日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

「最古の古墳を宮内庁保存」とのキャプションで、最新の前方後円墳の写真を掲載する佐賀新聞HP

スポンサーリンク

歴史・戦国NEWS

箸墓古墳の最古の写真から見る太古の森幻想(と佐賀新聞等の”誤報”)

更新日:

こんにちは、歴史作家の恵美嘉樹です。

本日(5月19日)の新聞朝刊に「最古の古墳写真、宮内庁に保存 明治9年撮影(共同通信)」という記事が載っています。

この記事によると、古墳への植林が始まる前、明治20年代に撮影された疎林状態の箸墓古墳写真を発見。本来の姿を確認できる貴重な資料となっているとのことです。

古墳と言えば、樹木があふれんばかりのブロッコリー状態になっており、これは箸墓だけでなく、全国の陵墓・陵墓参考地に指定された古墳がそうです。

実はこの状態、はっきりいって危険です。もともと人工の丘ですから斜面はもろく、とても大木の森を養えるものではありません。木の根によってどんどんと破壊されてしまうし、実際にそうなっているでしょう。

「神社の杜」でもすでに明らかにされていますが、本来、里山というのは現在のような「トトロ」風ではなく、疎林公園であったということです。それは樹木が「石油」エネルギー代わりだったから常に一定数が伐採されており、聖なる森というのは幻想にすぎません。参照:太田猛彦「森林飽和」(NHKブックス)

宮内庁は早く【聖地=生い茂った森】という一般にも流布している幻想から脱却して、遺構とお墓を守るために木を切るという方針に転換したほうがいいのではないでしょうか。

なお、紙面には写真がでていたのですが、ネットで探すと、この記事を佐賀新聞が(※追記 中国新聞や沖縄タイムスも)とんでもない「誤報」をしていましたね(笑)

箸墓として使っている写真が、見瀬丸山古墳の空撮になっています。

箸墓古墳は「最古の大型前方後円墳」、一方、見瀬丸山古墳は飛鳥時代の「最後の大型前方後円墳」 です。きっと、ネット用に「古墳イメージ」として安易に使ったのだと想像しますが、古墳ファン的には、壮大な間違いです。きっと古墳シンガーまりこふんさんが黙っていないでしょう笑

 

「最古の古墳を宮内庁保存」とのキャプションで、最新の前方後円墳の写真を掲載する佐賀新聞HP

「最古の古墳を宮内庁保存」とのキャプションで、最新の前方後円墳の写真を掲載する佐賀新聞HP

沖縄タイムスや・・・

沖縄タイムスや・・・

中日新聞も・・・

中日新聞も・・・

 

とはいえ、実はこの写真は重要な示唆に富んでいるのです。

ピンクの丸が後円部、水色が前方部

ピンクの丸が後円部、水色が前方部

見瀬丸山古墳は右のほうだけブロッコリー状態で、左上にかけての前方部は芝生のようになっていますよね。
これは見瀬丸山古墳は、宮内庁が円墳と勘違いして後円部だけを陵墓参考地に指定してからです。後円部は木がぼうぼう、前方部はたぶん橿原市だと思いますが、ちゃんときれいに整備して、墳丘が崩れないようにしているのです。

そこまで考えて、この写真を出したのだとしたら、やるな共同通信。

以下、引用です。

 卑弥呼の墓説がある奈良県桜井市の箸墓古墳(3世紀中ごろ~後半)など同県の天皇陵や皇族墓計44カ所を1876年(明治9年)に撮影した写真と原板が宮内庁に保存されていることが18日、分かった。同庁書陵部によると、日本で最古の古墳写真という。

箸墓古墳は明治20年代に植樹されて樹木が密集しているが、撮影当時は木が少なく、墳丘本来の姿を鮮明にとらえた唯一の写真。謎の多い大王墓の構造を知る資料になりそうだ。

写真は計59枚あり、「大和御陵写真帖」と題するアルバムにまとめられていたが退色が進んだため、書陵部が2011年度に原板のガラス湿板をデジタル化、画像を復元した。早ければ来年にも宮内公文書館で一般に公開する。

書陵部によると、明治政府が奈良県に依頼し、官民合同の奈良博覧会社が撮影した。目的は不明。これまで一般的に知られていた最古の写真は1879年(明治12年)に旧大蔵省が撮った大山古墳(仁徳天皇陵、堺市)だった。

最古の大型前方後円墳とされる箸墓古墳は、特異な4段構造の墳丘や後円部頂上に築かれた巨大な円壇(直径45メートル、高さ5メートル)が写っていた。

円壇は埋葬施設を覆う特別な施設とされる。4段の墳丘と合わせ、5段に見えるこうした構造は他に例がない。前方部は後の開墾で形状が変わり、論争が続いていたが、後円部と同じ4段だったことが分かる。

また奈良県最大の前方後円墳である丸山古墳(当時は天武・持統天皇陵、現陵墓参考地、橿原市)も樹木がまばらで、後円部の平らな頂上が写っていた。現在は道路や住宅で切断されている前方部の巨大さもよく分かる。

写真には、野口王墓古墳(当時は文武天皇陵、現天武・持統天皇陵、明日香村)、宝来山古墳(垂仁天皇陵、奈良市)のほか、春日大社(奈良市)と談山神社(桜井市)もあった。〔共同〕

 

想像ですけど、最後から2段落目以降に、ほかの古墳が羅列されていますが、その一つとして記者が提出したものを、「最古の古墳」ってキャプションをつけて流してしまったんでしょうかね。

スポンサーリンク

恵美嘉樹・記(歴史作家)

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-歴史・戦国NEWS
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.