日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

歴史・戦国NEWS

やっぱり大きいローマ帝国!エチオピアで美女の墓から古代ローマの鏡や香水の瓶が!

更新日:

 

エチオピアの北東部のアクスムという場所で、2000年前のローマ時代の鏡などが発掘されました。ローマ帝国の影響力の広さが改めて再確認される格好となり、話題となっています。

英国のガーディアンが報じています(2015年6月7日付け)

「眠れる美女」が発掘

サイトより写真を引用させて頂きます。アクスムはエチオピアとエリトリアの国境にあり、ヨーロッパとインドの交易の中継地点としてアクスム王国が繁栄しました。

大英博物館の元キュレーターであるルイス・スカウフィールド氏を団長とする発掘チームが現地入りし、1〜2世紀頃の墓地を掘ってみたところ「とてつもない」埋蔵物が出てきたのだそうです。アクスムとローマが交易をし始めた時期が従来考えられていたよりも数百年早かった事も、この出土で明らかになったのでスカウフィールド氏は取材に対し「全ての墓地から毎日のように様々な出土がある。本当に驚かされている。何かが見つかるだろうとは思っていたが、まさかここまでとは」と、大変興奮した口調です。

特に興奮させられたのが、上記の「眠れる美女」の発掘。副葬されている品々から、生前は美しく、愛されていたのだろうと推定されるからだそうです。

その1つがこれ。サイトより写真を引用させて頂きます。香水の瓶との事ですが、ご覧の通り精巧な作りです。「美しいブロンズの指輪と、驚くしかないローマ時代のブロンズの手鏡が出土した。墨のアイライナーの塊とブロンズの化粧用スプーンなども一緒だった」

この他、ビーズのネックレスやベルトも出土しました。宝石の質の高さから、かなりの地位の人だったと推測されるそうです。

また、ローマ時代の酒瓶が2個、完全な形で出土した他、土器の水差しも出てきました。スカウフィールド氏は、今後の分析を待たねばならないものの、死後の世界に必要な生活用具として副葬されたのではないかと考えられるとしています。

ちなみに、「眠れる美女」は切り立った崖に刻み込まれるような格好で埋葬されており、それで今まで盗掘されなかった模様です。

発掘団は、大きな鉄の腕輪をした戦士の遺体を複数発見しています。アクスムの近くで起きた戦闘で無くなったものとみられています。

また、これとは別に着色ガラスのビーズによるネックレスをまとった女性の遺体なども発見しています。

 

スポンサーリンク

発掘したのは凄腕の女インディー・ジョーンズ?

このスカウフィールド氏は女性なのですが、2012年にも大発見しています。この地域で、あのシバの女王の謎を解き明かすかもしれない古代の金鉱を発見したと、オブザーバー紙の取材に答えているからです。何だか、女インディー・ジョーンズって感じの方のようですね。

「エチオピアは伝説に包まれた謎の地だが、余り多くの事は分かっていない。アクスム時代後期に当たる4世紀から5世紀に、ローマとの交易が増えるに連れてキリスト教を受け入れていた事は分かっている。しかし、今回の発見は、それよりも早い時代のものだ。途轍もなく貴重な品々がローマ帝国からアクスムまでやって来ていたのだ。しかも、考えられていたよりも数百年も早く」(スカウフィールド氏)。

ちなみに、アクスムからローマに渡った品としては、象牙や乳香、それに金属などが考えられるそうです。

なお、今回の発掘は10月に開館予定のドイツの博物館が資金を出したそうです。発掘に当たっても9人の担当者を現地に派遣しており、見つかった鏡などがドイツに送られるそうです。この他、英国のヘッドレー財団やティグレー財団も出資しています。慈善財団で、この地域の今後の発展を願っての事だったそうです。

こうやって、世界的に注目されたのですから、生きた金になりましたね。良かった良かった。

スポンサーリンク

南如水・記

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-歴史・戦国NEWS
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.