順徳天皇

順徳天皇/wikipediaより引用

源平・鎌倉・室町

父ちゃんとノリノリ討幕計画! 順徳天皇は承久の乱後にどうなった?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
順徳天皇
をクリックお願いします。

 

その時、権力が朝廷から武士へ完全に移った

あっという間に膨れ上がった幕府軍は、北陸道・東仙道・東海道の三方から進軍。

乱の勃発からわずか2ヶ月程度で、皇室側は事実上降伏せざるを得なくなりました。

当然そのままでは済まず、後鳥羽上皇は隠岐島へ、順徳天皇は佐渡へ流されることになります。

武士の権力が皇室を完全に上回った瞬間……まさに「歴史が動いた」んですね。

間に挟まれる形になった土御門天皇は当初お咎めなしだったものの、「父も弟も処罰されているのに、自分だけ京にいるなんてできない」と言って自ら流刑を申し出ています。

幕府側も「そこまで言うなら」ということで土御門天皇を流しましたが、京から割と近い土佐(現・高知県)や阿波(現・徳島県)に留めました。

そりゃ、実際は悪いことしてないんだからまるっきり不便なとこには行かせづらいですよね。

土御門天皇への対応にはある程度、皇室へのはばかりが見える気がしますが、当然のことながら首謀者のお二人は帰郷の許しが出るはずもなく、そのまま配流先で生涯を終えられました。

加えて、乱の直前に順徳天皇から位を譲られていた仲恭天皇もわずか3ヶ月で廃位されています。

そのせいで明治時代まで「九条廃帝」などの不名誉な名で呼ばれていました。

ジーチャントーチャンのせいで600年も”名無しの権兵衛”扱いとか、ひどすぎるでしょうに……(´・ω・`)

 

佐渡島と隠岐の島とで風流な文通

ちなみに父帝とは配流後も時折手紙のやり取りをしていたらしく、後鳥羽上皇が亡くなった後にこんな歌を詠んでいます。

「同じ世の 別れはなほぞ しのばるる 空行く月の よそのかたみに」

【意訳】同じ世界でも全く遠い場所に流されたというのに、亡くなられた今は一層懐かしく思えてなりません。今宵の月を父上の形見と思って眺めております

元々しょっちゅう顔を合わせるような身分の方々ではありませんが、やはり親子の情は格別だったのでしょうね。

室町時代から明治時代まで。歴代天皇が教科書に出てこないほど影が薄いのは、このときの罰し方があんまりだったので、「もう武士に手出すのやめとこ」と思ったからなのかもしれません。

鎌倉末期(南北朝時代)には後醍醐天皇が頑張ってますが、それも失敗しておりますし。

後醍醐天皇
後醍醐天皇の何がどう悪かった? ドタバタの南北朝動乱が始まった理由

続きを見る

江戸幕府を倒すときにも”御旗”にはなりましたけども、実質的に兵を率いていたのは武士した。

そういう意味では、後鳥羽上皇と順徳天皇は「天皇家の方針を大きく変えた方である」ともいえそうです。

なお、承久の乱や後鳥羽上皇について、もう少し詳しくお知りになりたい方は以下の記事を併せてご覧ください。

みんなが読んでる関連記事

承久の乱
承久の乱で前代未聞の島流し! 歴史を揺るがした朝廷vs幕府バトルとは

続きを見る

後鳥羽上皇
後鳥羽上皇って実はマッチョな武闘派!菊の御紋で承久の乱を引き起こす

続きを見る

後醍醐天皇
後醍醐天皇の何がどう悪かった? ドタバタの南北朝動乱が始まった理由

続きを見る

北条義時
北条義時 史実の人物像は真っ黒!大河『鎌倉殿の13人』主役の生涯とは

続きを見る

北条泰時
北条泰時(鎌倉殿の13人義時の子)は御成敗式目を制定!60年の生涯まとめ

続きを見る

鎌倉時代(鎌倉幕府)
鎌倉時代(鎌倉幕府)まとめ!成立から滅亡まで一気に読むダイジェスト版

続きを見る

源頼朝
源頼朝 史実の人物像に迫る!出生から鎌倉幕府の設立 死因まで53年の生涯

続きを見る

源義経
源義経 史実の人物像に迫る! 兄・頼朝とすれ違い続けた31年の儚き生涯

続きを見る

鎌倉武士
鎌倉武士はどんな生活していたか? 衣食住・武芸・刀剣甲冑の事情マトメ

続きを見る

鎌倉時代の御家人
鎌倉時代の御家人は普通の武士と何が違う? 御恩と奉公・手続きにも注目

続きを見る

松平広忠
松平広忠(家康の父)の最期は不審死~織田と今川に挟まれた苦悩の生涯24年

続きを見る

於大の方(伝通院)
於大の方(家康の母)はなぜ家康を産んですぐ離縁?75年の生涯まとめ

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
本郷和人『承久の乱』(→amazon
順徳天皇/wikipedia
やまとうた(→link

TOPページへ

 



-源平・鎌倉・室町
-,