日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

艦これブログ

第58隻 イク、あの世にイクのー(号泣) / ふんどし作戦を予想してみる 【艦これブログ】

更新日:

 

のっけから心臓に悪い絵でごめんなさい。デュアルモニターでお仕事しながら艦これしてたら、サブモニターがエラいことになってしまいました。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20141105-2

適当にポチポチとカレークルージングしてるうちに、大破のまま進軍していたようです。Lv.98 まで育てた「伊19」がお亡くなりになってしまいました。うちの司令部には潜水艦が2セットいるのでダメージは少ないですが(もう一艦は Lv.94)、それでもちょっとショック。慢心ダメ、ゼッタイ。

ちなみに、轟沈の発生条件は「大破した状態で進軍し、耐久値以上のダメージを受ける」だそうで。中破のまま戦闘に入り、昼戦で大破しても、夜戦に突入して轟沈することはないようです(次のマスへの進軍が発生していないため)。この事故の後、少し統計を取ってみたのですが、確かに昼戦で大破状態になった後に夜戦をしても、カスダメやミスばかりで轟沈させられることはなかったです。

とはいえ、「表示が中破になっているけれど、実は計算上大破になっている場合があって、轟沈する場合がある」という都市伝説もあるので、あんまり無理はさせない方がいいのかもしれません(今回の事故がそうだったのかは、なんせ片手間で遊んでいたのでよく覚えていません……orz)。

――ちなみに、「伊19」をささげてまでウィークリークエストを完遂し、「改修資材」をゲットしたわが司令部ですが。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20141105-3

ごっそり全部「明石」さんに持っていかれてしまいました。泣きっ面に蜂ってこのことですなー。

 

ふんどしじゃない。


さてさて、次回のメンテナンスから秋イベント【発動!渾作戦】が実施されるそうです。「渾(こん)」は渾身の渾で、褌(ふんどし)のことじゃないです。まぁ、パンツの代わりにふんどしにするというイベントでも、当司令部としては歓迎なのですが。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20141105-4

とてもおおざっぱにいうと、当時は

  • マーシャル・マリアナ方面:海軍担当(「大鳳」ゲットしたし、あ号作戦で巻き返すぜ!)
  • ニューギニア方面:陸軍担当(ビアク島でなんとかこらえないとなぁ……)

という感じでした。“空母が主役、戦艦・重巡は脇役”というコンセプトをようやく受け入れ、小沢機動艦隊を編成し、あ号作戦で一気に巻き返しを図ろうと息巻く海軍に、陸軍からビアク島への支援要請が来ます。

ビアク島は、パラオ方面とフィリピン南部を抑える制空権の要。ここを米軍に抑えられると、南から横槍を入れられる恐れがあり、マーシャル・マリアナ方面を受け持つ海軍としてもあまり好ましい状況ではありません。

そこで、陸軍の輸送部隊に駆逐艦を主力とした護衛をつけ、敵制空権下での輸送を行うことを決断しました。これが「渾作戦」です。海軍でこちらを担当する南西方面艦隊にはろくな航空戦力が残っていないため、連合艦隊・第一航空艦隊から約100機が割かれました。

5月20日には、すでに連合艦隊が“あ号作戦”を発令しています。海軍としては貴重な戦力を割いての両面作戦は不本意だったでしょうが、当初は“あ号作戦”の作戦域がパラオ近海となるとみられていたため、どっちにしろビアク島方面にも手当てが必要だったという事情があったのかもしれません。

渾作戦は、3回にわたって行われました。

 

一次作戦を率いた「青葉」。そういえば妹「衣笠」の改二実装から割と立つな……そろそろ改二があってもいいんじゃん?

一次作戦を率いた「青葉」。そういえば妹「衣笠」の改二実装から割と立つな……そろそろ改二があってもいいんじゃん?

  • 第一次渾作戦(6月2日ダバオ出撃、4日夜にビアク島揚陸)
    • 第16戦隊(輸送:青葉、鬼怒、第19駆逐隊(敷波・浦波)、時雨)+陸軍第二機動旅団
    • 輸送隊支隊(敷設艦津軽、厳島、輸送艦、駆潜艇)
    • 第5戦隊(警戒:妙高、羽黒、第27駆逐隊(白露、五月雨、春雨))
    • 護衛隊(扶桑、第10駆逐隊(風雲、朝雲))

第一次作戦は、陸軍の偵察機から米機動艦隊を発見したという知らせが連合艦隊に入ったということで、念のため中止命令が出されます。部隊はビアク島まではいかず、途中のソロンへ入港し、陸兵を上陸させました。しかし、その直後、偵察機の報告が誤報であることが発覚。陸軍は激おこ、実施部隊も遠くから優柔不断な作戦変更を行う連合艦隊に対してフラストレーションがたまっていきます。

 

二次作戦で期間を務めた「敷波」。僚艦「浦波」の実装はあるか?

