日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

ドイツ 歴史・戦国NEWS

まさか『資本論』は立ったまま執筆!? カール・マルクスは腫瘍に苦しんだ生涯を送っていた

更新日:

 

どんな歴史上の偉人も、人の子である以上は意外な人間臭さや凡人同様の苦しみを背負っているもの。特に健康面では、そうした傾向が強いようですね。偉業を打ち立てようと、心や体のケアがおろそかになりがちだったからなのでしょう。

カール・マルクスも、そんな一人。アイルランドのお医者さんが、たまたま見たBBCのマルクス特集の番組から、生前の健康状態に興味を持ち、色々と調べてみると、出るわ出るわ。

大人になって全身の腫瘍に苦しみ、特に下半身のが酷かったのだそうです。「本人の心に影響を与えた可能性がある」と指摘しているそうです。

アイリッシュ・インディペンデント紙が報じています(2016年7月18日付け)。

【TOP画像】アイリッシュ・インディペンデント紙より引用

物の見方に影響を与えていたかもしれない

BBCではマルクス、フロイト、ニーチェなどを現代史に影響を与えた巨人として紹介する特集番組を相次いで放映していました。これをご覧になったモーリス・ギャレットという医学博士(医療誌の編集者もやっておられるそうです)が、専門的観点から興味深いと考えたのだそうです。

ギャレット博士が注目したのが、マルクスの肌。写真はモノクロで分かりづらいのですが、現代の皮膚科の医師が診断したら仰天するような病状だったのだそうです。

成人後のマルクスは、その生涯に渡って全身に腫れ物や吹き出物が出まくっていたそうです。写真は修正しまくっていたのかもしれませんね。フォトショップも無い時代に、良くもまぁって感じが。

普通の人なら耐えられないレベルだった筈で「本人の精神状態や、物の見方に影響を与えていたかもしれない」(ギャレット博士)そうですから、穏やかで無いですね。ある意味、歴史学への問題提起かも。

 

スポンサーリンク

医師に「1日3回服用しなさい」とヒ素を処方され

特に酷かったのがお尻と股間と脇の下。マルクス本人も「気が散る」と語っていたそうです。ズボンをはく際に太ももの内側に激痛が走り、短い距離の歩行すら困難にさせていたとの事。また、尻のイボのせいで、しばしば座る事すら出来なかったそうです。となると、あの有名な「資本論」は立ったままの執筆だったのでしょうか?

本人なりに、素人治療もしていました。例えば肩甲骨の下に出来た腫瘍は寝る際に痛んだようで、これをカミソリで切り取っていたのだとか。「心情的に分からなくはないが、医学的にはお勧め出来ない治療法だ」とギャレット博士。ちゃんと医者に行けよって感じですね。

もっとも、主治医は何人かいたようですが、当時の医学水準に問題があったのか、はたまたヤブ医者だったのかは不明ですが、今日の医学界からすれば驚愕する治療方法が施されていたらしい。

例えば、英国のマルゲートという温泉地で夏休みを過ごそうとした本人に、医師が「1日3度は服用しなさい」と処方したのが、何とヒ素。言いつけを守る人だったらしく、その通りにしたところ「何か気分が落ち込むなぁ」と感じていたのですって。

ギャレット博士の100年越しの診療によると「更に悪化していただろう」そうですから、何してまんねんという感じですね。

 

スポンサーリンク

稀な腫瘍にも苦しんでいた可能性も

本人にとって不幸が続きます。

現代の医学界では汗腺腫瘍(英語圏での医学界ではhidradenitis suppurativaの頭文字からHSと略されるとの事です)という疾患を負っていた可能性があるそうです。汗腺性化膿炎とも言われる病気でして、汗腺にブドウ球菌が感染し化膿し発症。 脇の下や乳房の下、外陰部、肛門の周囲に痛みのある赤く腫れたおできが出来ます。

再発を繰り返す場合が多い病気なのですが、一方で比較的稀な病気だとされています。

つまり、一般人なら滅多に罹らない病気のせいで、延々と苦しみ続けていた可能性があるとなります。色んな意味で、修羅の人生だったのでしょうね。

一方で、ロンドンの高級墓地に墓を購入(【参考記事】資本家の「搾取」では!? あのカール・マルクスの墓が参拝料を徴収!)したりしているのを見ると「そんな金があったら、もっとエエ医者に体を診てもらったら?」とも思ってしまう。

やはり、偉人サンのお考えなさる事は、ワタクシメのような凡俗には理解不能です。

スポンサーリンク

南如水・記

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-ドイツ, 歴史・戦国NEWS

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.