日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

艦これブログ

【艦これブログ】第157隻 艦これ 2015秋イベントE-4 西方海域戦線 ステビア海

更新日:

とうとう Extra Stage までやってまいりました! ここからが本番と言っても過言ではないでしょう。

艦これブログオレの娘は不沈艦20151130-2

ここからは本気全開、【乙作戦】なんていう生ぬるいことはせず、ぜんぶ【甲作戦】で行かせていただきます。【甲作戦】の報酬である「熟練搭乗員」と「Fw190T改」は次にいつゲットできるかわからないし、多少資源を浪費してでも手に入れる価値があると思います。

拡張作戦:Extra Operation
西方戦線!機動部隊派遣

コロネハイカラ島への輸送作戦投入戦力とは別の艦隊を編成する。機動部隊などを主力とする西部方面派遣艦隊(「連合艦隊」編成)を西方海域に出撃、同方面の敵増援勢力を牽制すると共に、可能であれば友軍艦艇との邂逅を図れ!

西部方面派遣艦隊、作戦開始!

航空母艦等を含む精強な「連合艦隊」を西方海域戦線に進出させ、敵増援を叩くと共に、友軍艦艇との邂逅を試みよ!
※「連合艦隊」作戦海域です。
※これまでの輸送作戦に従事した戦力は投入できません。
※対潜装備にも十分留意してください。

艦これブログオレの娘は不沈艦20151130-3

本作戦は【連合艦隊】で挑む通常のゲージ破壊タイプのマップです。今回は【水上部隊】を選択しました(理由は後述かも)。

艦これブログオレの娘は不沈艦20151130-4

注意しておかなければならないのは、【輸送作戦】のお札がついた艦娘は出撃できないこと。あんまり困ることはないと思いますが、イタリア艦がルート制御に必要なので、全部使ってしまった提督はちょっと南無いかも……。弊司令部も戦艦を使い切っていて一瞬焦りました(;´・ω・)

いわゆる"ギミック"の解除

このマップには前のイベントでもあった「特定のマスの敵を撃破することでボスが弱体化する」というギミックが組み込まれています。このマップでは、J(港湾棲姫)と M(泊地水鬼)がそれだそうで。

これが関係するのは【機動部隊】だけという説もあるっぽいのですが、よくわかんないし、やって損はないだろうし、どうせたいした手間でもないだろうし(慢心)。久しぶりに鬼・姫の顔を見てみたいということもあって、挑戦することにしました。

艦これブログオレの娘は不沈艦20151130-5

ルートはこんな感じ。E の能動分岐で上を選択し、艦隊にイタリア艦を組み込めば、J までルート固定(らしい)です。鬼・姫は「陸上型深海棲艦」なので、三式弾をはじめとする対地攻撃兵器が有効。

艦これブログオレの娘は不沈艦20151130-6

あと、めんどくさいのがこいつ、「PT小鬼群」。哨戒魚雷艇(Patrol Torpedo Boat)をモデルにした敵キャラのようで、とにかくすばしっこい。回避が高いだけじゃなく、巡洋艦以上の大型艦の主砲を受け付けないのがやっかいです。

実際、この子に対処できる艦隊をくむのに手間取り、割と資源を浪費させられてしまいました……

  1. D:A勝利 → E → G:S勝利 → H:S勝利 → J:A勝利
  2. D:A勝利 → E → G:S勝利 → H:A勝利 → J:A勝利
  3. D:S勝利 → E → G:S勝利 → H:S勝利 → J:A勝利
  4. D:A勝利 → E → G:A勝利 → H:B勝利
  5. D:S勝利 → E → G:A勝利 → H:A勝利
  6. D:S勝利 → E → G:S勝利 → H:A勝利 → J:A勝利
  7. D:S勝利 → E → G:S勝利 → H:A勝利
  8. D:S勝利 → E → G:S勝利 → H:S勝利 → J:S勝利 → K → M:S勝利

8戦目でやっと撃退。7戦目までは支援艦隊なしで頑張っていたのですが、どうにもうまくいかず。最後に道中支援を出したら案外あっさりと J/M まとめて突破できました。よって、支援はあったほうがいいと思います。