二次作戦で期間を務めた「敷波」。僚艦「浦波」の実装はあるか?

  • 第二次渾作戦(6月8日ソロン出撃)
    • 第19駆逐隊(敷波(旗艦)、浦波)
    • 第27駆逐隊(春雨(駆逐隊司令艦)、五月雨、時雨、白露)
    • 陸軍部隊600名が分乗

結局、連合艦隊参謀長・草鹿龍之介中将は「大軍だとバレそうだし、足の速い駆逐艦で増援の一部だけでも揚陸させちゃおう」と決断し、ソロンからビアク島への輸送命令を発令します。これが第二次作戦。

しかし、午前3時に出撃した部隊は正午に25機程度の敵編隊に捕捉され、「春雨」が撃沈(その最期は、第37隻 夏イベント開始! / 隼鷹は三度死ぬ。【艦これブログ~オレの娘は不沈艦】 | BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) で少しだけ触れています)。それにもかかわらず、乗員救出ののち再びビアクを目指しますが、今度はビアク島沖で敵の艦隊(巡洋艦1、駆逐艦5)に出会います。電探射撃を受けた日本艦隊は逃走、米艦隊も追撃しますが、9日午前三時、ようやく敵の追撃を振り切り、バチヤン泊地に逃げ戻りました。もちろん揚陸どころではなく、これも作戦失敗。

  • 第三次渾作戦
    • 第一戦隊(大和、武蔵、妙高、羽黒)、能代、沖波、島風、朝雲)
    • 輸送部隊(青葉、鬼怒、満潮、野分、山雲、敷設艦、駆潜艇、輸送艦)
    • 補給部隊(油槽船、駆潜艇、哨戒艇)

ちょっと戦力を出し惜しみしすぎたと反省した連合艦隊は、今度は「大和」「武蔵」をつぎ込んでみようと画策します。こちらに目をひきつけられれば、“あ号作戦”も円滑に進むことでしょう(おい、陸軍への輸送支援忘れてねえか?)。

部隊は12日にバチヤン泊地に集結し、準備を進めました。しかし、その前日、11日に米機動部隊が活動を開始。作戦の第一段階として、マリアナ諸島に対して大規模な空襲を開始します。翌12日も空襲はやまず、どうやら本格的な反攻作戦が始まったようです。あわてた連合艦隊は13日に“第三次渾作戦”を中止。“あ号作戦”に集中しようということになり、結局ビアク島は打ち捨てられらのでありました。

そして、戦力の分散がたたったのもあってか、“あ号作戦”も失敗に。渾作戦を生き延びた「白露」が護衛していた油槽船と衝突、爆雷などの誘爆で轟沈しています。優柔不断がどっちつかずの作戦を生み、敗北と貴重な資源の浪費のみがもたらされたのです。

 

スポンサーリンク

で、結局どんなイベントになりそう?

というわけで、渾作戦は

  • 駆逐艦縛りの運ゲーム
  • 戦艦・重巡編成で敵制空権下を切り抜け、姫を殴る

みたいな内容になるんじゃないかなぁーって思っていますが、どうなんでしょうか。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20141105-5

とりあえずみなさん、大型建造や改修工廠はちょっとお休みして、資源備蓄に努めましょう。

 

 

ポチっとお願いします(*´ェ`*)

艦隊これくしょん~艦これ~・攻略ブログ

 

文・ やなぎ ひでとし(33歳、独身♂)

スポンサーリンク

1980年、大阪府大阪市で爆誕。中学・高校時代は伊賀、大学時代は京都で過ごしたため、あちこちの言葉が混じった怪しい関西弁を操る。
現在は東京・千葉を経て、愛媛・松山に在住。普段はWindowsソフトウェアを専門とするフリーライターと、舞鶴鎮守府サーバーの提督(大将)の二足わらじ。
中国史(とくに春秋戦国時代など)が割りと好物で、好きな人物は漢の光武帝、尊敬するのは管仲・晏嬰。コーエイの『三国志』シリーズではもっぱら馬騰で遊んでいる。日本の武将では武田信玄が好き。

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-艦これブログ
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.