日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

艦これブログ

第28隻 御城コレクション……だと!? (;゚д゚)ゴクリ…【艦これブログ~オレの娘は不沈艦!】

更新日:

 

トップ画像が普段と違い、アレっ?と思われた方、ご明察。実はDMMさんが新たに御城コレクション - オンラインゲーム - DMM.comなるゲームを開始するとの告知であります。

DMMゲームズが贈る城郭擬人化タワーディフェンスRPG 「御城コレクション」事前登録受付中です!

名古屋城や大阪城など「御城」を擬人化した巨大美少女「城娘」を育成し、 襲い来る兜型生命体に立ち向かいましょう。

情報は下記のサイトで不定期に更新予定↓
http://shirocolle.jp/

二番煎じ、二匹目の泥鰌狙いもここまで来ると清々しいぜ!

しっかし、どんなゲームになるんだ。“城娘”とやらを攻撃・攻略するのか? そんなこと紳士たる俺提督にはできませんぞ!(錯乱

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20140701-2

――とりあえず事前登録しておきました(澄まし顔

タワーディフェンス RPG とのことですので、やっぱり攻めてくる敵から“城娘”を守れ! って感じになるんですかねぇ。兜型生命体ってなんぞ。

あと、トップの絵を見た感じ、キャラクターに統一感があまりないようですが、“艦これ”のように複数の絵師が分担しているのでしょうか。大阪生まれなのでやっぱり大阪城がどうなるかは興味津々。伊賀に住んでたこともあるので伊賀上野城も。もちろん、今住んでる松山が誇る名城・松山城も気になります。清楚な大和撫子だったら守り甲斐があるんですがw いろんな意味で気になるタイトルです。

――それはさておき。

軽空母「龍鳳」見参!

艦これブログオレの娘は不沈艦20140701-3

前々回、泣きながら 5-2 で戦い続けてようやく獲得した「大鯨」さんが Lv.25 になりました。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20140701-4

「遠洋潜水艦作戦」の任務もこなし、最強の潜水艦用魚雷「潜水艦53cm艦首魚雷(8門)」もゲット。潜水母艦としての任務は果たしたので、軽空母へ改造しちゃいましょう!

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20140701-5

なお、改造には弾薬450・鋼材700に「改装設計図」1枚が必要。「改装設計図」をゲットするには「勲章」が4つ必要。「勲章」は 1-5、2-5、5-5などの Extra 海域をクリアすると1つもらえます(1ヶ月に1個まで)。

「改装設計図」が必要な艦娘としては、ほかに「利根改二」「筑摩改二」「Bismarck zwei」なんかがあります。

 

いざ改造!

艦これブログオレの娘は不沈艦20140701-6

ネットの接続状況がよくなかったせいか、画像が欠けてしまいました orz

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20140701-7

実際はこんな子です。「白露」型駆逐艦の絵師さんと一緒ですかね? 割とかわいらしいです (´ω`)

 

スポンサーリンク

割りと苦労人? 「龍鳳」さんの一生

「龍鳳」さんは生まれからして割と波乱万丈です。

1933年、潜水母艦「大鯨」として横須賀海軍工廠で起工。ワシントン条約で一万トン以上の艦が作れず、また速力も二十ノットに抑えなければならないという制限下で、将来の軽空母改装を見越して設計されていました。そういうこともあってか、割りと冒険的な設計になっています。

 

潜水母艦時代の「龍鳳」

潜水母艦時代の「龍鳳」

まず、当時の最先端技術である電気溶接を利用したブロック工法を採用。わずか7カ月という短期間で進水までこぎつけました。もっとも、進水式に昭和天皇がご臨席なさるということで日程が変更できなかったという事情もあるそうですが。

しかし、この電気溶接がイマイチよくなかった。

とりあえず進水したはよいのですが、電気溶接により船体が反ってしまい、結局切断、古き良きリベット工法で再結合される羽目に。1934年には竣工し、横浜鎮守府在籍となりますが、それは形式上の話で、工事は続けられたのだそうです。

