日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

艦これブログ

【艦これブログ~オレの娘は不沈艦】 第100隻「第18戦隊、脱衣せよ!」 / 伊賀の国の話【前編】

投稿日:

 

記念すべき100回目!――ということで、何かしたかったのですが、何も思いつかない&イベント前の備蓄期間中ということで、とくになにもありません。ゴメンナサイ。

……というのも悲しいので、【艦これブログ】 第96隻 戦艦「大和」所縁の「大和神社」へお参りしてきたった | BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) の取材途中に寄った伊賀上野城を紹介しつつ、地元民以外にはあんまり興味がないであろう伊賀の国事情でもお話ししようと思います。

 

伊賀の国

伊賀上野城は、上野盆地のほぼ中央にある上野台地の北部(標高184mほど)に築かれた平山城です。

艦これブログオレの娘は不沈艦20150419-5

伊賀の国、だいたいこんな感じかなっと筆者が適当に作成

 

かつて、この地には平清盛の発願によって建立された平楽寺という寺院があったそうですが、室町時代には守護・仁木氏の居館が置かれました。

しかし、この仁木氏というのがパッとしない人たちで、離反 → 討伐 → 返り討ち → 離反というループに陥ってしまい、戦国時代にはまったく力を失ってしまいます。

もともと伊賀の国のほとんどは奈良・東大寺の荘園で、「守護? 帰れwww」的な雰囲気だったっぽいですね。

 

混乱と伊賀惣国一揆

艦これブログオレの娘は不沈艦20150419-3

戦国時代までの伊賀の状況は、ザックリ言うと

守護仁木氏 vs 周りの国の勢力を背景にした国人の割拠状態 + 大和から三好氏の勢力が侵攻

するという状態だったようです。大和・山城・近江・伊勢という4国に隣接する地理的状況が、事態をややこしくしていますね。

ともあれ、いつまでもこうしたカオス状態では伊賀の国は滅びてしまいます。

そこで、伊賀の有力三家(百地氏、藤林氏、服部氏)を中心に国人が起こしたのが「伊賀惣国一揆」です。国人が一致団結し、国外勢力を追い出して自治を行おう! というわけですね。これは見事成功し、こうして伊賀の国は合議と掟が支配する“あるじなき国”になりました。

艦これブログオレの娘は不沈艦20150419-4

名張市・里地域の風景。伊賀ってだいたいこんな感じです

 

しかし、伊賀の国は土地が痩せていて、みんながお腹いっぱい食べていけない国でした。なんせ最有力国人の服部家ですらここで生きるのをあきらめて三河に行っちゃったり、周りを全部支配した織田信長が「まぁ、いっか」と放置するぐらいの貧乏国です!

そこで考えたのが伊賀人が編み出したのが“傭兵稼業”でした。これまでのややこしい政治風土のなかで、スパイ技術を培った戦士たち。彼らを出稼ぎにだしてメシの種にしようというわけですね。これが忍者の起源だと言われていますが、本当かどうか僕は知りません(ぉぃ

 

恐怖の大王、空より降り立つべし

しかし、伊賀の国の平和は長く続きませんでした。

きっかけは天正6年、北畠信雄がパパに認められようと伊賀の国に手を出したことです。北畠信雄というのは、伊勢・北畠家を乗っ取った織田信雄、つまり信長の次男坊です。

信雄くんはまず、伊賀上野と伊賀神戸の間ぐらいにあった丸山城を修築して拠点にしようと考えましたが、これを伊賀国人が焼き討ち。怒った信雄くんは1万人の兵力で伊賀に攻め込みますが、またもや忍者たちのゲリラ戦法により返り討ちに遭います。

半数以上の兵を失った信雄くんをみて、パパは大激怒。「親子の縁を切る!」と信雄くんを蟄居させたうえ、ゃんと織田を支援しなかった守護・仁木氏を信楽へ追放して滅ぼしてしまいました。

