日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

艦これブログ

【艦これブログ】第222隻 迎撃!第二次マレー沖海戦 【前段作戦】南西海域 エンドウ沖

投稿日:

 

前回(【艦これブログ】第221隻 迎撃!第二次マレー沖海戦 【前段作戦】南西海域 ブンタン沖……の掘り | )、無事「伊26」のゲットに成功した俺提督。編成はそのまま、難易度を甲に変更してそのままストレート突破を果たす。

――で、あとで知ったんだけど、「伊26」って他の海域でもドロップするのな。

まぁ、潜水艦は同じのを数隻持っておきたいし、ここでの努力は無駄ではなかったと自分に言い聞かせおります(号泣

艦これブログ20160818-2

ちなみに E-1 甲の報酬は、給糧艦「間宮」×1、給糧艦「伊良湖」x3、戦闘糧食x2、大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)。

艦これブログ20160818-3

そして、「一式陸攻 三四型」でした。

正直、「一式陸攻 三四型」はそんなに強くないので乙でクリアしてもいいかなって思ったのですが、図鑑を埋めたかったのと、前回のイベントの前半を低難易度でクリアしたせいで陸攻の層が少し薄かった。あと、乙・丙作戦での感触で、甲も大して難しくなさそうだと判断したので、あえてゲージをリセットして甲で突破しました。

というわけで、今回は E-2 にチャレンジだ!

南西海域 エンドウ沖

艦これブログ20160818-4

第二次エンドウ沖海戦

提督、哨戒部隊が作戦海域の敵潜制圧に成功しました。
前線に陸戦部隊と補給物資の揚陸が可能です。
輸送部隊を編成し、前線近くの防衛線に揚陸作戦を実施、前線を支えましょう!
揚陸地点付近では強力な敵艦隊との会敵も予想されます。
基地航空隊による支援・上空直援を受けつつ、前線への揚陸作戦を敢行せよ!輸送部隊、抜錨!

艦艇による輸送部隊を編成し、前線近くの防衛線に陸戦部隊及び補給物資を揚陸せよ!
※「通常艦隊」作戦海域です。
※艦隊編成によって、進撃航路は大きく変わります。
※本作戦では基地航空隊を運用可能です。

「通常艦隊」による輸送任務。比較的戦力の薄い輸送艦隊を、「基地航空隊」の援護で揚陸ポイントまで護衛する感じのマップですな。

輸送任務を忘れかけている提督もいらっしゃると思うので、ここで少し復習すると――

艦これブログ20160818-5

  • 揚陸ポイントで残存艦が積んでいる物資(TP)をカウント
    • ドラム缶や大発はポイントが高い
    • 輸送艦や駆逐艦が運ぶとポイントが高い

艦これブログ20160818-6

  • ボス戦で A 勝利以上をおさめる
    • TP に応じてゲージが減る
    • ゲージを削り切ればクリア。ボスを仕留める必要はない

みたいな感じ。

艦これブログ20160818-7

ルートの固定も可能ですが、ちょっと条件はめんどくさい。結論だけ知りたい場合は、

水母1+軽巡1+駆逐3+航巡1

の編成がお勧め。駆逐艦が少なかったり、空母を入れると逸れるようです。あと、ある程度の索敵値を要求されるので注意。まぁ、巡洋艦が一般的な装備(主砲×2+水偵)をしていればそれほど深刻に考える必要もないみたいですが。

艦これブログ20160818-8

うちの編成はこんな感じ。

  • 水上機母艦「千代田甲」(Lv.95 → 96):二式水戦、ドラム缶(→瑞雲)、甲標的
  • 航空巡洋艦「利根改二」(Lv.98):主砲×2、瑞雲、瑞雲
  • 軽巡洋艦「川内改二」(Lv.126):主砲×2、夜偵
  • (防空)駆逐艦「初月改」(Lv.83):対空カットイン
  • 駆逐艦「江風改」(Lv.82):大発(九六式戦車)×2、ドラム缶
  • 駆逐艦「皐月改二」(Lv.83):大発(九六式戦車)×2、ドラム缶