そして竣工翌年の9月に「第四艦隊事件」がに遭遇。台風が来てるのに「それも経験!」と訓練を続行した結果、駆逐艦は艦体破断・艦橋大破、「鳳翔」お母さんは甲板損傷、「龍驤」さんは艦橋破損と、第四艦隊は散々な目に遭います。「大鯨」さんも電気溶接がイマイチだったせいか、「船体中央水線部及び艦橋前方上方外板に大型のシワが発生」という大被害を蒙っています。

これだけ聞くと電気溶接はえらい失敗なのですが、ここで得られた経験はあとに建造された艦に活かされていきます。電気溶接はリベットよりも船体の重量が軽く済むというメリットがあるため、徐々に普及していきました。

「大鯨」さんが抱えていたもう一つの弱点は機関です。

「大鯨」さんには当初、潜水艦用として開発された11号ディーゼル機関が搭載されていました。「潜水艦用に作ってみたけど、船舶用にも使えねえかな?」って感じですかね。しかしフタを開けるとこれがヒドいポンコツで、煙はモクモクでるわ、馬力は予定の半分しか出ないわで散々でした。のちに駆逐艦で使われていたタービンエンジンに換装されましたが、最後まで速力は改善されませんでした。“艦これ”でも「低速」扱い。「鳳翔」お母さんよりはちょっと強いかな? って感じのポジションです。

 

スポンサーリンク

潜水母艦から軽空母へジョブチェンジ

そんなこんなで就役はだいぶ遅れ、1938年9月に第1潜水戦隊旗艦として、ようやく艦隊に編入されます。

しかし、潜水母艦だったのはたった四年にすぎませんでした。開戦直前の1941年12月、呉へと回航された「大鯨」さんは1年かけて軽空母へと改装されました。同様に軽空母へ改装された艦として「祥鳳」「瑞鳳」があります。

  • 高速給油艦「剣埼(つるぎざき)」 → 「祥鳳」
  • 高速給油艦「高崎」 → 「瑞鳳」
  • 潜水母艦「大鯨」 → 「龍鳳」

これで心機一転、不幸の看板も返上かと思いきや、改装中にドーリットル空襲で爆弾を食らったり、出撃するもいきなり潜水艦の雷撃を食らって横須賀にとんぼ返りするハメになったり。その後も輸送任務に従事することが多く、空母らしい活躍をする機会は得られませんでした。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20140701-9

ドーリットル空襲で穴が開いた「龍鳳」さん? from: Mechanisms of Imperial Japanese Navy Warships in 3-D

けれど、こんなことではヘコたれないのが「大鯨」改め「龍鳳」さん!

1944年6月下旬、マリアナ沖海戦でようやくデビューを飾ります。結局この戦いは「大鳳」「翔鶴」、ついで「飛鷹」を喪うという散々な負け戦でしたが、「龍鳳」は小破したのみで生き残ります。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20140701-10

呉軍港で大破した龍鳳。from: 龍鳳 (空母) - Wikipedia

結局、これが「龍鳳」の、機動部隊としての最初で最後の戦いでした。その後、「龍鳳」は輸送護衛任務中に雷撃されて大破。本土に戻って甲板の延長工事を受け、練習空母となりますが、1945年の呉大空襲で再び大破。航行不能となり、防空砲台として呉に係留されたまま終戦を迎えました。

 

※解体途中の「龍鳳」の姿がカラーでみられます

 

 

 

 

「今後、やなぎ提督が課金地獄に・・・(-∧-;) ナムナム」 と思われる方もそうでない方もポチッとご協力お願いしますm(_ _)m


艦隊これくしょん~艦これ~・攻略ブログ

文・ やなぎ ひでとし(33歳、独身♂)

スポンサーリンク

1980年、大阪府大阪市で爆誕。中学・高校時代は伊賀、大学時代は京都で過ごしたため、あちこちの言葉が混じった怪しい関西弁を操る。
現在は東京・千葉を経て、愛媛・松山に在住。普段はWindowsソフトウェアを専門とするフリーライターと、舞鶴鎮守府サーバーの提督(大将)の二足わらじ。
中国史(とくに春秋戦国時代など)が割りと好物で、好きな人物は漢の光武帝、尊敬するのは管仲・晏嬰。コーエイの『三国志』シリーズではもっぱら馬騰で遊んでいる。日本の武将では武田信玄が好き。

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-艦これブログ
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.