日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

イギリス 歴史・戦国NEWS

93歳の元英国空軍パイロット 第二次大戦当時のスピットファイヤーに搭乗する!

更新日:

 

ナチスに併合されてしまった祖国チェコスロバキアから英国に亡命し、第二次世界大戦勃発後は英国空軍のパイロットとして戦った方が、当時のスピットファイアーに再び搭乗。見事フライトを決めたそうです。

御年93歳。素晴らしいの一言ですね。

英国のデイリー・ミラーが報じています(2016年7月21日付け)。見事なフライトを行ったのはエミール・ボックという方。第二次世界大戦中の1944年から戦後の46年まで英国空軍の第310飛行隊に所属し、26回の出撃をこなした歴戦の勇士。

複座式のスーパーマリーン・スピットファイアの操縦桿を再び握るのが「夢だった」との事ですから、かなって良かったですね。

ケント州のビッギン・ヒル飛行場から26分間大空を舞った事で、当時を思い出したそうです。無事着陸後は、記者団に対し「大変良かった。嬉しい。パーフェクトだったよ」と、喜びを隠し切れない様子だったそうです。

サイトより写真を引用させて頂きます。老いてなお眼光鋭きボックさんや、機体の保存状況の素晴らしさなど、本当に絵になっていますね!

当時の事を思い出したかと尋ねられると、「うん、70年経ったけど、良い思い出だよ」と答えていたのですって。なお、御本人にはゴールド・メダルが授与されたそうです。

入隊は1940年9月。いわゆるバトル・オブ・ブリテンが英国側の辛勝に終わったものの、戦況は予断を許さなかった頃でした。3年間の訓練を経て、1944年10月に第310飛行隊に配属。1946年の除隊まで、26回の出撃を重ねました。

で、驚かされるのですが、今でも祖国で操縦桿を握って飛行しているのですって! まっ、マジっすか??

サイトより写真を再び引用させて頂きました。ただただ、脱帽。ちなみに、同乗したのはチェコ人のドミニク・デュカという方で、お父様がボック氏と同様に、英国空軍のパイロットだったそうです。どんな思いで飛行なさったのでしょうか。

飛行場には当時のチェコ人パイロットの子孫が大勢詰めかけていました。部隊を指揮していたトニー・リスクティン氏の孫のマレック氏(41歳)は、「今日のイベントは、何もかも私の想像を超える内容だった」と感激の様子。そらぁそうでしょうな。見学出来た事を心から喜んでいたそうです。

当日は、こうしたチェコ人パイロットの活躍を称える記念セレモニーも行われていたそうで、飛行が素晴らしいラストサプライズになった格好。いつまでもお元気で、そして再び大空をスピットファイアーで舞って下さい!

スポンサーリンク

南如水・記

 





わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-イギリス, 歴史・戦国NEWS

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.