歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

歴史・戦国NEWS

縄文人の血を引く皆さん! お肌のシミにはご注意ください…

投稿日:

化粧品大手のPOLAは9日、縄文人は肌にシミのできやすい遺伝子を持っており、現代人でもその特徴の多い人はシミができやすい体質だとする研究結果を発表した。国立科学博物館と山梨大学との共同研究だった。

左が縄文人タイプで右が弥生人タイプ。あなたはどちら?/POLA公式サイトより引用

左が縄文人タイプで右が弥生人タイプ。あなたはどちら?/POLA公式サイトより引用

POLAによると、肌にシミができるかどうかは、メラニン生成に関わるMCIRという遺伝子に影響されていて、シミ型と通常型がある。

そのうち縄文人はシミ型遺伝子を100%の割合で有しており、現代人でも縄文人の特徴が色濃く反映されていればいるほど、よりシミのできやすい体質であることが判明した。

そこで気になるのは「いったい自分は、縄文人と弥生人のどちらなのか?」ということ。

現代日本人のルーツは縄文人と弥生人からなっており、どちらの血を色濃く受け継ぐかは人それぞれである。

POLAでは、縄文人の具体的基準として「目が二重」とか「耳垢がしっとり」あるいは「髪がくせ毛か?」など8項目のチェックで判断しているが、その中には「ウインクをするとき、両目とも唇のカタチを変えずにできるorできない」なんてのもある。

唇のカタチを変えずにできる人なんているのか? と瞬時に思ってしまった筆者は「縄文スコア(縄文人の度合いを示す)」が結構高いのかもしれない。

果たして皆さんはドチラでしょうか。

縄文スコアはこちらでチェック/POLA公式サイトより

縄文スコアはこちらでチェック/POLA公式サイトより

 




スポンサーリンク


参考:POLA「縄文人はシミのリスクが高い肌であった可能性が判明

 

 



-歴史・戦国NEWS

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.