日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

艦これブログ

【艦これブログ~オレの娘は不沈艦】 第83隻 E3 連合艦隊、抜錨!……と海軍丁事件

更新日:

 

今回は E3 に挑戦しますやで!

――と、その前に。

イベントの元ネタになっている(と思われる)トラック島空襲についてちょっとだけ触れておこうかなと思います。

 

トラック島空襲――海軍丁事件――

艦これブログオレの娘は不沈艦20150215-1

トラック諸島は日本の南南東約3300kmのところにあり、周囲約200kmの珊瑚礁に囲まれた約250の島から構成されています。ちょうどフィリピンとハワイを結ぶラインにあるだけでなく、小笠原からマリアナ(グアムなど)へ進出した先にあり、手広くあちこちに手を出せる戦略的要地で、“日本の真珠湾”とも呼ばれていました。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20150215-2

しかも、地図を見ても想像できるように、泊地としてなかなか便利。環礁内は航空母艦が全速航行しながら艦上機を発艦させられるほどの広さがあります。さすがに修理施設はないので、傷ついた艦は本国へ回航する必要がありますが、攻撃のための前線基地としては申し分ないですね。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20150215-3

でも、一歩外を出ると潜水艦がうようよしていて、出られないという弱点もあったのですが。E-1 はまさに「出撃のために潜水艦の掃討をしようぜ」っていうシナリオだったんですねぇ。

1943年4月、ここに新しい司令官が赴任してきました。小林仁中将です。

彼はおもに中国戦線で活躍し、猛将と評価されていましたが、その後は長く事務方を務めていました。後方で戦局が悪化していくのを歯噛みして見守っていた彼に任されたのが、内南洋防衛の主力である第四艦隊。欣喜雀躍として戦線に赴いたようで、着任早々意見具申なんかもやっています。

しかし、そんな彼でも戦局の挽回は難しく、次々と前線の島々を失っていきます。1944年2月にはお隣のマーシャル諸島を失い、トラック諸島にも空襲の危険にさらされるようになりました。そこで小林は10日に連合艦隊の司令部(戦艦「武蔵」以下、空母2隻、巡洋艦10隻、駆逐艦20隻、潜水艦12隻)をパラオへ送り出し、自らは敵航空隊の迎撃準備を整えさせます。

ところが、ちょっと一息つこうとでも思ったのでしょうか、たまたま17日あたりは警戒を緩めていました(陸海軍のお偉いさんが前線視察に来ていて、料亭でもてなしていたという話もあります)。そこへ米航空部隊が大挙して襲来したのです。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20150215-4

前触れは16日、潜水艦に「阿賀野」が撃沈されたことでした。空襲の支援のために、トラック環礁の周りに潜伏していたのです。「阿賀野」を救出しようと、「那珂」ちゃんが出撃しますが、途中で「阿賀野、沈没」の報を受け、やむなく撤退。しかし、「仕方なし」と引き換えした先のトラック泊地は空襲の真っ最中でした。17日、「那珂」が撃沈。

この空襲で、日本はトラック諸島にいた商船のすべてを喪失(20万総トン、全保有船腹の4%)。これらの多くはトラック泊地の防衛強化のための資材運搬用でした。航空機は、70機が撃墜。200機が空に飛び立つことなく破壊されています。

戦闘艦では、引揚民間人等を乗せた「赤城丸」などを護衛していた練習巡洋艦「香取」、駆逐艦「舞風」「野分」が攻撃を受け、「野分」を除く艦艇が撃沈されました。ほかにも「文月」などが失われています。工作艦「明石」や測量艦「宗谷」、駆逐艦「時雨」「春雨」は辛くも虎口を逃れました。

このあと、小林仁中将は責任を問われて予備役に編入。戦後も“海軍丁事件”と呼ばれたこの空襲について、黙して語ることはなかったそうです。

ちなみに、「海軍〇事件」と称されている事件は3つあります。

  • 海軍甲事件:連合艦隊司令長官山本五十六海軍大将の戦死
  • 海軍乙事件:連合艦隊司令長官古賀峯一海軍大将の搭乗機墜落、殉職。機密文書の漏えい
  • 海軍丁事件:トラック泊地空襲

