源平 まんが日本史ブギウギ

木曾義仲と法住寺合戦!三日天下は「狂乱の世」なり【まんが日本史ブギウギ】

父は源義賢
祖父は源為義。

よって、そのイトコには源頼朝源義経源氏棟梁あり――。

木曾義仲源義仲)は、河内源氏から派生した信濃源氏の出身であり、一足先に入京。
そして後白河法皇との接触で波乱の行く末と展開されるのであった。

マンガ「日本史ブギウギ」、第79話、スタート!

 

義仲西へ

 

追討軍

 

決裂

 

法住寺合戦

 

意外な弱点

 

名勝負

 

義仲の最期

 

法皇と御簾

 

【知ってるようで意外と知らない日本史モヤモヤ】

・時代、長すぎ平安時代の特徴
桓武天皇平安初期
・道長は関白じゃないよ平安中期
平清盛平安末期
・出世の見込みなかった藤原道長
・嫌味なオンナ?清少納言
・引きこもりがち?紫式部
・モヤモヤするよね?官位と位階
・無味乾燥だけど知ればオモロイ官職と二官八省
・関白とか検非違使とか令外官
・その土地誰のもの?荘園
・天皇の奥さん(皇后・中宮・女御・御息所・更衣・女院
・女性官僚(尚侍・典侍・掌侍・女孺・女蔵人
・ファッション衣冠・束帯・直衣・狩衣
・皇族→臣下へ臣籍降下
・藤原北家の台頭始まる薬子の変
・嵯峨派と淳和派のバトル承和の変
・火事、マジやば応天門の変
・首がぶっ飛び!平将門の乱
・貴族なのに暴れすぎ!藤原純友の乱
・平和だったなぁ…延喜・天暦の治
・貴族かっ!桓武平氏
・内輪揉めLOVEな清和源氏
・平安版の関ヶ原保元の乱
・実はオモシロ平治の乱
国風文化(ひらがな&カタカナ)
・作者100本ノック小倉百人一首
・命がけって怖い遣唐使

※次週へ続く

【過去作品はコチラから→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

 



-源平, まんが日本史ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.