E-3 で最上型航巡や史実に関係する艦が必要になるという噂を聞いたので、それは外した編成にしています。あえて「利根」にしていたり、駆逐艦をマレー沖海戦に関係なさそうな艦にしておいたり。

対空のために水戦をいれたり、駆逐艦の1隻を対空カットインにしておくと、事故率が少し下げられるみたい。あとは大発をガン積み(九六式戦車付きがいいみたい)。大発が潤沢にあればドラム缶は詰まなくていいのですが、足りないので仕方ない。

艦これブログ20160818-9

このマップは

  1. Fマス:潜水艦(単横陣でしのげる)
  2. Gマス:水雷戦隊
  3. Hマス:航空戦(輪形陣でしのぐしかない)
  4. Iマス:軽空母付き艦隊
  5. ボス

みたいな感じで、支援艦隊 or 基地航空隊で大破撤退率を低減するなら G と I を手当てするしかないですね。運任せの支援艦隊よりは、基地航空隊の配備で済ませてしまうのがいいかなと個人的には思います。ただ、ボスでキッチリ S 勝利を狙いたいなら、道中は支援艦隊に任せ、基地航空隊はボスマスに集中させてもいいかも。

艦これブログ20160818-10

「戦艦夏姫」は割と厳ついですけど、

艦これブログ20160818-11

航空戦力が皆無なのでそんなに怖くなかったり。

結局、11戦の出撃で終わりました。

  1. F:A → G:S(大破撤退)
  2. F:A → G:S → H:A → I:A → ボス:S
  3. F:A → G:S → H:B(大破撤退)
  4. F:A → G:S → H:C(大破撤退)
  5. F:A → G:S → H:A → I:B → ボス:A
  6. F:A → G:S → H:A → I:C(大破撤退)
  7. F:B → G:S → H:A → I:A → ボス:A
  8. F:B → G:S → H:A → I:S(大破撤退)
  9. F:A → G:S → H:S → I:B → ボス:A
  10. F:B → G:S → H:A → I:A → ボス:A
  11. F:A → G:A → H:S → I:A → ボス:A

3戦目と4戦目は「千代田」を旗艦から外し、より攻撃力の高い艦を据えて旗艦ボーナスを得ようと思ったのですが、道中でやたら大破するのでひっこめました( ノД`)シクシク…

艦これブログ20160818-12

あと、ボスの耐久を1だけ残してしまうパターンが2回もあって、思ったように S 勝利が取れなかった……。これはめんどくさがらずに支援を出せば簡単に解決できると思います。

艦これブログ20160818-13

報酬は特注家具職人、勲章、補強増設x2、三式戦 飛燕一型丁。三式戦は今後の戦いで役に立ってくれそう。

艦これブログ20160818-14

そして睦月型駆逐艦「水無月」。ロリ提督、大歓喜!

基地の第二航空隊も解放されて、次回は前段作戦の最終、E-3。次も頑張っていきまっしょい!

 

ケッコンカッコカリでポチっとお願いします(*´ェ`*)

艦隊これくしょん~艦これ~・攻略ブログ

文・ やなぎ ひでとし(33歳、独身♂)

スポンサーリンク

1980年、大阪府大阪市で爆誕。中学・高校時代は伊賀、大学時代は京都で過ごしたため、あちこちの言葉が混じった怪しい関西弁を操る。
現在は東京・千葉を経て、愛媛・松山に在住。普段はWindowsソフトウェアを専門とするフリーライターと、舞鶴鎮守府サーバーの提督(大将)の二足わらじ。
中国史(とくに春秋戦国時代など)が割りと好物で、好きな人物は漢の光武帝、尊敬するのは管仲・晏嬰。コーエイの『三国志』シリーズではもっぱら馬騰で遊んでいる。日本の武将では武田信玄が好き。

 





わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-艦これブログ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.