日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

歴史・戦国NEWS

フロリダ沖で300年前の嵐で沈んだスペイン船からまたも金塊ザクザク300枚!

投稿日:

さぁみんな!フロリダで宝探ししようぜ!

フロリダは良いですね! 年中暖かいし、ビキニ姿のお姉さんが、この季節はプリプリと歩いてるし、その上、お宝と来たもんだ。先日も300年前にフロリダ沖で沈んだスペイン船から1億円超の金貨がザクザク!という記事を書いたばかりなのに、あれとは別に450万ドル相当のコインが300枚以上も見つかったってんですから。

テキサスのKHOU.comというサイトが報じています(2015年8月19日付け)。
映像を引用させていただきます。どうも、日本人のダイバーっぽい(テレビのTBS?)ですよね。だったら尚更、ウカウカしてられませんな。

発見したのは、前回の記事同様、フリート・クィーンズ・ジュエルズLLCのブレント・ブリスベーン氏。きっとドヤ顔で発表していたのでしょうね。

7月の30日と31日にベロ・ビーチに潜り、発見したのだそうです。全部で350枚。内、9枚は1700年代初頭にフェリペ5世向けに作られたロイヤルズというコインでして、これだけで30万ドルの値打ちがあるのですって。そら、ダイバーが叫ぶはずですわ。ちょうど7月の31日が、ハリケーン襲来で船団が沈んで300年目(死者1000人以上だったそうですから、海難史上に残る悲劇ですね)になっておりまして、それも叫ばずにはいられぬ偉業となったのでしょう。

なお、クィーンズ側では、独占的なサルベージ権を取得した上でダイビングしています。

今年は宝探しの当たり年

フロリダでは、5月から9月までが宝探しのシーズンですが、今年は当たり年っぽい展開なのだとか。
「私みたいな宝探しのダイバーにとって、今回の発見はオリンピックで金メダルを取ったに等しい」と、参加したウィリアム・バートレット氏は嬉しげ。海の底でコインを発見した時は「1715年の船団がキターッって感じだったよ。4ヶ月かけて毎日ここらで寝起きして探していたし。普段は宝探しを実際にするより、宝探しの話をする方が多かったんだけどね」

今回の偉業を見せようと、アメリカの有名なニュース番組「今朝のCBS」に出演し、その模様を語ったそうです。

サイトより、再び写真を引用させていただきます。キンキラキンですね。金の含有率高そう。

「マジックとしか言い様がないです。節目の日に見つけられたんですから」とブリスベーン氏。初日に230枚、翌日に75枚(つまり、正確には305枚)を発見。「ホント、クレージーな展開です」

なお、見つかったコインは国が20%を徴収し、残りをクィーンズの報酬とする流れ。ダイバーさんのボーナス、ごっついんやろな〜。スキューバの心得のある方、この会社に履歴書送ったらどないだす?

スポンサーリンク

南如水・記





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-歴史・戦国NEWS

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.