最終編成はこんな感じ。

  • 第一艦隊
    • 大和:主砲、副砲三式弾、水偵
    • 武蔵:主砲、副砲三式弾、水偵
    • 長良:副砲、対潜セット(ソナー、爆雷)
    • 由良:副砲、対潜セット
    • 隼鷹:艦戦、艦戦、艦攻、彩雲
    • 龍驤:艦戦、艦戦、艦攻、対潜哨戒機
  • 第二艦隊
    • 足柄:副砲×2三式弾、夜偵
    • Z1:主砲×2、WG42(Wurfgerät 42)
    • 榛名:主砲、副砲三式弾、夜偵
    • 妙高:副砲×2三式弾、夜偵
    • 能代:主砲、水偵
    • リベッチオ:主砲×2、WG42(Wurfgerät 42)

あんまりうまい編成ではないですが……イタシカタナイ。

艦これブログオレの娘は不沈艦20151130-7

tちなみに J/M マスでは輸送艦がでてくるので、輸送関連の任務もこなせます……うれしくねーよ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

スポンサーリンク

ここからが本番

思った以上に資源を浪費してしまいましたが、これでギミック解除が完了。さっそくゲージを潰しに行きましょう。

艦これブログオレの娘は不沈艦20151130-8

ここからはイタリア艦は要りません。対地装備も外してしまいましょう。

編成例はこんな感じ。

  • 第一艦隊
    • 隼鷹:艦戦、艦戦、艦攻、艦隊司令施設
    • 大和:主砲、主砲、徹甲弾、水偵
    • 武蔵:主砲、主砲、徹甲弾、水偵
    • 長良:副砲、対潜セット(ソナー、爆雷)
    • 由良:副砲、対潜セット
    • 龍驤:艦戦、艦戦、艦攻、彩雲
  • 第二艦隊
    • 夕張:対潜セット
    • 駆逐:主砲、対潜セット(護衛退避で入れ替え)
    • 駆逐:主砲、対潜セット
    • 北上:副砲×2、甲標的
    • 大井:副砲×2、甲標的
    • 木曾:副砲×2、甲標的

第一艦隊で敵を粉砕し、第二艦隊の雷巡姉妹による夜戦でとどめを刺す感じ。開幕の手数が増えて一石二鳥ですね! 第二艦隊旗艦は「阿武隈改二」も候補に挙がるけれど、個人的には対潜装備の「大淀」か「夕張」がいいんじゃないかなって思いました。その理由を述べる前に、道中の敵編成を確認してみましょう。

スポンサーリンク

第一戦 D:潜水艦哨戒線 A群

艦これブログオレの娘は不沈艦20151130-9

いきなり潜水艦マス。たまに刺さる雷撃が痛い……。

【水上部隊】の場合、開幕雷撃を避けてしまえば、第一艦隊が専攻して第二艦隊の攻撃が終わるまで敵の攻撃を受けません。これが【水上部隊】のメリットかな?

第二戦 F:空母機動部隊 II群

艦これブログオレの娘は不沈艦20151130-12

新型艦載機搭載の空母ヲ級flagshipを旗艦とする艦隊。

たまーに「武蔵」が一撃大破させられたりしますが、問題なく通過できると思います(震え声

道中の支援があればかなり楽になります。

第三戦 I:空母機動部隊 I群

艦これブログオレの娘は不沈艦20151130-13

F マスに戦艦を加えて強くしたような艦隊。

たまーに「大井」あたりが一撃大破させられたりしますが、問題なく通過できると思います(震え声

第四戦 N:増援東洋艦隊 前衛潜水艦隊

艦これブログオレの娘は不沈艦20151130-10

第一戦でみたような潜水艦隊。対潜シフトを敷けば問題なく通過できますが、たまに「北上」あたりが一撃大破させられたりします(震え声

艦これブログオレの娘は不沈艦20151130-11

こういう時に便利なのが「艦隊司令部施設」を利用した「護衛退避」。実はボス戦は2隻ぐらいかけてても S 勝利が可能です(ただし、制空要員が欠けるとさすがにきつい)。ガンガン使っていくとよいと思います。

第五戦 O:東洋艦隊 増援部隊 司令旗艦

艦これブログオレの娘は不沈艦20151130-14

たぶん艦これでは初めてかな? とうとう潜水艦の姫・潜水棲姫が登場。潜水艦のくせに耐久が160もあるクソタフなところがチャームポイントです。

艦これブログオレの娘は不沈艦20151130-15

取り巻きのパターンは複数ありますが、戦艦棲姫が混じると割とめんどくさい。支援艦隊や大和型の徹甲弾で早めに打ち砕いておきたいところ。夜戦に入るまでに瀕死の潜水姫+戦艦姫が残る程度に掃討しておきましょう。

