歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

歴史・戦国NEWS

全編英語の時代劇ミュージカル『サムライオペラ』Youtubeで公開中!

更新日:

「さぁさぁ、寄ってらっしゃい見てらっしゃい!
ここに貼り付けたYoutube画像ときたら、変わってるのなんの。
お侍さんの世界を全編英語でやっちまおうってんだから、びっくり仰天屁の河童!」

前代未聞の時代劇ミュージカル!

えーと、のっけから変な口上を聞かせてしまい、申し訳ありません。私、BUSHOO!JAPAN編集長の五十嵐利休と申します。

このたび、Youtubeで配信中の『サムライオペラ』をご紹介させていただくこととなりまして。こちら、全編英語のミュージカル短編映画になります。

( ゚д゚)ポカーン?

皆さんが、こんな顔を浮かべているのがわかります。わかりますとも!

英語ってのは、もちろんEnglishのことで、ミュージカルとは、タモさんの嫌いなあのミュージカルのことです。

サムph2

この前代未聞のアイデアは、映画監督の大川祥吾監督が、歴史専門の劇団「歴史新大陸」の局長・後藤勝徳さんに声をかけたのがキッカケでした。

「以前から温めていたんですが、サムライオペラって企画、どうですかね。時代劇をミュージカル仕立てにするんです」
「え、なんか面白そうじゃん。どうせだったら全編英語でやっちゃおうよ」
「マジすか? 江戸時代の話ですよ」
「いいの、いいの。Youtubeなら全世界の人が見るから英語でいいんだよ」

なるほど、それはストレートなご意見。

スポンサーリンク

静かなれども熱い芯をもった武士道

後藤勝徳局長は劇団「歴史新大陸」を率いて、2008年から毎年時代劇を上演しておりますが、同時にYoutubeでも短編映画を公開し、その反応に手応えを感じておりました。

この御二方は、以前にも『仇討ち』、『三匹』というインディーズ時代劇を制作し、Youtubeに短編映画として公開していた経験があったのです。

サムph3

そのため、英語の時代劇ミュージカルという前代未聞の取り組みにも、躊躇なくチャレンジできたと言います。

「浪人もお代官様も越後屋も町娘も、みんな英語で歌います」(大川監督)

一体、どんな世界になっているんだ!?

もちろん、サムライの世界を描くワケですから、ただ単に英語で時代劇ということではなく、物語の奥底には「静かなれど、熱い芯を持った武士道・日本人の魂」を、この短編映画で大川監督と後藤局長は訴えたいと申しております。

「覚えてやがれ!」が「This isn’t over!」に

百聞は一見にしかず!

興味のある方はどうぞポチッとどうぞ^^

時代劇では定番の「覚えてやがれ!」が「This isn’t over!」に。忍者達は「NIN!NIN! NIN! NIN!」と見ている側にとっては英語の勉強にもなります。

せっかくですから、この記事も、私の拙い英語で〆させていただくこととします。
それでは皆さんよろしくです♪

Hurry! Hurry! Hurry!
How about you, Miss?
Step right this way.
(寄ってらっしゃい見てらっしゃい!※英語学習アルクさんのHPから引用

サムph1




スポンサーリンク


サムライオペラ公式HP
サムライオペラFacebookで舞台裏
株式会社スイッチ
劇団歴史新大陸

 



-歴史・戦国NEWS

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.