日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

艦これブログ

【艦これブログ】第135隻 艦娘の浴衣姿はたまらんな!/2015年夏イベントを振り返る

更新日:

 

過酷な夏イベントも終わり、艦これにも秋がやってきました。

それにしても、イベント終了のメンテで実装された艦娘の浴衣姿はたまらん。俺提督にとって長良型は比較的ノーマークだったのですが、これは嫁にしたくなりますな。加えて、中破グラフィックの破壊力(掲載をためらったのは「谷風」以来かもしれません)。ぜひ堪能(?)していただければと思います。

艦これブログオレの娘は不沈艦20150910-2

ちなみに、俺提督の一押しは「浦風」ちゃんです。似非広島弁が耳で蕩けそうやでぇ……っ!

 

2015年夏イベントの反省会

さて、今回は夏イベントの反省会をやろうかなと思います。

まずはイベント前の予想のようなもの。

一方、白露型7番艦「海風」白露型の9番艦「江風」(かわかぜ)、夕雲型3番艦「風雲」はかなり実装確率が高い気がするかも。

という予想はズバリ当たりました! その一方で、

  • 給油艦・輸送艦の実装に関してはことごとく外す
  • 航空戦を予想してボーキサイトの備蓄を促すも、大量の余らせる

という失態を犯してしまいました。皆様には向ける顔もない……。また、史実チェックで「菊月」の活躍はあるかもと予想していながら、攻略にはまったく活かせませんでした。ここも反省点ですな。

ただ、イベント前にちょっと史実を予習しておくと、イベントがより楽しめるという発見がありました。次回もできる範囲でやっていきたいですねぇ。

そして攻略に挑戦したときの記事。

E3 あたりまでは割と独力でやりましたが、その後、旅行に出かけて帰ってきたら攻略情報であふれていたこともあり、E4 以降は頼らせてもらいました。とくに E7 の「X/Y撃破でボスが弱体化する」という仕組みは自分だけでは絶対見つけられなかったと思います。諸提督の研究に感謝感謝ですねー。

それはともかく、今回はちょっと分量が多かった。多すぎたといってもいいと思います。

艦これブログオレの娘は不沈艦20150910-3

艦これブログオレの娘は不沈艦20150910-4

艦これブログオレの娘は不沈艦20150910-5

大きく分けて三本立てなのは史上初かな? 仮にレベルを下げたとしても、すべてのマップを攻略するのは時間的・資源的に厳しかったのではないでしょうか。

運営の Twitter によると、突破率は

  • 第1作戦海域:94%
  • 第2作戦海域:84%
  • 第3作戦海域:75%
  • 第4作戦海域:70%
  • 第5作戦海域:67%
  • 第6作戦海域:57%
  • 第7作戦海域:45%

とのこと。おそらく50%の突破率で調整してると思うので、(根拠はないですが)、数字だけ見れば結果的に問題はないです。

しかし、途中でイベントの期間を長くして難易度調整をしたのは下策だったかもしれませんね。

当初のイベント期間を前提に作戦を練り、本当ならば上位作戦のクリアも不可能でなかったにもかかわらず【丙作戦】を選択してしまった提督にとっては、不満の残る結果になりました。見積もっていたよりも分量が多すぎたのは否めないでしょう。

艦これブログオレの娘は不沈艦20150910-8

ただ、そのおかげで多くの艦娘が活躍できたのはよかったかなと思います。俺鎮守府の場合、ほぼすべての艦娘がイベントに参加できました。札が付いていない駆逐艦であっても、支援艦隊の一員としては参加したのです(日頃から演習でみんなにキラ付けをしていたので、とっかえひっかえで使いました)。いかにも総力戦って感じで、これはこれでよかったのかも。たまにはこういう“ちょっとやり過ぎ”程度の大規模作戦もいいのかもしれませんね。

また、難易度といえば、今までのイベントは何も考えずにすべてのステージで最難関の【甲作戦】を選択し、それをクリアしてきましたが、さすがに今回はそれは無謀でした。今回のイベントは司令部の実力に合わせたレベル調整が本格的に必要となった初めてのイベントになったのではないでしょうか。

艦これブログオレの娘は不沈艦20150910-6

着任したての提督から、何年も練度を高めているベテラン提督まで同じイベントに参加するのですから、こうした施策は必要ですし、これからも難易度の乖離は大きくなっていきそうです。

ちなみに俺提督は

  • 甲 → 甲 → 乙(海風) → 乙(瑞穂) → 甲 → 乙(風雲) → 甲(風雲)

でクリアしました。「まずはクリアを目標、あとで掘り(巡回)をするマップは難易度を下げておく」という方針ですね。一応この作戦は功を奏したみたいで、イベント終了間際に無事「風雲」もゲットできました。

艦これブログオレの娘は不沈艦20150910-7

ゲットしたのは E6 海域で、M マスでも「風雲」が出るという噂を聞いたので、C → E → G → F → J → M → Z ルートを選択。クリア時も含めて73回出撃、M マス S 勝利は 43回、Z マス S 勝利は17回でのドロップでした。


そのあと、「U-511」(ゆーちゃん)がほしくていろいろ回っていたのですが、そこでタイムアップ。でも、甲種勲章と新規艦娘をすべてそろえられたのは幸運といえます。

艦これはお金よりも時間を使うゲームです。当初はそのおかげで「お金を使わずに、暇な時間でまったり遊ぶゲーム」という感じが前面に出ていました。

しかし、近年イベントの難易度が上がるにつれ、「イベントに備えて時間を投資して備蓄・育成するゲーム」という性格が強くなってしまいました。これはこれで面白くはあるのですが、当初の「まったり遊ぶゲーム」という感じは薄くなったのはちょっと残念にも思いますね。

まぁ、成熟したゲームではありがちなことなんでしょうけど、これからもユーザーを引き付けることを考えると、課題も多く感じさせるイベントになった気がします。

いきなり新規艦娘に浴衣着せるなんて、運営もゲットできなかった提督を煽ってるなぁ!

いきなり新規艦娘に浴衣着せるなんて、運営もゲットできなかった提督を煽ってるなぁ!

 

まぁ、全部ゲットできたから俺提督はいいんだけどね(どやぁ、どやぁ!

 

スポンサーリンク

おまけ

艦これブログオレの娘は不沈艦20150910-9

今回のイベントの MVP は「阿武隈改二」。軽巡なのに甲標的を装備して先制雷撃ができる雷巡的な要素があり、雷撃火力では到底及ばないモノの、雷巡の使えないマップでは非常に頼りになりました。

また、平時には大発を積んで遠征にも役立ちます。まだ育ててない人にはイチオシの軽巡です。

――というわけで、ごほうびに「まるゆ」をたくさん食べさせて運をあげておきました。またたのんまっせ!

 

ケッコンカッコカリでポチっとお願いします(*´ェ`*)

艦隊これくしょん~艦これ~・攻略ブログ

 

文・ やなぎ ひでとし(33歳、独身♂)

スポンサーリンク

1980年、大阪府大阪市で爆誕。中学・高校時代は伊賀、大学時代は京都で過ごしたため、あちこちの言葉が混じった怪しい関西弁を操る。
現在は東京・千葉を経て、愛媛・松山に在住。普段はWindowsソフトウェアを専門とするフリーライターと、舞鶴鎮守府サーバーの提督(大将)の二足わらじ。
中国史(とくに春秋戦国時代など)が割りと好物で、好きな人物は漢の光武帝、尊敬するのは管仲・晏嬰。コーエイの『三国志』シリーズではもっぱら馬騰で遊んでいる。日本の武将では武田信玄が好き。

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-艦これブログ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.