日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

艦これブログ

第66隻 もはや仮想戦記かって感じの「扶桑」改二と、大天使「古鷹」改二【艦これブログ】

投稿日:

 

今回の秋イベントはみなさん、いかがでしたか? 俺司令部は「清霜」「朝雲」といったドロップ艦が手に入れられて、とりあえずは満足すべき結果でした。

とはいえ、「隴を得て蜀を望む」(漢の光武帝の言葉ですね!)とはよく言ったもの。できれば「明石」さんなんかもゲットしたいなーと思って、ギリギリまで E-1 出撃を繰り返していたのですが……。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20141207-2

これは、その結果。この海域で出るといわれている艦娘を表にして、前回ゲットしたものは薄い青で(それより少し濃いのは2隻ゲットしたもの)、それからの出撃(30回ぐらいかな?)で得たものを濃い青で塗ってみました。オレンジ色の艦は、自分がほしかった艦です (^v^)

結論としては――50回程度の出撃では、なかなかレア艦をほいほい出すのは難しいですね(当たり前だけど)。体感的には、よく出るように設定されている艦娘で3%程度、レア艦で0.5%~1%って感じでしょうか。軽空母がまったくでなかったのは少し不思議ですが、A 勝利だと出るようになるのかもしれませんね(前回の編成だとほぼ 100% S 勝利でした)。

 

改二祭り!

艦これブログオレの娘は不沈艦20141207-3

イベントに集中していたので忘れかけていたのですが、「扶桑」さんに遅れること1カ月、この前ひっそりと「山城」さんに改二が来ていました。サーバーダウンを伴うメンテナンスなしでのアップデートで、ちょっと意外でした。「山城」さんの起工日(11月20日)にあわせた実装のようです。

ちょっと髪にクセがついて、“ストレートショートの黒髪”というイメージとはちょっと変わった感じですが、大幅に増強された火力、23機も積める第四スロットは魅力(そして、弾薬燃料の消費もアップ! orz)。

気になる初期装備は――

  • 試製41cm三連装砲
  • 41cm連装砲
  • 探照灯
  • 瑞雲12型

ちなみに、「扶桑」姉様改二は「探照灯」の代わりに「12cm30連装噴進砲」でした。もう扶桑型に関しては史実がどうのこうのを言うつもりはないようで、まったくのファンタジー。41cm 砲を積むわ、しかも三連装だわとやりたい放題になっています。これだけ運営スタッフに愛されているのだから、もう「不幸」の名は変更しなければならないかも。

ちなみに、二連装砲を三連装砲にすることのメリットは、

  • 一門増えるので、火力が向上する
  • 防御重量を抑えられる(一門増えても守るべき部分はあまり増えない)

です。その一方で、

  • 連装砲より艦幅が必要。艦幅が狭いと揺れが激しくなり、せっかく門数を増やしたのに一斉射撃できなかったりする(!)
  • 斉射した弾が互いに干渉して、散布界(おなじところを狙って撃った場合の着弾のばらつき)が広がる
  • 発射速度が低下する

というデメリットもあるそうで(もがみんやおおよどんが初期装備している「15.5cm三連装砲」はこれらの欠点があまり見られず、傑作砲とされています)。どちらを選ぶかは一長一短と言えそうです。また、「扶桑」姉妹改二のように連装砲と三連装砲を組み合わせるのは、開発&メンテナンスが別々になるので、コスト的に問題があるのだそうな(艦これの世界には問題がないね!)。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20141207-4

そして先週の金曜日には「古鷹」の改二が。今まではただの天使でしたが、改二では超天使になっています。改造レベルは 65。初期装備は、

  • 20.3cm(2号)連装砲
  • 20.3cm(2号)連装砲
  • 探照灯
  • 未装備

です。やっとこれで目からビーム出せます!

「古鷹」といえば、サボ島沖海戦 - Wikipedia。ガダルカナル島の戦いで制空権を奪われていた日本軍が、同島への重火器輸送の支援として、第六戦隊を基幹とする艦隊にヘンダーソン飛行場の砲撃を企図したものの、それを察知した米巡洋艦部隊に迎撃され、手痛い敗北を喫した戦いです。

1942年10月11日午後10時ごろ、旗艦「青葉」率いる艦隊は敵艦の艦影をとらえます。しかし、「青葉」はこれを味方の輸送船団と誤認。「ワレアオバ、ワレアオバ」と発光信号を送って袋叩きに遭います(「ワレアオバ」事件)。

「青葉」は艦橋に直撃弾を受け、戦隊司令部は一瞬で壊滅(しかし、これが不発弾だったのが不幸中の幸いか。さすが無駄に幸運なだけある!)。戦隊は指揮能力を失い、重度の混乱に陥ります。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20141207-6

