日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

イギリス 歴史・戦国NEWS

タイタニック号のレプリカが2018年に就役! 当時と同じく1~3等船客も

更新日:

タイタニック号の本物ソックリに作ったレプリカ客船が、2018年に就役するそうです。

アイルランドのアイリッシュ・セントラル紙が報じています(2016年2月2日付け)。

 

当初より2年遅れの船出へ

製作を手がけていたのはオーストラリア人のクリーブ・パルマーという大富豪。遅れている事に懸念の声が上がっていたそうですが、計画を放棄した訳では無いと広報担当者が話しているそうです。

見た目は1912年4月に沈んだ時の初代のタイタニックにソックリ。ですが、中身は近代的な改善を施しているそうです。

まず、船幅が初代よりも4メートル広くなっています。これは、現在の海事当局の規則によるものなのですって。そして船体もリベットで留めていた初代ではなく、溶接で留めていると、地元のベルファスト・テレグラフ紙の報道を引用しています。

「新しいタイタニックに、近代的な避難設備を装着しているのは言うまでも無い」と、パルマー氏が経営するブルー・スター・ライン社のグローバル・マーケティング・ディレクターを務めるジェームス・マクドナルド氏。…そりゃあそうですよね。もう1度氷山に衝突して沈んでしまったらシャレになりませんもの(脂汗)。

この他にも、人工衛星によるコントロールやデジタルによるナビゲーションも可能。そして、当時は発明されていなかった為に悲劇に見舞われてしまったレーダーも搭載してあります。「21世紀の船に搭載されている設備は全てある」(マクドナルド氏)。

 

スポンサーリンク

当時のままに、1〜3等船客も

ただ、それ以外は当時の再現に腐心しています。船客は1等から3等までと、ディカプリオが出演した名作映画を髣髴させるようになっていますし、9層のフロアに840室を用意。全部で2400人の乗客が収容可能。乗組員は900人だそうです。トルコ風呂やスイミングプールやジムもあります。

タイタニック号(1912年4月10日撮影、Wikipediaより)

タイタニック号(1912年4月10日撮影、Wikipediaより)

なお、前回は英国のサザンプトンからニューヨークという航路ですが、今回は変更しています。中国の江蘇省やアラブ首長国連邦のドバイに寄稿するそうです。ビジネスパートナーの関係が背景にあるのですって。

「我々はドバイからは投資を募らなかった。資金は全て自前で調達したからだ。しかし、首長国連邦の数多くの企業と連絡を取り、プロジェクトを盛り上げようとビジネスチャンスをまとめてみたいのだ」(マクドナルド氏)。プロジェクトのライセンス化や商標などの二次ビジネスになりそうな人を探している。タイタニックII世号の名称や商標を保有しているのは我々だし、参加してくれそうな人を結集させたい」

ちなみに、建造しているのは中国国営のCSC造船所。という事は中国で進水するのでしょうね。初代の遺族の子孫の関係者の中には、レプリカ船の建造を無神経だと非難する人もいたそうですが、マクドナルド氏によると、総じて好感する反応が多かったとの事。「乗ってみたい」との問い合わせが多いからです。

…まぁ、色んな考えがありましょうが、どうか初航海で何もありませんように。キチンとお祓いはした方がエエと思うぞ。

 

スポンサーリンク

南如水・記

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-イギリス, 歴史・戦国NEWS

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.