日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)




中学受験

これから漢字の読みは勉強するな!【中学受験ブログ第30問】

投稿日:

歴史研究者のはしくれ菅原道真です。
1月試験校も一通り終わり、多くの受験生にとっては本命の2月校へ向けていよいよラストスパートですね。全部終わるまで途中の合否は明かさないというのがSAPIXルールのようなのでとりあえず結果は伏せておきます。

「さあ、これまでの総復習だ!」と思って、SAPIXのペーパーを「発掘」すると、とんでもない分量で、いったいなにをやっていいのか、取捨選択で悩んでいる人も多いと思います。

部門によって、色々ですが、簡単に仕分けできるのが「漢字」。
たとえば、小町が受ける桜蔭と豊島岡ですが、市販の過去問には「出題分野分析表」があります。
その分類を見ると、
桜蔭の場合、平成17年から平成26年の計10年のうち、漢字について、漢字について、「漢字の書き取り」10、「漢字の読み」2、「部首・画数・筆順」0

豊島岡の場合、平成22年から平成26年(各年2回分)の計10回のうち、漢字について、「漢字の書き取り」10、「漢字の読み」0、「部首・画数・筆順」0

となり、書き取り20:読み2:部首・画数・筆順0
です。

つまり、両校を受ける場合は、漢字については「書き取り」のみやるべき、という結論になります。
受ける学校の傾向を調べず、同じ時間配分で「読み」もしてしまったら、大きな迂回ルートをとったことになります。最終段階でこのロスは痛いので、みなさんそれぞれの過去問を見直してみてください。

なお、2校だけでなく、全体の傾向はどうなの?というご意見もあると思います。
個別にはわかりませんが、「でる順」の旺文社さんが分析しております。
それによると、分野別でる順(漢字)の比率は

  • 書き取り 63%
    読み取り 24%
    部首 4%
    同音異義語 3%
    送りがな 2%
    画数と筆順 同訓異字 音読みと訓読み 1%
    その他 3%

です。音読み訓読みや、画数、筆順って結構がったり学ばされたような気もしますが、受験という観点だけでみると優先順位は極めて低いのですね。




スポンサーリンク


juken
応援の気持ちで下のボタンのポチをお願いいたします。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 





1位 伊集院須賀
西郷隆盛最初の妻、どんな人?


2位 徳川慶喜一橋慶喜
西郷どん・ヒー様の正体?


3位 橋本左内
風間俊介さんで西郷どん登場!


4位 月照
西郷とBL?的な清水寺住職


5位 明治天皇
その功績とエピソード


6位 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


7位 ホントは熱い!徳川家康


8位 勝海舟
異端の幕臣は西郷に何を


9位 桂久武
西南戦争に突如参加の親友


10位 阿部正弘
幕府を支える若きエリート老中



注目! 安藤百福まんぷくモデル
50歳からチキンラーメンを開発!


注目 日露戦争
なぜ日本は勝てた!?




わろてんか毎日の感想レビュー

-中学受験

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.