戦犯の A さん。一応ちゃんと活躍したエピソードもあるのに、この事件のおかげでヤラカシ系のイメージがついてしまう。どんなに窮地でもなんとなく助かってしまう運の高さは、艦これの艦娘の中でもピカイチ

 

一方、攻撃していた側の米艦隊も、割とパニくっていました。理想的な丁字状態で日本艦隊を迎撃することに成功していたのですが、これを維持しようと艦隊運動をしている間に駆逐艦二隻が落伍。夜戦ゆえレーダー頼みなのですが、うつっているのが敵艦隊なのか、味方のはぐれ艦なのかわからなくなります。にもかかわらず麾下の艦が興奮して勝手に砲戦をはじめたので、米艦隊の指揮官ノーマン・スコット少将は冷や汗ダラダラだったに違いありません。

しかし、「青葉」が転舵して最大戦速で逃げ出すのをみて、艦影が日本の艦隊であると断定。「青葉」に砲撃を集中させます。「青葉」は飛行場を砲撃するための弾薬をめいいっぱい貯めこんでいた第三砲塔に被弾。弾薬が誘爆して、火薬庫に火が回りかけました。しかし、そこはさすがの幸運艦。決死の注水が成功し、火薬庫の爆発という最悪の事態はかろうじて回避できました(ただし、弾庫員は全員水死)。「青葉」は逃げるに如かず、と屁をこきながら煙幕を張りながら全力で逃走します。

そこに割って入ったのが、天使こと「古鷹」さん。「青葉」の煙幕に隠れそこなった「古鷹」は、魚雷発射管が命中弾の破片を浴び、酸素魚雷から漏れた酸素に誘爆して火災が発生するという大変な状態でしたが、どうせ火がついて位置がバレてるんだからと開き直ったのでしょうか、探照灯をガンガン焚いて敵艦を照らし、果敢に反撃に出ます。この間に「青葉」は虎口を脱しますが、「古鷹」はその犠牲となってしまいました。

――関係ないですが、艦これで旗艦を防御するの、俺司令部ではこの故事にちなんで「古鷹バリア」と呼んでいます。一般にはファイナルファンタジー5にあったナイトのアビリティにちなんで「かばう」と呼ばれているようですが。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20141207-7

この海戦で「殆ど一艦の戦闘と云ふべし」と褒められた「衣笠」さん。この活躍のおかげか、姉よりもちょっとレアで、一足先に改二を果たす

 

なにはともあれ、「古鷹」さんの天使的行動のおかげで、殿艦だった「衣笠」などは無事ですみました。彼女は見事、駆逐艦「初雪」とともに軽巡「ボイシ」(大破)と重巡「ソルトレイクシティー」(中破)に打撃を与えています(のちに宇垣纒中将は「まともに戦ったの、衣笠だけじゃん!」と嘆いています)。

ちなみに、米艦隊とはぐれてしまった駆逐艦二隻は、運悪く日本艦隊と米艦隊の間に挟まる形になり、「ダンカン」は炎上・翌日沈没、「ファレンホルト」は大破しました。あと、敵味方識別のために敵重巡「サンフランシスコ」に近づきすぎた駆逐艦「吹雪」さんが、この戦いでお亡くなりになっています。日本海軍はその後も助けに行った駆逐艦が敵航空機の餌食になり二重遭難事故を引き起こすなど、さんざんな目に遭いました。南無……(=人=)

それでも、日本海軍は主目的である輸送には成功。また、ヘンダーソン飛行場への砲撃は、「金剛」「榛名」姉妹と「鳥海」「衣笠」でのちに果したのはみなさんのご承知の通りです。

 

スポンサーリンク

おまけ

艦これブログオレの娘は不沈艦20141207-5

「古鷹」の中破姿。おへそのラインがきれいだと思いました (^v^)

「古鷹」改二は、「20.3cm(2号)連装砲」が2つも手に入るので割と養殖に向いているかも? 「羽黒」も Lv65 で改二へ改造できますが、「古鷹」のほうが燃費がいいのでどちらかといえば向いているでしょう。

 

 

ポチっとお願いします(*´ェ`*)

艦隊これくしょん~艦これ~・攻略ブログ

 

文・ やなぎ ひでとし(33歳、独身♂)

スポンサーリンク

1980年、大阪府大阪市で爆誕。中学・高校時代は伊賀、大学時代は京都で過ごしたため、あちこちの言葉が混じった怪しい関西弁を操る。
現在は東京・千葉を経て、愛媛・松山に在住。普段はWindowsソフトウェアを専門とするフリーライターと、舞鶴鎮守府サーバーの提督(大将)の二足わらじ。
中国史(とくに春秋戦国時代など)が割りと好物で、好きな人物は漢の光武帝、尊敬するのは管仲・晏嬰。コーエイの『三国志』シリーズではもっぱら馬騰で遊んでいる。日本の武将では武田信玄が好き。

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-艦これブログ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.