまったのが義教です。

というか、将軍家でもずっと前から火種はくすぶっていました。

ナゼかと申しますと、五代将軍・足利義量よしかずが病弱で、四代・足利義持がずっと政治を執っていたのですが、この両氏が二人とも六代目をはっきりさせないままこの世を去ってしまったからです。

困った幕府の重鎮たちは「ここは神様に決めていただこう」ということで、義持の弟たち四人の名前をくじに書き、岩清水八幡宮でくじ引きを行いました。
そこで選ばれたのが義教だったのです。

このせいで義教は「籤引き将軍www」などと揶揄されましたが、当時はこういう揉め事になった場合、神仏のご意志ということにして事を穏便に収めようとするのが常。
最初から義教と決まっていて、形式的にやったのでは?という見方があり、そっちの方が自然な気がしますね。

 

突然、暴君に変身!人心は離れ……

かくしてクジで将軍になった義教。
当初はともかく、しばらくすると暴君振りが目立つようになってきます。

大名の家督相続に口と手を出して、自分に従う者だけを当主に据えたり、比叡山と大ゲンカして僧侶24人が焼身自殺する騒ぎになったり。
恐怖政治の見本のようなことをし始めたのです。

当然人心は離れ、それをカバーするためにますます義教は苛烈になるという悪循環――。当時のとある皇族が「万人恐怖」とまで書いているくらいですから、朝廷も庶民も戦々恐々としていたことでしょう。

そして義教の乱暴振りが、ついに赤松家にも及びます。

このとき赤松家の当主は満祐だったのですが、例にもれず義教に疎まれてしまっていました。
代わりとでもいうのか、義教は赤松家にとっては分家筋に当たる貞村をひいきし、満祐の弟・義雅の領地を無理やり取り上げて、貞村に与えるという暴挙を働きます。

この時点では、満祐は義教に愛想をつかして隠居しただけでした。

「次に粛清されるのは満祐だろう」という噂があったともいわれています。
義教はホントに暴君の見本みたいな人で、あっちこっちの家の人を誅殺していましたので、完全にデマと言い切れないのがなんとも。

 

屋敷の庭で馬が大暴れ その直後、義教の首が!

このころ関東では、義教がかつてブッコロした家の子供を奉じて結城家が反乱を起こし、幕府に敗れるという事件がありました。
義教から見ればめでたい戦勝ですから、京都ではお祝いの宴が開かれます。

赤松家を継いだ教康も、「我が家の池で鴨の子がたくさん生まれましたので、泳いでいるところを見においでください」とお誘いを出しました。
これまたどうでもいい話ですが、将軍はじめ武家の人々が揃って小さな鴨を愛でているところを想像するとシュールですね。いや、生き物を可愛がるのはいいことですけども。

将軍のお出ましということで、幕府のお偉いさんや公家の一部もお供して赤松家を訪れます。

そして皆で猿楽(能)を観賞していたところ、なぜか屋敷の庭で馬が大暴れし始めました。
勘の鋭い武人ならこの時点で嫌な気配を察知するかもしれませんが、元々短気な義教はイライラしていたので「何事だ!」と怒鳴るだけです。

次の瞬間でした――。
甲冑を着た赤松家の武士たちが宴席に乱入し、義教の首が落ちるのです。

 

「追っ手が来たら潔く自害しよう」

混乱に巻き込まれ、他の武家や公家も即死や重傷ののち死亡したり、負傷した人などもおりました。

事件直後、赤松家側が「将軍を討つのが目的であって、他意はない」と告げて騒ぎは収まります。
居合わせた人のほとんども、義教のおかげで当主になった人たちでしたので、大なり小なり恨みは買っていたのでしょう。

ここでちょっとおマヌケな行き違いが起こります。

諸大名は「これほど大それた事をやらかすには、きっと協力者がいるに違いない」と考え、誰がそうなのかを見極めるため、すぐには行動を起こしませんでした。

しかし、実際には赤松家単独で行った計画。
いつまでたっても裏切り者が見つかるわけはありません。

満祐ら赤松家の人々は「追っ手が来たら潔く自害しよう」と考えていました。
それがなかなかやって来る気配がないので「これなら国元に戻って戦う準備ができる!」と方針を変えました。

