新田義興

新田義興/wikipediaより引用

源平・鎌倉・室町

義貞の次男・新田義興が矢口の渡しで謀殺され 新田家嫡流の血が終わる

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
新田義興
をクリックお願いします。

 

義興には生存説も存在……阿波に落ち延びた!?

長男は新田義顕という人で、実は義貞の存命中に亡くなっています。

義貞とともに北陸で北朝への抵抗を続けていましたが、足利軍から兵糧攻めを受け、進退窮まって自害しました。

まだ20歳だったといわれています。

長男の義顕が早くに亡くなり、次男の義興は側室の出……ということで、新田家は正室生まれの三男・新田義宗が家を継ぎました。

義興と義宗はそこそこ仲が良かったらしく、上記の鎌倉攻めの際には協力しあっています。こういうの珍しいですよね。

ただ、義興が謀殺されたため、新田軍はさらに弱まってしまいました。

義宗は越後・上野(現在の新潟県・群馬県)あたりで戦い続けたものの、沼田で敗北し、戦死したといわれています。

例によって義宗には生存説も存在していて

「再起をうかがっていたものの果たせず、出家して一族の菩提を弔っていた」

「阿波(現・徳島県)に落ち延びた」

などがあります。

源義経がチンギス・ハーンになった」とか「真田幸村(信繁)が秀頼を連れて薩摩へ逃げた」など、他の生存説に比べると、いかにもリアルな話ですね。

いったん阿波へ逃げた後、仏門に入ったというのもありそうです。

源義経
源義経 史実の人物像に迫る! 兄・頼朝とすれ違い続けた31年の儚き生涯

続きを見る

真田幸村(真田信繁)
真田幸村(信繁)史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで45年の生涯

続きを見る

沼田には義宗像と伝わる木像がある他、家臣の建てたとされる義宗のお墓も存在しているそうで。

義興も「お寺で乱暴すんな」(超訳)という触れ書きを出したことがありますので、義貞の息子たちは寺社や家臣との関係も良かったと思われます。

こうなると義宗の代で新田家滅亡か……とも思えますが、もうちっとだけ続くんじゃ。

 

新田家嫡流の血はここで絶えてしまった

その後、義宗の子(義貞の孫)・貞方が信濃で隠れ育ち、さらにその子(義貞のひ孫)・貞邦と共に兵を挙げました。

当時は南北朝が統一しかけてポシャり、さらにときの鎌倉公方・足利満兼が病気になったので、またとない機会と思われたのです。

しかし、関東の旧南朝方に連絡を取っていたところ、逆に鎌倉公方へ通報され、捕まってしまいました。

貞方・貞邦ともに、鎌倉の七里ヶ浜で斬られたといわれています。

七里ヶ浜はかつて義貞が鎌倉への奇襲をかけたところでしたので、二人の無念はいかばかりか……と、なんとも言えない気持ちになります。

しかも貞邦には子供がいなかったため、新田家嫡流の血はここで絶えてしまいました。

一応、他の系統では残っているようなのですが、史料に乏しくはっきりしていません。

栄枯盛衰は世のならい――。

とはいえ、新田氏の流れをくんでいると自称した徳川家康とその子孫が栄えたことを考えると、何だかなぁという気もしますね。

徳川家康
三度の絶体絶命を乗り越えた徳川家康~天下人となる生涯75年とは?

続きを見る

まぁ、家康が主張したのは新田家の嫡流ではないんですが、その辺の話はまたいずれ。

本文中に出てくる関連記事

新田義貞
新田義貞の功績とは? 尊氏や正成には負けない5つの推しエピソード

続きを見る

中世合戦の天才が千早城でキレッキレ【まんが日本史ブギウギ】

続きを見る

足利直義
観応の擾乱(じょうらん)は史上最大の兄弟ゲンカ~尊氏vs直義の結末は?

続きを見る

足利尊氏
足利尊氏は情緒不安定なカリスマ将軍? 生誕から室町幕府までの生涯まとめ

続きを見る

足利基氏
9歳で初代鎌倉公方となった足利基氏(尊氏の四男)トラブルからの不審な最期

続きを見る

源義経
源義経 史実の人物像に迫る! 兄・頼朝とすれ違い続けた31年の儚き生涯

続きを見る

真田幸村(真田信繁)
真田幸村(信繁)史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで45年の生涯

続きを見る

徳川家康
三度の絶体絶命を乗り越えた徳川家康~天下人となる生涯75年とは?

続きを見る

後醍醐天皇
後醍醐天皇の何がどう悪かった? ドタバタの南北朝動乱が始まった理由

続きを見る

湊川の戦い
尊氏・義貞・正成の役者が揃った湊川の戦い! 大逆転で北朝の時代へ

続きを見る

千早城の戦い
千早城の戦いで正成の戦術炸裂! 寡兵の楠木軍が幕府の大軍に快勝す

続きを見る

中世合戦の天才が千早城でキレッキレ【まんが日本史ブギウギ】

続きを見る

新田とは価値観が違う~戦の天才は政治に迷う【まんが日本史ブギウギ】

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
新田神社(→link
国史大辞典
新田義興/Wikipedia
新田義顕/Wikipedia
新田義宗/Wikipedia

TOPページへ

 



-源平・鎌倉・室町