日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

歴史・戦国NEWS

これはアウト!アメリカの地理の教科書が黒人奴隷を「移民」と記述し大炎上

投稿日:

教科書問題というのは、どこの国でも微妙なものなのですね。アメリカのマックグロー・ヒルという出版社が、地理の教科書で、アフリカから強制連行された黒人奴隷を「労働者」「移民」と記述したところ、フェイスブック上で大炎上。該当部分を書き直す羽目になったそうです。

いくら何でも通れへんわね。そういう強弁。テキサスのKRRA3というテレビ局のHPが報じています(2015年10月4日付け)。

黒人奴隷を「労働者」「移民」

CNNの報道を引用しています。それによると、気づいたのはテキサス州のヒューストンに住むロニ・ディーン・ビューレンというアフリカ系アメリカ人のママさん。子供の「世界の地理」というタイトルの教科書を読んでいると、アフリカ系の奴隷を「労働者」とか「移民」などと記述しているのに気づきました。「歴史を誤魔化そうとしているのよ」と激怒なさったそうです。

9月末に「大西洋の奴隷貿易で数百万もの人が連れてこられたのに…労働者ってニュアンスだと、お金が出ていたみたいじゃないの…それ、違うでしょ?」とフェイスブックのアカウントに投稿した所、見る見るうちにシェアされ、その数が10月4日だけで140万回に達したそうです。

スポンサーリンク

1日で140万シェア 教科書会社は書き直しを表明

そんな数のシェア、滅多に達成できませんよね。それだけ怒りを持った人が共感した事になりますが、恐れをなしたマックグロー・ヒルでは再検討した上で「弊社の基準を満たしていない」との結論。該当部分を書き直す事にしたそうです。

そして、自社のフェイスブックのページで「改善できたものと信じております。こうした事実を対話を重ねた上ではっきりさせ、アフリカ系の奴隷がアメリカに到着したとの説明にし、奴隷労働を行う為に強制移住させられたと書き直しました」と声明を発表しました。

ただ、記述の改変は、当面はオンライン版の教科書のみ。紙媒体の教科書は次版からの訂正になるそうです。

こうした措置に、「みんなが変えさせたのよ!!! 皆さんの声って大事なのよ!!!」とフェイスブックで勝利宣言をなさっています。

スポンサーリンク

「ヨーロッパ人は低給無給で働かされたカワイソス」と強調

マックグロー・ヒルに対し「手ぬるいぞ。全部回収して差し替えさせろ」と言い出している人がいます。

「反省の振りを歓迎する。だけど、新しい教科書を買えない学区にしたら、助けにはならないよね。子どもたちは引き続き直す前の配慮に欠けた情報が乗った教科書を、今後5年間から10年間使うんだろ! もっとやり方があるだろ」と出版社側のフェイスブックのページにコメントを寄せる人がいました。

これとは別に、奴隷の恐ろしさが、直した後の記述でも伝わってこないという意見もありました。

「移民を強要だって? あの人達は誘拐されたり拉致されたのだから、そういう言葉を使うべきだろ」というコメントがあったからです。

なお、ビューレン氏は世界各地から渡って来た人種のグループを示す「移民のパターン」と題された箇所を朗読しています。

「1500年代から1800年代にかけての大西洋の奴隷貿易は、数百万人の労働者をアフリカからアメリカ南部に連れて来て、農業のプランテーションに当たらせた」("The Atlantic slave trade between the 1500s and the 1800s brought millions of workers from Africa to the southern United States to work on agricultural plantations,")。そして「従って、『移民』だと今では考えられている」("So it is now considered 'immigration.' ")。

黒人奴隷を移民

フェイスブック上で同局が引用していた写真を転載させて頂きます。確かに、その箇所があります。

また、年季奉公人としてやってきたヨーロッパ人が「低賃金か無給で」働かされたという説明書きがあるのに、アフリカ系については奴隷もしくは奴隷状態で連れて来られたとは書かれていない。「ただ、我々の先祖は労働者となっているのよ」(ビューレンさん)。マックグロー・ヒルの態度は、歴史の「抹消だ」と思っているそうです。

ハッシュタグが立てられ、沈静化の兆し無し

そして、この辺が今風な展開。ビューレンさんは「抹消が実際にあるなんて!!! 子供達に事実を教えましょう!!! ‪#‎blacklivesmatter‬(‪#‎黒人の人生問題)」とハッシュタグ付きで訴えだしたのです。ツイッターで、ハッシュタグ付きでキャンペーンやられると、炎上しがちですよね。もともと存在していたハッシュタグでして、アフリカ系への差別状況をストリーミング化している形で表示されます。そこに今回の問題が燃料として投下された格好です。

テキサス州が保守的な土地柄で、気候変動や信教の自由や奴隷制を巡る論争が絶えないという土地柄という事情もあるようです。教科書会社側に弁明の余地は無いだけに、果たして何時沈静化するのでしょうか。

スポンサーリンク

南如水・記





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-歴史・戦国NEWS
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.