日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

艦これブログ

【艦これブログ】第158隻 艦これ2015秋イベント E-5 バニラ湾沖 前編

更新日:

とうとうファイナルステージ!……なのですが、ちょっとこれ見てくださいよ。

艦これブログオレの娘は不沈艦20151203-3

今月(11月)はイベントがあるせいか、ランキング500位のボーダーがちょっと低いみたいで、知らないうちにいい位置につけていました。

そんなわけで、イベントをほったらかして 5-4 の周回をしていました。

なぁに、E-5 は資源の消費が少ないから(後述)、多少浪費してしまってもちゃんと完走できますよ(慢心)

結局、11月は 5-4 を 132周しました(その前の月だと 150周 ぐらいがボーダーでしょうか?)。ちょっとボーダーギリギリかなって気がしますが、500位以内が狙えそうって気づいたのが遅かったからシカタナイ。ダメならだめであきらめるしかないでしょう。

とはいえ、ちょっと期待しちゃったりしてますけど (^ω^)

マップ概要と史実の復習

さて、今度こそファイナルステージの話です! このマップの元ネタは「ベラ湾夜戦」です。

艦これブログオレの娘は不沈艦20151203-5

舞台はソロモン海に浮かぶニュージョージア、コロンバンガラ、ベラ・ラベラなどの島々(地図に書き込んだ諸々は、割と適当です。すみません)。

艦これブログオレの娘は不沈艦20151203-6

1943年7月、アメリカ軍はレンドバ島、ニュージョージア島へ相次いで上陸。しかし、迎え撃つ日本海軍も、5日夜のクラ湾夜戦(三水戦が海戦に勝利するも輸送には失敗)、12日夜のコロンバンガラ島沖海戦(二水戦の増援を得て海戦に勝利、「神通」を喪失)で第36.1任務群に打撃を与え、ソロモン方面で活動している米海軍でまともな戦力を有しているのは第36.9任務群のみになりました。

――これはチャンス!

とばかりに日本海軍は重巡洋艦を繰り出し、第36.9任務群を掃討しようとしましたが、第36.9任務群は違い海域に展開していたためこれは空振り。かえって陸上基地からの夜間爆撃を受けて退却する羽目になりました。

敵に制空権を握られてしまった日本海軍は、コロンバンガラ島への補給ルートをベラ湾・ブラケット水道経由へスイッチ。所謂「東京急行」でコロンバンガラ島への補給を継続します。

  • ブイン輸送隊:軽巡洋艦「川内
  • コロンバンガラ輸送隊:駆逐艦「萩風」、「嵐」、「江風
  • 警戒隊:駆逐艦「時雨

対する米軍の手持ちは、レンドバ島の魚雷艇のみ(このうち一隻には若き日のケネディが乗っていました)。これでは「東京急行」を防ぐことはできません。そこで、第31.2任務群の駆逐艦6隻をかき集めて投入。日本の動きをあらかじめ把握していた米軍は、日本のコロンバンガラ輸送隊を夜戦で全滅させました(米軍の被害艦艇はゼロ)。

これまで夜戦でやられ続けていた米軍にとっては、自信のつく一銭だったと言えるでしょう。

** 拡張作戦:Final Stage**
乗り越えろ!バニラ湾夜戦!

提督!緊急電です!敵の増援が著しく、コロネハイカラ島への最終海上輸送作戦の要を認めます!精強な水雷戦隊による夜間輸送作戦を緊急実施、「海上輸送作戦」を完遂せよ!
「海上輸送作戦」も、いよいよ最終段階です!
艦隊の一層の健闘を期待致します……水雷戦隊、出撃せよ!

軽巡旗艦と複数の駆逐艦等から成る緊急輸送部隊を編成、作戦海域への夜間海上輸送作戦を実施せよ! ※旗艦軽巡と駆逐艦中心の水雷戦隊編成の出撃です。
※旗艦以外に巡洋艦級の艦艇を1隻配備可能です。
※「通常艦隊」作戦海域です。

最終ステージはこれを再現したものになっていて、敵は駆逐艦と魚雷艇(PT小鬼群)との夜戦がメイン。史実に登場する「川内」「江風」「時雨」がいれば、敵の少ないルートでボスまで行けます。