できそこないの次男坊の敗北をみて、信長パパは考えました。

「伊賀って忍者とかいてキモいな。ゲリラ作戦メンドイし、息子の仇もあるし、丸ごと焼いちゃうか」

さすが魔王、考えることが半端ない……。

そして天正9年。本願寺との和睦がなると、信長パパは4万5千の伊賀征服部隊を組織します。信雄くんを総大将に、部将は滝川一益、丹羽長秀、蒲生氏郷、筒井順慶、堀秀政という錚々たるラインナップ。これで徹底的な焦土作戦をやったのだからたまりません。伊賀の忍者たちは柏原城に追い詰められ、玉砕を強いられます。最後に仲介が入って全滅は免れたものの、忍者たちは散り散りになってしまいました。

これが二次にわたる「天正伊賀の乱」。興味ある人は司馬遼太郎の『梟の城』などをどうぞ。直木賞を受賞した司馬遼太郎の出世作です。

 

スポンサーリンク

脱線しすぎました

艦これブログオレの娘は不沈艦20150419-6

やべぇ、脱線しすぎた。伊賀の話は、また次回にでも。ちょっとは艦これ要素も書かないと、ネ?

今回は 【艦これブログ】 第97隻 ソロモンに咲いた一輪の華・三川艦隊 | BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) で解放された任務「抜錨! 「第十八戦隊」」をやっちゃいます!

艦これブログオレの娘は不沈艦20150419-7

目指すマップは、東部オリョール海(2-3)です。

艦これブログオレの娘は不沈艦20150419-8

編成はこんな感じにしてみました。第18戦隊「天龍」「龍田」がいればいいのかな?

あとは水上機母艦がいるとボスにたどり着きやすいそうですが、あいにく遠征で出払っているので、軽空母を入れておきました。これでも水上艦艇だけの艦隊よりはボスへの到達率が高いみたいです。

艦これブログオレの娘は不沈艦20150419-9

現に、割とあっさりボスに到達しました(ぉ

艦これブログオレの娘は不沈艦20150419-10

ボスは戦艦2、空母1、重巡1、軽巡2と割とヘビーな艦隊ですが、小細工なしの単縦陣でつっこみます。

艦これブログオレの娘は不沈艦20150419-11

さすがに戦艦は痛い。

艦これブログオレの娘は不沈艦20150419-12

艦これブログオレの娘は不沈艦20150419-13

次々と大破する第18戦隊。どっちもおっぱい、わりとおっきーんだなぁ(小並感

艦これブログオレの娘は不沈艦20150419-14

艦これブログオレの娘は不沈艦20150419-15

しかし、第18戦隊以外のメンツの大活躍により、無事仕留めることができました。時代は航空戦力なんですよ! 時代遅れの軽巡なんていらんのですよ! 偉い人にはそれが(

艦これブログオレの娘は不沈艦20150419-16

ゴホンゴホン。それはともかく、任務達成。

艦これブログオレの娘は不沈艦20150419-17

艦これブログオレの娘は不沈艦20150419-18

報酬は燃料350、ボーキサイト250、拘束修復財3、それに特注家具職人でした。

艦これブログオレの娘は不沈艦20150419-19

ゲットした家具職人で、岩風呂+脱衣場をゲット。これでいろいろ捗るぜ!!

 

艦これファンの皆さま、ケッコンカッコカリでポチっとお願いします(*´ェ`*)

艦隊これくしょん~艦これ~・攻略ブログ

 

文・ やなぎ ひでとし(33歳、独身♂)

スポンサーリンク

1980年、大阪府大阪市で爆誕。中学・高校時代は伊賀、大学時代は京都で過ごしたため、あちこちの言葉が混じった怪しい関西弁を操る。
現在は東京・千葉を経て、愛媛・松山に在住。普段はWindowsソフトウェアを専門とするフリーライターと、舞鶴鎮守府サーバーの提督(大将)の二足わらじ。
中国史(とくに春秋戦国時代など)が割りと好物で、好きな人物は漢の光武帝、尊敬するのは管仲・晏嬰。コーエイの『三国志』シリーズではもっぱら馬騰で遊んでいる。日本の武将では武田信玄が好き。

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-艦これブログ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.