日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

歴史・戦国NEWS

モーゼの十戒「汝姦淫するなかれ」を「姦淫すべし」と誤植した300年前の聖書が大変な価値に…

投稿日:

キリスト教や聖書に詳しくない人でも、モーゼの十戒に「汝姦淫するなかれ」というのがある事ぐらいは御存知でしょう(というか、残る九戒を知らない人がほとんどでしょう)。

そのキモ?とでもいうべきフレーズを誤植し「汝姦淫すべし」と印刷してしまったばっかりに、300年以上経った今も古書マニアの間で争奪の的となっている聖書があります。しかも、オークションにかけたら2万ドルの高値で落札されるだろうと前景気が煽られています。版元にしたら「何時まで言われなアカンの」と嘆いている事でしょう。

書籍情報に詳しいサイトであるゲイリーキャットが配信しています(2015年10月22日付け)。

「極めてレアな聖書です」そらそうでしょうなぁ

これがその聖書です。凝った装幀である事が分かります。ともあれ、オークションを行ったボンハムスという業者さんのサイトから中身と来歴なども込みで引用させて頂きます。

ざっと訳すと、こんな感じです。

書籍や地図や草稿をお探しの方へ

オークション日時:2015年11月11日 ロンドン・ナイツブリッジ

対象:英語にて印刷された聖書(旧約・新約両方)。1631年刊行。当時の英国政府公認版。俗称「不道徳聖書」

(中略)

十戒の第七つ目の「汝姦淫するなかれ」の箇所にnotを入れ損ね「汝姦淫すべし」との誤植で評判を落とした「不道徳聖書」。滅多にお目にかかれません。「アダルト聖書」「罪人の聖書」などの異名もあります。当時の英国王立印刷局の指導で出された聖書です。1万ポンドから1万5000ポンド。日本円にして190万円から280万円。1万4000ユーロから2万1000ユーロの予想価格となっております。

ゲイリーキャットでは、誤植箇所を写真撮影して紹介しております。サイトから引用させて頂きます。

“Thou shalt commit adultery.”(汝姦淫すべし)。わ、分かりました。神様のご命令とあればいたしかたござらぬ。でも相手がおらんので、とりあえずアシュレー・マディソンさんの不倫系出会いサイトに登録して探してみますので、しばしお待ちを(汗)。

スポンサーリンク

印刷1年後にミスに気づき…罰金と印刷許可剥奪

さて、ゲイリーキャットによると、この誤植が「発見された」のは、印刷の1年後。印刷業者のロバート・ベイカーズ・マーティン・ルーカスは、時の国王であるチャールズ1世の命令で、星室庁と呼ばれる裁判所に召喚され、300ポンドの罰金と、当時は営業に欠かせなかった印刷ライセンスを剥奪されていました。

まぁ、この星室庁と呼ばれる裁判では、死刑以外の全ての刑罰を宣告できましたし、その中には手足の切断というのもあったそうですから、金で済んだだけマシだったのかもしれませんが。

ちなみに、全部で1000部刷られたのですが、回収された上、焼却処分となっていたそうです。それから漏れたアダルト聖書が、これに当たる訳です。今日どれぐらいが残っているかは不明ですが、業界ではオークション例が9回あり、うち5回が第二次世界大戦後に行われていた事が判明しています。

掛け値無しにお宝なのかも。ただ、この聖書を刷ってモーゼの怒りを買ったのかどうかは知りませんが、チャールズ1世は清教徒革命により1649年に斬首刑のかせられています。持っていたら、祟りがあるかも?

スポンサーリンク

南如水・記





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-歴史・戦国NEWS
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.