ちょっと注意しなければならないのは、 輸送作戦+ゲージ破壊 の二本立てになっていて、実質は2ステージ分のボリュームがあります。弊司令部のように 5-4 周回などとうつつを抜かしていると、時間が足りなくなってイベントの完遂が危ぶまれますのでご用心。

今回は 輸送作戦 のクリアを目指します。

艦これブログオレの娘は不沈艦20151203-4

ちなみに、難易度は【甲作戦】。このイベントでも甲勲章取りに行くぞ!(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

スポンサーリンク

編成とルート

艦これブログオレの娘は不沈艦20151203-7

前述通り、「川内」「江風」「時雨」がいれば A(能動分岐)→ C(敵影なし) → G(1戦目) → J(2戦目:夜戦) → K(物資揚陸) → L(3戦目:夜戦) → N(ボス)までが固定。ただし、 L → N に偵察エフェクトがあって、ある程度の索敵値が求められるので注意。水偵2機もあれば十分のようですが、索敵値の低い夜偵を使っている場合や、水偵が積めない雷巡を組み込んでいる場合は注意しなければなりません。

  • 「川内」(軽巡旗艦):主砲×2、夜偵
  • 「利根」(自由枠):主砲×2、夜偵、瑞雲(つよいやつ)
  • 「時雨」:(ルート固定駆逐)主砲×2、照明弾
  • 「夕立」:主砲×2、照明弾
  • 「白露」:ドラム缶×3
  • 「江風」:(ルート固定駆逐)ドラム缶×3

うちの編成はこんな感じ。

自由枠は瑞雲で制空がとれる航空巡洋艦にしましたが、打撃力では雷巡が上のようです(ただし、ドラム缶・水偵を積無スペースがなくなります)。戦闘ゲージ削りは雷巡でもいいかもしれないですね。

駆逐艦はドラム缶ガン積みでも、道中の夜戦ならば割とダメージは出るようなので、2隻をドラム缶専門にしちゃいました。でも、ボスへの攻撃は全くできなくなるので(夜戦で連撃ができない)、火力不足を感じるなら、ドラム缶を削る方向で。

1戦目 G:輸送部隊迎撃部隊 前衛哨戒艦隊

艦これブログオレの娘は不沈艦20151203-8

なんということもない水雷戦隊にみえますが、たまーに攻撃がヒットして傷つきます(「夕立」ちゃん! なにしてんの!!)。

できれば、雷撃戦までに相手をすべて潰しておきたいところですが、残り2戦がすべて夜戦なので、道中の支援は微妙かな……来なかったら悔しいし!!

2戦目 J:伏撃部隊 精鋭駆逐隊

艦これブログオレの娘は不沈艦20151203-9

夜戦マス、その一。駆逐ハ級後期型elite はなかなか強くて、ここでの大破は珍しくありません(「川内」! 旗艦スナイプされんなよ!!)。

夜偵・照明弾などの夜戦道具でなんとか事故率を下げたいものです。敵の攻撃が集中する探照灯はちょっと使いづらいと感じましたが……どうでしょう?

3戦目 L:深海補給船団

艦これブログオレの娘は不沈艦20151203-10

夜戦マス、その二。補給艦がいっぱいいるので、任務「ろ号作戦」の消化にピッタリです。しかし、この補給艦が侮れない。たまにカットイン攻撃で大破させてくるので油断は禁物です。

あと、PT 小鬼群が混じっているパターンもあります。航空巡洋艦では攻撃が当たらない(副砲にすればよいが、ボス戦では主砲の打撃力がほしい)のがキビシイ。

4戦目 N:伏撃部隊集団 旗艦

艦これブログオレの娘は不沈艦20151203-11

ボスは「駆逐水鬼」。駆逐艦のくせに鬼装甲で、なかなかダメージが通らない!

艦これブログオレの娘は不沈艦20151203-12

よって、決戦支援があるといいです。雑魚を1隻か2隻潰してくれると、夜戦で「駆逐水鬼」に攻撃を集中できます。

艦これブログオレの娘は不沈艦20151203-13

随伴は、PT小鬼群がいるパターンと、駆逐艦(つよい)がいるパターンの2つ。どっちも支援なしでは昼戦だけで潰すのは難しく、うち漏らすと雷撃戦でかなり大破・中破を出すことになります。