義教の首を掲げ、隊列を組んで正面から堂々と京都を跡にしたそうです。

この時点では妨害する者も後を追おうとする者もいなかったといいますから、いかに義教に人望がなかったかがわかりますね。

 

幕府もヤル気なしで一向に進まない

幕府では、翌日になってようやく会議が開かれました。

次の将軍を義教の息子・足利義勝にし、その引越しを進めただけで、赤松家追討の軍は依然として編成されません。
義教があまりに権力を掌握していたので、管領などの重職でも他の大名を従わせることができなかったのです。

こんな感じだったので、赤松家の人々は無事に所領の播磨(現・兵庫県)まで帰ることができました。

そして幕府軍が来る前に尊氏の息子の養子の孫という「もうそれ一般人じゃね?」な人物を見つけ出して担ぎ上げています。
ちなみにこの間一週間くらいです。

この手際のよさからして、いっそ赤松家が将軍になってもいいんじゃないかと思ってしまいますが、残念なことに、この後、大差なくなります。

満祐は「義教がアレだったし、この混乱に乗じて他の家も幕府へ反乱を起こすに違いない」と考えていたようなのです。
上記の通り幕府軍ですらトロかったので、他の大名も様子見をするばかりだったのですが……。

 

最初の一言が「義教様の首を返せ!」

満祐は積極的に工作をするでもなく、他の大名が動くのを待っている間、遊びまくっていたといいます。
それも凄いよな……。

さらに、京都では赤松家討伐軍が組まれたにもかかわらず、なかなか進軍しようとしなかったため、兵が焦れて京都の町人から物やお金をぶんどるというサイテーな事件が起きました。な、なにを言っているのか(ry

普通これだけgdgdだったら、この時点で室町幕府に対する大反乱が起きててもおかしくないところ。
どういうわけかあと25年ほどはこのままいきます。まさに事実は小説より奇なり。

幕府軍が赤松家の勢力圏内に着いたら着いたで、真っ先に赤松家へ言ったのは
「義教様の首を返せ!」
ということでした。

普通は降伏や投降を促すものではないでしょうか。

上記の引越しの件も含め、この辺の幕府側の行動はものすごく「そうなんだけどそうじゃない」感がします。

一説には、当時の管領だった細川持之が赤松家に味方していたからでは?
とも言われていますが、はてさて。

 

室町幕府衰退のキッカケになったのにグダグダ過ぎて……

一方、幕府の別働隊は真面目に働いていて、先に戦闘を始めていました。

本軍のほうは相変わらずgdgd続きで、将軍暗殺から一ヶ月以上も経った8月になってからやっと
「赤松のヤツらがけしからんので、公的にブッコロす許可をください」
と朝廷へお願いしています。

お許しはあっさり出ます。
しかし公家の間では「武家同士でのケンカに見えるんですけど、それ私たちが認めることなんですかね?」と反対意見もあったとか。そりゃそうだ。

そして8月中旬にようやく本軍も赤松家と戦闘に入り、一ヶ月弱の間、各地で攻防戦が展開されます。
途中、赤松家が担ぎ上げた人が降伏してしまっていたり、こっちもこっちで相変わらずgdgdでしたので仕方ありません。

9月10日、赤松満祐は一族を逃がし、すべての責任を取る形で切腹
嘉吉の乱はここに終結したのでした。

というわけで、室町幕府が傾き始めたというそれなりに重要な出来事にもかかわらず、これほどgdgdなのもそう多くはないだろうと思われる一件です。

日本史の授業で出てくるので、多分「嘉吉の乱」という単語をご記憶の方はそれなりにいらっしゃるかと思うのですが、イマイチ印象が薄い上、歴史好きの間でもめったに話題にならないのは、このgdgdぶりのせいなんでしょうね。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
嘉吉の乱/Wikipedia

 



-鎌倉・室町時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.