福原遷都と福原京

平清盛邸宅があった福原雪見御所碑/wikipediaより引用

源平・鎌倉・室町

清盛が福原遷都を企てた「福原京」って? 幕末の神戸港で再び注目

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
福原遷都と福原京
をクリックお願いします。

 

幕末から妓楼が発展していって

大政奉還から約30年。

大政奉還
慶喜と西郷の思惑激突!大政奉還が実施されたのになぜ戦争が始まった?

続きを見る

1897年頃の福原には、913人もの娼妓がいたといいます。

この頃には彼女たちの働く妓楼はもちろん、周辺の飲食店や喫茶店も繁盛し、大規模な歓楽街となっておりました。

清盛も、まさか自分が都を作ろうとした土地がこういうことで有名になるとは思わなかったでしょうね。

明治三十九年(1906年)には、郭の半分が焼けるという大火災に遭いながら再び息を吹き返し、大正九年(1920年)になると2,200人もの女性が郭に所属する規模になっていました。

昭和初期には、洋風建築やネオンサインなども取り入れられ、別の意味でもきらびやかになっていたようです。

1958年の売春防止法で遊郭は全て廃業し、別の性産業へ変わっていったのですが……その辺については興味のある方だけお調べください。

そんな福原には金比羅宮の神戸分社が置かれています。

明治十五年(1882年)に遊郭の繁栄を祈願して作られたものだそうです。

主祭神の大物主神(おおものぬしのかみ)が農業殖産・漁業航海・医薬、そして技芸を司ることから来ていると思われます。

また、大物主神は航海の神ということで、海軍軍人にも信仰されていることからか、神戸分社にも潜水艦の写真が多く奉納されているのだとか。

 

都に帰れなかったため金比羅宮に祀られた崇徳天皇

崇徳天皇も神戸分社の祭神です。

祟りのことは言うに及ばず、最近では安井金比羅宮のダイナミック縁切りっぷりで有名ですね。

しかし、晩年は配流先の香川にある総本宮の金比羅宮をたびたび参拝していたそうです。

生前の崇徳天皇は都に帰れなかったため、それを哀れんで金比羅宮が祀り始めたのがきっかけで、各所の金比羅宮にも祀られるようになりました。

しかし、全ての金比羅宮に必ずしも崇徳天皇が祀られているわけではありません。

にもかかわらず、神戸分社で崇徳天皇を迎えたということは「ウチの女性たちが悪い縁と繋がりませんように」という郭の主たちの願いからなのかもしれません。

逆に「ウチに来たからには、今までの縁を全て切るつもりで働いてもらうぜゲッヘッヘ」かもしれませんが。

崇徳天皇
崇徳天皇の波乱万丈が痛々しい~最強の怨霊?あるいは最高の歌人?

続きを見る

ちなみに、神戸分社にはもう一柱の神様が祀られています。武甕槌命(たけみかづちのみこと)という神様です。

武甕槌命は雷神・武神であり、相撲の神や「地震を起こすオオナマズを制御している」ともいわれています。……ますます遊郭とは関係なさそうなのですが、どういうことなの(´・ω・`)

何はともあれ、金比羅宮神戸分社は地元から崇敬を集め、戦災等を乗り越えて今も存在しています。

福原という町も、また何か違う姿に生まれ変わって、有名になる日が来る……かもしれませんね。

あわせて読みたい関連記事

平清盛
平清盛が権力の頂点に立つ! 院政を相手に発揮した類稀な政治力とは

続きを見る

安徳天皇
六歳で壇ノ浦に沈んだ安徳天皇~清盛と頼朝に振り回された生涯とは?

続きを見る

高倉天皇
8歳で即位 21歳で崩御の高倉天皇~後白河法皇や平清盛に翻弄されて

続きを見る

大天狗と称された後白河天皇(後白河法皇)若かりし頃を振り返ってみる

続きを見る

源義仲・木曽義仲・木曾義仲
源義仲(木曽義仲)が平家討伐で大活躍! 最期は義経に討たれた生涯31年

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
安田元久『鎌倉・室町人名事典』(→amazon
歴史群像編集部『決定版 図説・源平合戦人物伝』(→amazon
福原京/Wikipedia
福原_(神戸市)/Wikipedia
大物主/Wikipedia
崇徳天皇/Wikipedia
タケミカヅチ/Wikipedia
金刀比羅宮(→link

TOPページへ

 



-源平・鎌倉・室町
-,