歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

中学受験

【中学受験ブログ第13問】子供を早起きさせるためのたった一つの仕込み

更新日:

juken

歴史研究者のはしくれ菅原道真です。
新6年生になり、前々回(【中学受験ブログ第11問】親が早起きするためのたった1つの方法)の手法で、毎日朝6時半に小町と一緒に起きています。

親がやることは、朝ごはんの用意をし、前日夜にやった「中学入試でる順漢字3500」で間違ったものを1か月後の日記(グーグルカレンダー)に、復習用として記載します。
その間、小町は、四谷の計算問題集を1頁、「2度とき法」(こんど詳述します)で解きます。
で、朝ごはんを食べながら、漢字を5~6問や理科・社会のSAPIXコアプラスから問題をだして、指でテーブルにかかせる、ながら口頭試問です。

多くの受験生親にとっては、自分が起きることよりも、子供を起こすことが大変という人も多いと思います。
これは、
充分な睡眠を確保する
に限ります。

5年生後半や6年生ともなると、なかなかそうもいってられないと思いますが、なにより脳科学的に「睡眠は学習に重要」とわかっているわけですから、ノルマをこなすために夜更かしさせるよりも、なるべく早く寝かせて、早く起こさせるという「時間ノルマ」を徹底させるべきでしょう。

小町の場合は、5年生になるまでは8時台に寝ていました。そのため、早起き習慣がつきました。ですので、新4年生で受験を始める方は、いきなり夜更かしはさせずに、まずは早起き習慣をつけるために、その子が寝たい時間に寝させて、その就寝時間を規則化することをオススメします。

いま小町は午後10時半に寝ますが、我が家では、10時半にふとんにいれるために、10時20分ですべて打ち切り、とにかく猛ダッシュで歯磨きやトイレまで「早くねなさい」と煽ってます笑

ここでだらだら本を読んだり、話をしたりすると、11時になり、朝6時半に起きるのがきつくなり、無理やりおこしても30分あたまがぼーっとしてムダになってしまうからです。

きょうの朝ごはん問題
SAPIX理科コアプラスより

問題)流水の3作用を答えなさい


答え)
・しん食作用
・運ぱん作用
・たい積作用




スポンサーリンク


みなさん、覚えていましたか?
どうして地理は社会じゃなくて「理科」なのでしょう。大学受験では文系ですけど

応援の気持ちで下のボタンのポチをお願いいたします。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村




1位 薩長同盟
倒幕のためじゃない!

2位 意外と優しい!? 織田信長さん

3位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯

戦国最強・立花宗茂
本物の義、武人とは

5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー

6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉

7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念

8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯

9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!

10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力

注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?

注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!

-中学受験

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.