鎌倉殿の13人感想

鎌倉殿の13人キャスト最新一覧!武将伝や合戦イベント解説付き【11/18更新】

2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のキャストが発表されています。

11月16日から20日まで、5日に分けてリリース――しかも脚本の三谷幸喜さん自らが動画で発表していくという異例のスタイルであり、早くも大河ファンを喜ばせております。

主役の北条義時を演じる小栗旬さん。

その妹で物語のキーパーソンになるであろう北条政子には小池栄子さんが抜擢されました。

肝心の頼朝が未定ですが、おそらくや明後日までに発表されるでしょう。

以下にキャストならびに各キャラクターの人物伝リンクも付記しておきましたので、よろしければ予習も兼ねてご覧ください!

※随時更新して参ります

◆北条義時(小栗旬さん)……本作の主役で北条家を躍進させた立役者。北条政子の兄であり源頼朝の義弟にあたる

北条義時62年の真っ黒な生涯マトメ!大河『鎌倉殿の13人』主役はどんな人?

続きを見る

◆北条政子(小池栄子さん)……源頼朝の正妻。【承久の乱】で御家人たちを奮い立たせた演説で知られる

北条政子は尼将軍と呼ばれながらも不幸な女性?4人の子供たち全員に先立たれ

続きを見る

北条時政(未定)……北条義時の父。北条政子の父でもあり、当初は源頼朝との結婚に反対していたとも

北条時政ってどんな人? 頼朝も政子も、この人なしでは歴史に名を残せず!?

続きを見る

牧の方(未定)……北条時政の継室(後妻)にして、時政の継母にあたる

◆北条宗時(片岡愛之助さん)……北条義時の兄にして時政の嫡男だったが、頼朝と共に打倒平氏として立ち上がり、その過程で戦死してしまう

◆阿波局(宮澤エマさん)……北条義時の妹

◆源頼朝(未定)……源氏の長者にして鎌倉幕府を開いた将軍

源頼朝53年の生涯まとめ! 出生から鎌倉幕府の設立 死因 その素顔に迫る

続きを見る

源頼家(未定)……頼朝の跡継ぎながら、入浴中にあそこを切り落とされて死ぬという非業な最期を迎える

源頼家(鎌倉幕府2代将軍)は入浴中にあそこを切り落とされて暗殺だと!?

続きを見る

大姫(南沙良さん)……頼朝と政子の長女。後鳥羽上皇のもとへ入内する直前に亡くなってしまう

大姫(頼朝と政子の娘)って日本史三大悲劇のヒロイン候補かもしれない

続きを見る

源義経(未定)……頼朝の弟。壇ノ浦の戦いでの不手際や後白河法皇との関係から頼朝の不信感を募らせ、奥州藤原氏を頼って殺害される

源義経31年の儚き生涯まとめ! 兄・頼朝とすれ違い続けた悲しき英雄とは

続きを見る

源範頼(未定)……頼朝の弟。北条政子を通じた誤解から流罪とされ、その後、不審死を迎える

源範頼(頼朝の弟)の不審死~10人以上いた兄弟で消されたのは義経だけでなく

続きを見る

源行家(杉本哲太さん)……頼朝の叔父。【墨俣川の戦い】で平氏に敗北

源行家(頼朝の叔父)が「墨俣川の戦い」でフルボッコにされた切ない理由

続きを見る

◆後鳥羽上皇(未定)……承久の乱を起こし、流罪となる。実は怪力の持ち主で文武両道の天皇であった

後鳥羽上皇(後鳥羽天皇)は知られざる武闘派! 菊の御紋を使い幕府と戦うも

続きを見る

◆承久の乱……後鳥羽上皇を中心に朝廷が起こした幕府に対するクーデター。当初は朝廷サイドが有利だと目されたが……

承久の乱は日本史を揺るがした大事件だった? 朝廷vs幕府ガチバトルの結末

続きを見る

◆畠山重忠(中川大志さん)

◆三浦義村(山本耕史さん)

◆比企能員(佐藤二朗さん)

◆梶原景時(未定)

◆三善康信(未定)

◆伊東祐親(辻萬長さん)

◆土肥実平(阿南健治さん)

◆和田義盛(横田栄司さん)

◆安達盛長(野添義弘さん)

◆大江広元(未定)

平宗盛(小泉孝太郎さん)

平清盛(松平健さん)

平清盛が平安末期に絶大な権力を握れたのはナゼ?院政と合わせて確認だ

続きを見る

ドラマの関連記事は以下にございます

鎌倉殿の13人感想

【参考】
国史大辞典
NHK

TOPページへ

 



-鎌倉殿の13人感想
-

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)