日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

艦これブログ

【艦これブログ】第115隻 どっちが“長女”だ?――ネームシップに2回もなりそこなった「加古」さんの場合

投稿日:

 

先週金曜日のメンテで実装された重巡の改二は古鷹型2番艦「加古」さんでした。絶対「青葉」だろ! と思ってた俺提督、涙目です。妹の「衣笠」に先を越されて、もうどれぐらい経つか……一応最後まで生き残った艦なのに!

――ま、こっちはこっちでいいんですけど(^v^)

艦これブログオレの娘は不沈艦20150618-2

実は「加古」さん、わりと出生にまつわるネタが多いヒトでして。

そもそも「加古」は5,500トン級軽巡(二等巡洋艦)の長女として建造される予定でした(だから川の名前(兵庫県、加古川)なのですね)。書類上の関係はこんな感じ。

  1. 「加古」(佐世保工廠、未起工)
  2. 「那珂」(横浜船渠、1922年6月20日起工)
  3. 「川内」(長崎三菱造船所、1922年2月26日起工)
  4. 「神通」(神戸川崎造船所、1922年8月4日起工)

このままいけば「加古」型軽巡四姉妹が誕生するはずだったのですが、1922年(大正11年)3月、ワシントン軍縮会議の結果、「加古」は建造中止となります。関東大震災で「那珂」ちゃんが被災して、長女の座が「川内」に回ってくるのは、またのちの話。

さて、日本海軍はこれとほぼ同時に重巡洋艦(一等巡洋艦)の建造も目論んでいました。艦名は山の名前にちなみ、

  1. 「衣笠」
  2. 「古鷹」

と名付けられます。

しかし、海軍はなぜかここに建造中止となった「加古」をねじ込みます。名前がよっぽど気にいったのでしょうか?……と言うのは冗談で、多分予算とかいろいろ大人の事情があったのだと思います。整理すると、書類上はこんな感じに。

  1. 「加古」(神戸川崎造船所、1922年11月17日起工)
  2. 「古鷹」(長崎三菱造船所、1922年12月5日起工)
  3. 「衣笠」(未定)

今度こそ「加古」型重巡の誕生です! 一方でこの割を食ったのは「衣笠」で、なぜか三番艦に降格(?)。結局、加古・古鷹タイプの重巡は2隻で打ち切られたので、「衣笠」は青葉(改古鷹)型重巡(しかもなぜか二番艦)となりました。

ともあれ、「加古」さんにとっては、めでたしめでたし。

――とはスンナリ行かないのだから、運命の女神さまって気まぐれですよね!!

  1. 「古鷹」(長崎三菱造船所、1925年2月25日進水)
  2. 「加古」(神戸川崎造船所、1925年4月10日進水)

なんと、「加古」の竣工直前にクレーン事故で完成が遅れてしまい、あとから起工したはずの「古鷹」の方が先に進水・就役してしまいます。その結果、「加古」は再び“長女<ネームシップ>”の座を奪われてしまったのでした。

日本海軍ではこういう例がままあります。「高雄」「愛宕」の場合は、ほんとは「愛宕」の方がお姉さんですし。なかでも悲惨なのは「榛名」の例で、ちょっとしたミスから完成が遅れ、責任者の一人が自殺しています。結局、「榛名」は「霧島」と同じ日に竣工するのですが、後味が悪いです(「榛名」は初めての民間造船所建造の戦艦だったので、なおさらだったのかもしれません)。

幸い、「加古」「古鷹」ではそういうことは起こりませんでしたが、「加古型」と呼ぶ資料も存在するなど、後にどちらをネームシップとするかで若干の混乱がありました。もしかしたら海軍内部でも「どちらが姉か」で論争があったのかもしれませんが(ねーよ!)、艦これの「加古」はそんなことは気にしない、おおらかな性格に育ったようです。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20150618-3

改造には弾薬480、鋼材380が必要。改造レベルは65だそうです。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20150618-4

えらく男前になったな! 気になる初期装備は、

  • 20.3cm(2号)連装砲
  • 20.3cm(2号)連装砲
  • 探照灯
  • 25mm連装機銃

と、なかなかの豪華ぶり。

 

艦これブログオレの娘は不沈艦20150618-6

とくに「探照灯」は、最近実装された「96式150cm探照灯」への改修で消費されてしまうので需要が高まっています。とはいえ、「探照灯」のためだけに養殖を行うのも非効率で、同時に「20.3cm(2号)連装砲」が狙える「加古」は加工の養殖対象になりそうな予感。

ちなみに、「探照灯」を手に入れられるのは以下の艦。

艦名 必要Lv 設計図 同時に手に入る装備
山城改二 LV80 試製41cm三連装砲,41cm連装砲,瑞雲12型
霧島改二 Lv75 41cm連装砲,21号対空電探
古鷹改二 Lv65 - 20.3cm(2号)連装砲×2
加古改二 Lv65 - 20.3cm(2号)連装砲×2,25mm連装機銃
鳥海改二 Lv65 20.3cm(2号)連装砲,熟練見張員,22号対水上電探改四
川内改二 Lv60 - 照明弾,九八式水上偵察機(夜偵)
神通改二 Lv60 - 61cm四連装(酸素)魚雷×2
綾波改二 Lv70 - 12.7cm連装砲B型改二,照明弾
暁改二 Lv70 - 12.7cm連装高角砲(後期型),61cm三連装(酸素)魚雷

艦これブログオレの娘は不沈艦20150618-5

「探照灯」目的の養殖ならば、「川内改二」が一番リーズナブルで夜偵も手に入るのでお勧め、次点に「加古改二」、ほしい装備によっては駆逐艦を養殖してもいいかなって感じですかね。

艦これブログオレの娘は不沈艦20150618-7

以上、「96式150cm探照灯」を作るために「探照灯」を余計に3つも失ってしまった俺司令部からお送りしました。また次回お会いしましょう。

 

ケッコンカッコカリでポチっとお願いします(*´ェ`*)

艦隊これくしょん~艦これ~・攻略ブログ

 

文・ やなぎ ひでとし(33歳、独身♂)

スポンサーリンク

1980年、大阪府大阪市で爆誕。中学・高校時代は伊賀、大学時代は京都で過ごしたため、あちこちの言葉が混じった怪しい関西弁を操る。
現在は東京・千葉を経て、愛媛・松山に在住。普段はWindowsソフトウェアを専門とするフリーライターと、舞鶴鎮守府サーバーの提督(大将)の二足わらじ。
中国史(とくに春秋戦国時代など)が割りと好物で、好きな人物は漢の光武帝、尊敬するのは管仲・晏嬰。コーエイの『三国志』シリーズではもっぱら馬騰で遊んでいる。日本の武将では武田信玄が好き。

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-艦これブログ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.