日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

艦これブログ

第46隻 「雲龍」と「第六〇一海軍航空隊」【艦これブログ~オレの娘は不沈艦】

更新日:

夏のイベントで手に入れた正規空母「雲龍」がようやく Lv.50 になりました。

艦これブログオレの娘は不沈艦20140911-1

「イベント中に改二へ改造しちまったぜ!」という提督方も少なからずいらっしゃるかと思いますが……演習だけで育ててたので、ちょっと時間がかかっちゃいました(照

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20140911-2

改造には弾薬1000(!)、鋼材750に「改装設計図」が1つ必要。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20140911-3

改造後は、“六〇一空”の零戦52型・彗星・天山と彩雲をもってきてくれます。改造前の「雲龍」は(悪い意味でw)史実を反映して艦載機なし(25㎜三連装機銃・12cm30連装噴進砲)だったのと比べると格段に豪華。艦載機の搭載数も増えました。とくに第三スロットが 3 → 27 へと激増し、もっとも搭載機数の多いスロットに……何があった /(^o^)\

 

第六〇一海軍航空隊

艦これブログオレの娘は不沈艦20140911-5

ちなみに、“六〇一空”というのは“第六〇一海軍航空隊”の略称です。“六〇一”の“六”は水上艦(つまり空母)艦載機の航空隊であることを示します。

これまで空母の飛行隊は母艦に所属し、母艦艦長の指揮を受けるのが通例でしたが、これを切り離し、航空戦隊司令部に飛行隊の指揮をとらしめる「空地分離方式」を初めて採用したのが、この“六〇一空”です。これで母艦が攻撃を受けても、母艦艦長は艦の指揮に集中し、飛行隊を他の艦へ着艦させるといった手配は航空戦隊司令部で行えるようになりました。このため、一航戦ではなく第三艦隊附属の扱いになっています。

――と書いてて自分でもよくわかんなかったので、マリアナ沖海戦前夜の編成を頑張って図にしてみました(間違ってたらごめんなさい)。

艦これブログオレの娘は不沈艦20140911-4

 

日本海軍の編成は、だいたい 連合艦隊 → (方面艦隊) → 艦隊 → 戦隊 → 隊 という関係になっています(部隊の性格によって艦隊・戦隊・隊は、航空艦隊、水雷戦隊、駆逐隊などと呼ばれたりします)。

艦これブログオレの娘は不沈艦20140911-6

当時、日本海軍はようやく「主戦力は航空戦力だ!」と目覚め、戦艦から成る伝統の「第一艦隊」を解散し、機動部隊である「第三艦隊」を中心に水上部隊である「第二艦隊」を護衛に加えて、新たに「第一機動艦隊」を新設しました。そして、第三艦隊の司令部が航空隊を自由に手駒として動かせるように、本来なら一航空戦隊(一航戦)に付属させるべき六〇一空を一航戦から外し、艦隊に直接附属させています。二航戦(652空)、三航戦(653空)は従来の編成になっているので、実験的な施策であったのかもしれません。矢矧率いる第十戦隊が「水雷戦隊」と呼ばれていないのは、水雷(魚雷攻撃)のための部隊ではなく、空母の護衛随伴が任務だからでしょうか。

ちなみに第六艦隊は潜水艦の艦隊(“艦これ”でも編成任務にありますね!)で、第一航空艦隊は南方に散らばっている各基地の航空隊を管轄しています。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20140911-7

六〇一空は昭和19年(1944年)に編成され、新しい一航戦の旗艦「大鳳」とともにタウイタウイ島へ進出、訓練を重ねながら「あ号作戦」に備えます。しかし、無風のため肝心の発着艦訓練は十分に行えませんでした。

そして1944年6月に「マリアナ沖海戦」に挑みますが、あえなく敗北。第一機動部隊は「大鳳」「翔鶴」を失い、沖縄の中城湾まで遁走しました。この戦いで六〇一空は優秀な搭乗員を数多く失いましたが、松山飛行場や岩国飛行場で再び搭乗員を錬成しつつ、「雲龍」「信濃」などで再編成されるはずの新しい一航戦(「瑞鶴」は三航戦へ転出)の再建を行う予定でしたが、結局、腕のよい搭乗員から台湾沖航空戦やレイテ沖海戦に引き抜かれた上、母艦となるはずだった「雲龍」「信濃」が失われたことにより、再建を断念。第三航空艦隊に編入され、基地航空隊として硫黄島の攻防戦や関東の防空に駆り出されることになります。

――とまぁ、そんなわけで。

ちょっと長くなってしまったので、「雲龍改二」の出撃任務「「第六〇一航空隊」出撃せよ!」の挑戦は次回にお送りしようかなーと思います。

 

 

艦隊これくしょん~艦これ~・攻略ブログ

 

文・ やなぎ ひでとし(33歳、独身♂)

スポンサーリンク

1980年、大阪府大阪市で爆誕。中学・高校時代は伊賀、大学時代は京都で過ごしたため、あちこちの言葉が混じった怪しい関西弁を操る。
現在は東京・千葉を経て、愛媛・松山に在住。普段はWindowsソフトウェアを専門とするフリーライターと、舞鶴鎮守府サーバーの提督(大将)の二足わらじ。
中国史(とくに春秋戦国時代など)が割りと好物で、好きな人物は漢の光武帝、尊敬するのは管仲・晏嬰。コーエイの『三国志』シリーズではもっぱら馬騰で遊んでいる。日本の武将では武田信玄が好き。





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-艦これブログ
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.