スポンサーリンク

戦闘経過

19戦で輸送ゲージ撃破。ボス到達率は 47% と五割を切ってしまいました。

  1. A → C → G:S勝利 → J:A勝利(「夕立」大破撤退)
  2. A → C → G:S勝利 → J:A勝利 → F → L:A勝利 → M:ボス A勝利
  3. A → C → G:S勝利 → J:A勝利 → F → L:S勝利 → M:ボス A勝利
  4. A → C → G:S勝利 → J:A勝利 → F → L:A勝利(「江風」大破撤退)
  5. A → C → G:S勝利(「川内」大破撤退)
  6. A → C → G:S勝利 → J:A勝利 → F → L:B勝利(「白露」大破撤退)
  7. A → C → G:S勝利 → J:A勝利(「夕立」大破撤退)
  8. A → C → G:S勝利 → J:S勝利 → F → L:A勝利 → M:ボス A勝利
  9. A → C → G:S勝利 → J:A勝利 → F → L:A勝利 → M:ボス S勝利
  10. A → C → G:S勝利 → J:A勝利 → F → L:A勝利(「夕立」大破撤退)
  11. A → C → G:S勝利 → J:A勝利(「時雨」大破撤退)
  12. A → C → G:S勝利 → J:A勝利 → F → L:A勝利 → M:ボス A勝利
  13. A → C → G:S勝利 → J:A勝利 → F → L:A勝利 → M:ボス A勝利
  14. A → C → G:S勝利(「夕立」大破撤退)
  15. A → C → G:S勝利 → J:A勝利(「夕立」大破撤退)
  16. A → C → G:S勝利 → J:A勝利 → F → L:A勝利 → M:ボス A勝利
  17. A → C → G:A勝利 → J:S勝利 → F → L:A勝利 → M:ボス A勝利(「夕立」大破、ダメコン未消費)
  18. A → C → G:S勝利(「利根」大破撤退)
  19. A → C → G:S勝利 → J:S勝利 → F → L:S勝利 → M:ボス A勝利

だいたい「夕立」のせいですね!

艦これブログオレの娘は不沈艦20151203-16

すっかり忘れていたのですけど、ウチの「夕立」には穴をあけてあって(設備増強)、ダメコンを追加搭載できました。17戦目ではそれを頼りに大破進撃してみましたが、ダメコンは消費せずに済み、ボスにも A 勝利できました。

もし手詰まりになっているのならば試してみてもいいかも。

艦これブログオレの娘は不沈艦20151203-14

ちなみにドラム缶6個の場合、 A 勝利で輸送物資量は 39。ボスまで10回ぐらい行かなければならない計算ですね。

艦これブログオレの娘は不沈艦20151203-15

今回は一度だけ S 勝利がとれたのですが、その場合で輸送物資量 56 をゲット。おかげで9回通うだけで済みました。

艦これブログオレの娘は不沈艦20151203-17

これでこのステージの前段は終了。

艦これブログオレの娘は不沈艦20151203-18

資源消費は、燃料1,800、弾薬1,700、鋼材は遠征でむしろ増えた……。ボーキサイトは300。バケツの消費は46と意外に少なかった感じです。一戦につき2.5個の消費ですね。もっとも途中で一隻だけ大破して、ボスまで行けなかったパターンが多かったからかもしれないですが。

それでは、次回は戦闘ゲージを破壊し、このイベントに幕を下ろすことにいたしましょう。それでは~

おまけ:ドロップ

艦これブログオレの娘は不沈艦20151203-19

このマップは A 勝利でも割とレア感がドロップするみたい。ウチは「三隈」をゲットしました!

 

 

ケッコンカッコカリでポチっとお願いします(*´ェ`*)

艦隊これくしょん~艦これ~・攻略ブログ

 

文・ やなぎ ひでとし(33歳、独身♂)

スポンサーリンク

1980年、大阪府大阪市で爆誕。中学・高校時代は伊賀、大学時代は京都で過ごしたため、あちこちの言葉が混じった怪しい関西弁を操る。
現在は東京・千葉を経て、愛媛・松山に在住。普段はWindowsソフトウェアを専門とするフリーライターと、舞鶴鎮守府サーバーの提督(大将)の二足わらじ。
中国史(とくに春秋戦国時代など)が割りと好物で、好きな人物は漢の光武帝、尊敬するのは管仲・晏嬰。コーエイの『三国志』シリーズではもっぱら馬騰で遊んでいる。日本の武将では武田信玄が好き。

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-艦これブログ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.