日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

歴史・戦国NEWS

極寒のアラスカで1か月生き延びた「28人のロビンソン・クルーソー」の証拠を考古学者が発見

投稿日:

絶海の孤島に、着る物も食べる物も無く、ぽつねんと生活を強いられる。「ロビンソン・クルーソー」「十五少年漂流記」など、古今東西の海洋小説の定番ですが、これを実際に強いられていたという伝承がアラスカにあります。よりによって、冬の寒い所でという感じですけど、その伝承がこのほど考古学者らの手で実証されました。実際に遺跡が出てきたのですって。

ウェスタン・ディッグというサイトが報じています(2015年9月14日付け)。

真冬のアラスカで、ロシアの軍艦が遭遇した地獄

1813年1月、ちょうど欧州ではナポレオンとロシア勢が死闘を繰り広げた余韻の浅からぬ頃。当時のロシア領アラスカ南部のクルーソフ島に、同国海軍のフリゲート艦「ネヴァ」が座礁・沈没してしまいます。ハバロフスクのオホーツク港からクルーソフ島のシトカ港に向かう途中で、入植者や労働者、物資を積載中の悲劇でした。

この事故で、乗組員の3分の2が凍死してしまいます。生存者28人にとって選択肢は2つ。凍っていた海を渡り、人が住んでいる場所に向かうか、あるいはそのまま留まるか。で、後者を選びました。何とか海岸に辿り着き、残された食糧を分け合い、掘っ立て小屋を石で建設。艦から使えそうな物を全て引っ張り出すという作業を余儀無くされました。

ロビンソン・クルーソーや十五少年よりも、シチュエーション的には過酷ですね。正に事実は小説より奇なり…なのですが、この2つの小説と同様、ハッピー・エンドではありました。1ヶ月後に、救助船に発見されたからです。

とは言え、小説以上に珍奇な実話というのは、得てして突っ込み所が満載になってしまいます。このケースでも、事故に関する公式文書が無く(軍艦が沈んだというのに、変な話ですね)、オーラル・ヒストリー(口承)のみ。証拠となるブツが見つかっていなかったのです。

そこで考古学者らが出動し、その伝承の地を探索しようじゃないかという事になりました。

「神話や『海の伝承』を、科学的発見に置き換えるのが我々の目標でした。見つかった遺品は1813年1月当時のスナップショット(写真)の役割を演じています。1ヶ月近くも救難船を待っていた乗組員が、どのようにして不慣れで過酷な環境を生き抜いたかを理解させてくれました」と、シトカ歴史協会のデーブ・マクマハン氏は嬉しそうに記者発表しています。そう、実際に出てきたのです。

スポンサーリンク

伝承を元に、浜辺や高地を探索

調査は、協会とアメリカ森林資源局アラスカ事務所、歴史考古学協会などが共同で当たりました。開始したのは2012年。ただ、手掛かりが少なく、特定は難航したそうです。

決め手となったのは、伝承からの露営地推定。「幾つかの浜辺を探索しました。その後、高地に足も運びました。そうしたら、ロシア人の斧の破片が見つかったので、場所がここらだろうと推定しました」(マクマハン氏)。

発掘などから、木炭を燃やしたと思しき暖炉跡が見つかりました。「ロシア製の斧が箱入りで見つかりましたよ」(同)。

サイトより写真を引用させて頂きます。

冬のせいで調査は一旦中止し、翌年夏に再開。試掘してみたところ、乗り組んでいた交易商らが使っていた道具などが発見されました。サイトより写真を引用させて頂きます。

急ごしらえの銅製の釣り針や、火打ち石も出土しました。航海士が使ったと思しきコンパスも出てきたそうです。この他、小口径のマスケット銃の弾丸も出土していました。熊でも撃っていたのでしょうか?

スポンサーリンク

人間、諦めちゃあ駄目

こうした遺品とは裏腹に、見つかっていないものがあり、それが調査団の興味をかきたてているそうです。船に積載していた筈の入植地に運ぶ予定の陶磁器やガラスの器などが、全く見つかっていないからです。どうやら、引き上げ出来なかった道具も相当あったようですね。
「こうした出土品から、生存するに当たり、急ごしらえでしのごうとしていた事が分かります。一時的ではなく、実質的に長く滞在することを余儀無くされていたのではないでしょうか」(マクマハン氏)。

となると、結構どころか、かなり惨めな生活だったんでしょうね。「どうなるんだろう? 助かるんだろうか」などと絶望の念が、何度となく脳裏をよぎったのは間違い無いでしょう。ホント、良く助かりましたよね〜。人間、諦めちゃあオシマイって事でしょうか。

スポンサーリンク

南如水・記





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-歴史・戦国NEWS

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.