日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

受験

いよいよ今週末は東大で、本郷和人先生との対面授業 【gacco体験レポート 2時間目】

投稿日:

 

4月14日に「gacco」の本郷和人先生の「日本中世の自由と平等」の講座が開校し、「Week1. 歴史学とは何か?」の講義がwebで始まりました。
これから6月30日の閉校まで、自由にこの講座が受講できるのです。(その内容は、過去記事「【世界最速レビュー】激わかりやすい!本郷和人教授の中世史無料授業第1回(@gacco)まとめ」

しかし、「Week1」の課題が出てまして、こちらの提出期限は4月27日までとなっています。

さっそくテスト!4問だけだけど ディスカッションでは阿鼻叫喚

早く講座を全部聞いて、課題をやらなければ……。

で、恐る恐る、課題を見てみる……。

問題は4問。
あ、大学の試験って、こんなだったな、みたいな第一印象。

私は遙か彼方の昔、某大学の文学部にいたことがありますが、その時の試験はわら半紙(死語?)に問題が3問か4問、講義の内容についての質問に、記述式で答える、というものでした。
で、答えの優劣により、A、B、C、D、E、Fは落第、と採点されました。
で、2単位もらえるんだったかな?

でもgaccoの試験は4つの選択式。
受講生が多いし、仕方ないのかな?

課題の問題を見ながら、間違えないよう、もう一度WEBで講座を見直したり、見直すのが面倒くさかったら、横に出ている講座の字幕をコピーして
ワードなどに貼りつけ、ざっと文字で読んでも良いと思います。
またわからないことは、ネットでササっと調べてもよし。

何とか課題を終えて、ドキドキしながら、ポチっと「送信」……。

 

スポンサーリンク

2週目の講座も始まった

そして4月21日に届いた
「Week2. 歴史のあるべき・ある論」
の講座もやってみる。

「2-1. 6代将軍・足利義教ウラを取れないことも」

室町幕府の6代将軍は、なんと”くじ”によって選ばれた。
(でも昔の人は、“くじ”はご神託だと思っていたのかも?)

足利義教将軍は、没落しつつある足利幕府を盛り返そうと、一生懸命頑張ります。
でも家来に暗殺されてしまい、
ますます室町幕府の権威は揺らいでしまいます……。

「2-2. 御前落居記録」「2-5. 判決の典拠として」「2-6. 判決はまとはずれ」 

「叔父から譲り受けた領地に、細川家が居座っているから何とかしてほしい」
という小笠原持長の申し出に、幕府は、
「ん? 父から息子への相続ならわかるけど、叔父から相続してもいいのか?」
ということだけを調べて、結局、「叔父から相続してもいいよ」ということだけを伝える。

「ちょっと待ってよ、そうじゃなくて、私の土地に居座っている細川家をなんとかしてよ」
と言ってみるが、幕府はそこまで関与しない。

なんせ、細川家は、当時、斯波家、畠山家と並ぶ名門の管領の家柄。
幕府と言えどもなかなか口が出せない。
結局自分でなんとかしろ、ということらしい……。

「2-3. 小笠原持長・犬追物・小笠原流」

ここでこの小笠原持長についての説明。

小笠原氏は将軍家に弓馬術礼法を教える師範だったそうで、弓馬術礼法から行儀作法が確立し、あの小笠原流になったのだとか。

元は甲斐の国のご出身だったそうですが、そういえば、NHK大河『風林火山』では、妙にヘタレな小笠原長時が出ていたような……。

風林火山 【期間限定プライス版】 [DVD]
by カエレバ

 

「2-4. 『荘園分布図』『日本の地名』」

ここで歴史を学ぶ人、必見の資料、
『荘園分布図』と『日本地名辞典』(全50巻!)について。
ちょっと大きな図書館にいけばあるそうなので、
一度見てみるといいですね。

荘園分布図〈上巻〉 (1975年)
by カエレバ

 

荘園分布図〈下巻〉 (1976年)
by カエレバ

 

 

「2-7. ザイン(sein)とゾッレン(sollen)」

で、結局、中世っていうのは(鎌倉幕府も、室町幕府も)、権利の有無にかかわらず、現実にその土地を実行支配していることが優先されるんだとか。

いくら文書などがあり、権利を持っていても実際に支配してなければダメ。

だから中世を考える時は、常に「~である(sein)」と「~すべきである(sollen)」を考えたほうがいい、とうことでした。

戦国時代に入る前の中世の社会って、こういう世の中だったのですね。
だから“下克上”なんてことが起きたのか……。

その後、
「2-8. 日本は1つであるべきだ権門体制論」
「2-9. 日本は1つだったのか東国国家論」
と進み、
全部終わったら、また「Week2」の課題に進みます。

スポンサーリンク

テストの結果は?

で、さっきやった「Week1」の課題ですが、気が付くと、もう採点されて結果が出ていました。

おおっ! なんと満点でした。
いつも「C」しかもらったことのなかった私が!?

ま、一番最初だし、みんな満点だったんだろうな……。

(編注・平均正答率が25%程度で、ディスカッションでは阿鼻叫喚の様相を呈しています…)

週末、東大生になります!キリ

こんな感じでWEB授業は進み、いよいよ今週末は東京大学の本郷キャンパスで、実際に本郷先生にお会いしての体面授業が行われます。

まさか私が東大に足を踏み入れるなんて、思ってもみなかったなあ……。

そうそう、話題の「ディスカッション」のコーナーですが、受講者の皆さんから、様々な意見が寄せられております。

くじで選ばれたという6代将軍・足利義教についても、
「実力で選ばれたわけではないのだから、後に暗殺されたのもわかる」
という発言が。
更には「くじは不正だったのではないか?」
「不正をしてでも義教を将軍に推したかった人達がいたのでは?」
という発言も。

加えて、
「時代小説の冒頭のようですな」という発言が続き、なんだかドキドキわくわくしてきましたよ♪

スポンサーリンク

naoko・記





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-受験

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.