艦これブログオレの娘は不沈艦20151130-17

ちなみに、連合艦隊だと夜戦でも潜水艦にダメージが入るのであきらめずに。うちの司令部のように、第二艦隊を小艦艇のみで編成している場合は、夜戦でまず潜水艦を潰すために上の方に対潜艦を固めるとよいです。でないと、雷巡の夜戦火力が潜水艦に食われてしまいます(スクショはだめな艦隊編成例)。

  1. D:S勝利 → E → F:S勝利 → I:A勝利 → K → N:S勝利 → N → G(ボス):B勝利
  2. D:S勝利 → E → F:S勝利 → I:S勝利 → K → N:S勝利 → N → G(ボス):S勝利
  3. D:S勝利 → E → F:S勝利 → I:S勝利 → K → N:S勝利 → N → G(ボス):B勝利(「龍驤」退避)
  4. D:S勝利 → E → F:S勝利 → I:A勝利 → K → N:S勝利 → N → G(ボス):S勝利(「北上」退避)
  5. D:S勝利 → E → F:S勝利(「武蔵」大破撤退)
  6. D:S勝利 → E → F:S勝利 → I:S勝利 → K → N:S勝利 → N → G(ボス):S勝利(ゲージ削り切る)
  7. D:S勝利 → E → F:S勝利 → I:A勝利 → K → N:S勝利 → N → G(ボス):A勝利(「大井」退避)

計7戦出撃。支援なしでも S 勝利は不可能ではなかったけれど、道中だけでもダスト安定感が増すかも。ボスが潜水艦だと、ターゲッティングガウンに左右されなくなるので、精神的には楽です。

クリア報酬

艦これブログオレの娘は不沈艦20151130-18

クリア報酬は……

艦これブログオレの娘は不沈艦20151130-19

「熟練搭乗員」が二人!! 二人も!

艦これブログオレの娘は不沈艦20151130-20

そして、ドイツの新型艦載機「Fw190T改」。性能が楽しみだ……

あとは勲章と洋上補給、改修資材8個などでした。

艦これブログオレの娘は不沈艦20151130-24

それでは、次回はファイナルステージでお会いしましょう。

おまけ

  1. D:S勝利 → E → F:S勝利 → I:S勝利 → K → N:S勝利 → N → G(ボス):S勝利
  2. D:S勝利 → E → F:S勝利 → I:S勝利 → K → N:S勝利 → N → G(ボス):S勝利
  3. D:S勝利 → E → F:S勝利 → I:A勝利 → K → N:S勝利 → N → G(ボス):S勝利
  4. D:S勝利 → E → F:S勝利 → I:S勝利 → K → N:S勝利 → N → G(ボス):S勝利
  5. D:S勝利 → E → F:S勝利 → I:A勝利 → K → N:S勝利 → N → G(ボス):S勝利

道中支援のみ出して、ボス撃破後5戦目でグラーフ・ツェッペリンをゲット。運が良かったデス。

艦これブログオレの娘は不沈艦20151130-25

資源の消費は、燃料21,000、弾薬15,000、鋼材13,000、ボーキサイト2,000、バケツは92個でした。

 

ケッコンカッコカリでポチっとお願いします(*´ェ`*)

艦隊これくしょん~艦これ~・攻略ブログ

 

文・ やなぎ ひでとし(33歳、独身♂)

スポンサーリンク

1980年、大阪府大阪市で爆誕。中学・高校時代は伊賀、大学時代は京都で過ごしたため、あちこちの言葉が混じった怪しい関西弁を操る。
現在は東京・千葉を経て、愛媛・松山に在住。普段はWindowsソフトウェアを専門とするフリーライターと、舞鶴鎮守府サーバーの提督(大将)の二足わらじ。
中国史(とくに春秋戦国時代など)が割りと好物で、好きな人物は漢の光武帝、尊敬するのは管仲・晏嬰。コーエイの『三国志』シリーズではもっぱら馬騰で遊んでいる。日本の武将では武田信玄が好き。

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-艦これブログ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.