鳥獣戯画/国立国会図書館蔵

寺社・宗教

3月3日は「うさぎの日」神様の使いとされがちな伝承に注目してみる

皆様、ペットを飼ったことはおありですか?

最近では猫の飼育数が犬を上回った、というニュースもありましたので、猫を飼っている方が多いでしょうか。

しかし、ペットを飼う上で悩みになるものの一つが「鳴き声」ですよね。個体差もありますが、犬や猫は人間と話しているつもりで鳴くそうですし。そういった理由で、鳴かない動物の人気も高まっています。

本日はその代表である、あの動物のお話です。

3月3日は「うさぎの日」だそうです。

この日付が「みみ」と読めることから「耳が特徴的な動物」=「うさぎ」という連想だとか。割とまんまですね。

今回は、古くから伝わるうさぎの言い伝えなどをまとめてみました。

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次

・山と神様

日本では「うさぎは山に住むもの」とされてきましたので、古くから山の神様、もしくはその使い・乗り物と考えられてきました。

東日本のノウサギについては特に、冬毛が真っ白になることから神聖視されたようです。

白鳥や白蛇、白鴉(はくあ)など、日本では「白い生き物は神様にかかわるもの」とする考えがあるからだと思われます。

突然変異で白い姿になった動物は目立つため、自然界で生き残りにくくなるので、それを誰かが哀れんで保護した……とか、そんなことから始まったのですかね。

日本神話にはうさぎを使いとする神様も多く、ザッと以下のような例を挙げられるでしょう。

・月読命(つくよみのみこと 月や豊穣)
・大国主命(おおくにぬしのみこと 因幡の白うさぎ)
・宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ お稲荷様=豊穣の神)

お稲荷様=狐とうさぎが仲良しというのもなかなか想像がつきにくいですが、これは後ほど挙げる仏教の説話とも関係あるかもしれません。

 

・多産と豊穣

ヨーロッパでも、うさぎは豊穣の神と強く結びつけられています。

アングロ・サクソンの春の女神「エオストレ」の、化身あるいは使いがうさぎだそうです。
他にもヨーロッパの神話における豊穣の女神はだいたいうさぎをお供・化身にしています。

エオストレは転じてイースターという祭りになり、イースターエッグとともにイースターバニーもシンボルとなりました。

そんなわけで、うさぎ=春のイメージも強いようです。
うさぎが全般的に繁殖力の強い動物だからだと考えられています。

種類にもよりますが、うさぎはおおむね真冬以外は繁殖できる動物なのです。繁殖と豊穣が結びつけられるのは、神話の類だとよくある話ですね。

ちなみに日本では「卯月」(旧暦4月)の「卯」がうさぎを意味したり、「十五夜お月さま見て跳ねる♪」という歌がありますが、俳句の季語だと冬になるそうです。自由すぎる。

 

・献身

日本では「うさぎ=月」を連想することも多いですよね。これは仏教の説話集「ジャータカ」の中の話が、日本に伝わって変化したことから来ているとされています。
少々昔話風にいきましょうか。

むかしむかしあるところに、猿と狐とうさぎが暮らしておりました。
三匹はある時、山の中で倒れているおじいさんを見つけました。
「おじいさんを助けてあげよう」と考えた三匹は、食べ物を持ってきてあげることにしました。

猿は木に登って木の実を持ってきました。狐は川で魚を捕りました。
けれどもうさぎは、頑張っても頑張っても、食べ物を持ってくることができません。(草食動物だから当たり前ですね)
悲しんだうさぎは、猿と狐に頼んで、たき火を用意してもらいました。
そして自ら火の中に身を投げ、その肉を食べてもらおうとしたのです。

そうするとおじいさんは起き上がり、何やらエラそうな感じの姿になりました。
なんと、おじいさんは「帝釈天」という仏様だったのです。
うさぎの我が身を省みぬ慈悲に、帝釈天は報いてやろうと考えました。
そこでうさぎの姿を月へ刻み、後世の人々がうさぎのことを忘れないようにしたのです。

月のうさぎの周りに煙がかかっているのは、うさぎが飛び込んだときの煙だとか。
いい人(うさぎ)が死んでるあたり、「めでたしめでたし」と言えないオチではありますが……まあ、物語ですから。

そもそも帝釈天が火に飛び込む前に「お前の気持ちはわかったからやめろ」と言えば良かったんじゃないかと思うのですけれども、言うだけ野暮ですね。

でも……旧約聖書の神様ですら、(神様の命令で)アブラハムが息子のイサクをいけにえにしようとしたとき、「お前の信仰心はわかったから、息子を捧げるのはやめなさい」と言っていることを考えると、比較したくもなりますよね。

「玉虫の厨子」に描かれている釈迦の前世の姿でも、飢えた虎の親子に身投げをしているくらいですから、仏教の隠れた残酷さというかなんというか。

繁殖力の強さも、それだけ母体が酷使されるという意味では献身かもしれませんね。現代の人間でも出産時の大量出血や、その後の経過で命が危うくなることはままあるのですから、野生動物となれば言わずもがなのことです。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-寺社・宗教
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.