なぜ「丙」がなく「丁」なのかは知りませんが、たぶん「トラック」の T なのではないかと。

 

スポンサーリンク

E-3 のおすすめ編成

艦これブログオレの娘は不沈艦20150215-6

なんでながながと前説を入れたかというと、4回出撃で難なくクリアできちゃったからなのデス……(難度は甲)。E-3 はあまり言うことがありませんでした。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20150215-7

このマップは「連合艦隊」システムで挑みます。自分は「機動部隊」を選択。こんな感じの編成にしてみました。

  • 第一艦隊
    • 高速戦艦:「榛名」「霧島」で固定
    • 高速戦艦:主砲×2、電探、水偵。
    • 航空巡洋艦:「利根」「筑摩」で固定。
    • 航空巡洋艦:主砲×2、瑞雲12型、整備員
    • 正規空母「雲龍」:ちょっと育成を兼ねて、装備は適当
    • 装甲空母「大鳳」:烈風(六〇一)×2、友永隊、偵察機
  • 第二艦隊
    • 防空駆逐艦「秋月」:防空カットインに期待。探照灯
    • 重巡洋艦:気分で「衣笠」固定。主砲×2、電探、水偵
    • 軽巡洋艦:「川内」型で回す。主砲×2、水偵(夜偵)
    • 駆逐艦:適当に強い奴
    • 駆逐艦:主砲×2、あとは缶で回避をあげといた
    • 駆逐艦

第一艦隊旗艦「榛名」には、電探に代えて「艦隊司令部施設」を装備させると中途撤退率が下がりそう。今回は一度も使わなかったですが。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20150215-8

ボス戦は空母が怖い。対空カットインが割と頼りになります。あと、夜戦対策として探照灯や夜偵があるといいかもしれませんね。

あと、今回は索敵があまり要らない感じだったので、駆逐艦には缶を載せて回避をあげときました。結果的にはこれがよかったのかも。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20150215-5

ルートは下で固定なのかな? 最後だけ念のために決戦支援を入れました。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20150215-9

最後は「夕立」が仕留めてくれたっぽい!

 

スポンサーリンク

ドロップと報酬

艦これブログオレの娘は不沈艦20150215-10

ドロップで「朝雲」をゲット!

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20150215-11

報酬は、謎の武器「WG42」。なんか対地攻撃にボーナスがあるみたいですね。小型艦にも搭載できる「三式弾」みたいな扱いみたい。いずれ役に立ちそう。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20150215-12

そして潜水艦「U-511」。ユーちゃんは静かで引っ込み思案なところがかわいいです。「WG42」をもってきてくれるので、これで都合2個ゲットできることになりますね。

あとは、勲章とかネジとか。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20150215-13

これで今回のイベントは終了――じゃなかった!/(^o^)\

次回、俺提督、刻の涙を見る。乞うご期待~♪

 

艦これファンの皆さま、ポチっとお願いします(*´ェ`*)

艦隊これくしょん~艦これ~・攻略ブログ

 

文・ やなぎ ひでとし(33歳、独身♂)

スポンサーリンク

1980年、大阪府大阪市で爆誕。中学・高校時代は伊賀、大学時代は京都で過ごしたため、あちこちの言葉が混じった怪しい関西弁を操る。
現在は東京・千葉を経て、愛媛・松山に在住。普段はWindowsソフトウェアを専門とするフリーライターと、舞鶴鎮守府サーバーの提督(大将)の二足わらじ。
中国史(とくに春秋戦国時代など)が割りと好物で、好きな人物は漢の光武帝、尊敬するのは管仲・晏嬰。コーエイの『三国志』シリーズではもっぱら馬騰で遊んでいる。日本の武将では武田信玄が好き。

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-艦これブログ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.