日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

アメリカ 歴史・戦国NEWS

「黒人奴隷少女は恐怖と淫らさの中で育つ」自らの地獄体験を著したハリエットの覚悟

更新日:

2017年8月、アメリカ合衆国のヴァージニア州シャーロッツビル。
南北戦争南軍の英雄ロバート・エドワード・リー(1807-1870)の銅像撤去をめぐり、白人至上主義者と反対派が激突しました。

150年の時を経て、南北戦争で争われたイデオロギーが再燃したかのような現象は、全米にとどまらず全世界まで震撼させています。

問題となった銅像のリーは、南軍に所属したとはいえ、奴隷制度には反対しておりました。
その理由は「両方の人種にとって悪影響を及ぼし、特に白人を道徳的に堕落させる」というものです。

「道徳的に堕落させる」とはどういうことか。

おそらくリー本人、あるいは彼のような白人男性は、具体的には口にできなかったことでしょう。

その答えを知りたいのであれば、黒人奴隷に聞く方がよくわかったはずです。
私たちは、リーと同時代に生きた生々しい黒人奴隷少女の告発を知ることができます。

ハリエット・アン・ジェイコブス(1813-1897)、著。
1861年に出版された『ある奴隷少女に起こった出来事』は、生々しい苦難の詰まった一冊です。

※画像はイメージです

 

奴隷制度が破壊する「古き良きアメリカ」

腕のよい大工の父、優しい母、利発な弟。そして聡明で料理が得意な祖母。
リンダは素晴らしい家族に恵まれた少女でした。

しかし、6歳で母、13歳で父。
そして12歳で「女主人」と死別することで、その幸福は脆くも崩れてしまいます。

リンダは黒人奴隷でした。
その幸福は、常に主人の手にゆだねられているのです。
両親の死よりも、主人の死の方が人生を激変させました。

リンダは12歳で、酷薄なドクター・フリントという主人の家に売られてしまいます。
それから3年の月日が流れ、リンダは聡明で美しい少女に成長しました。15歳の美少女といえば、幸運に恵まれた存在のように思えるでしょう。

しかし、奴隷の少女にとって美貌は呪いです。
主人のフリントは、美しく成長したリンダに目を付け、二人きりになると猥褻な言葉を掛けるようになったのです。
祖母マーサは、純潔がいかに大切なものか、リンダに教えてきました。信仰深いリンダは、祖母の言葉を信じて生きていました。

そんな彼女にとって、40も年上の男がいやらしい誘いをかけてくることは、悪夢のようでした。
フリントは執拗に彼女を求め、リンダが黒人青年に恋をすれば引き裂き、何としても我が物にしようと迫るのです。
更には理不尽なことにフリントの夫人がリンダに嫉妬。敵意を向けるようになりました。

 

スポンサーリンク

奴隷の黒人少女は恐怖とみだらさの中で育つ

これこそリーが婉曲な言葉で表現した「白人を道徳的に堕落させる」というものの中身です。

言葉を濁しておりますが、白人奴隷主が黒人奴隷女性を性的に搾取するということ。
筆者のハリエットは「奴隷の少女は恐怖とみだらさの中で育つ」と言い切りました。

14か15になれば、奴隷所有者たちは甘い言葉やプレゼントで奴隷少女を誘惑しようとし、それがうまくいかなければ鞭で殴りつけ、飢えさせることで目的を達成しようとしたのです。

リーは、白人の堕落には気に掛けておりました。
が、そこで搾取されるリンダのような女性の苦しみに理解を示すことはなかったでしょう。

読者よ、わたしは空想で南部家庭の情景を描いたりしない。わたしは正直にお話している……

筆者はそう語り、「古き良きアメリカ南部」の家庭像を破壊します。

そこにいるのは信心深く慈悲にあふれた家庭ではなく、憎しみと猜疑心に満ちた人々の姿です。
好色で残忍な夫、猜疑心と嫉妬に満ちた妻、肌の色の違う異母きょうだいたち。
黒人奴隷だけではなく、奴隷を所有する白人たちも幸福な家庭像から遠ざかるのだ、と筆者は主張します。

両方の人種にとって奴隷制度は悪影響をもたらす――この点において筆者と、リーのような人の見解は一致するわけです。

 

スポンサーリンク

7年間におよぶ屋根裏での生活

魔手から逃れたいリンダがたどり着いたのは、読者をさらに唖然とされるような手段でした。
フリントより性格がまともなサンズという白人男性と先に関係を結び、妊娠したのです。

が、リンダの災難は終わりません。
フリントの性的な関心は強い憎しみに変わっただけ。
フリントの所有物であるリンダの産んだ子は、フリントにとっては「財産」でしかありません。

リンダにとって最愛の子は、やがて奴隷として売り飛ばされる境遇にあるのです。
これは何も彼女に限ったことではなく、多くの黒人奴隷女性たちが同じ悲劇に直面しました。
奴隷の子たちが売りに出されるのは新年。この時期にになると嘆く母親たちの姿がアチコチで見られたのです。

出産以来、フリントの憎しみ、そして虐待はますます酷くなります。
リンダはこれ以上耐えられないと感じました。

そこで彼女は命がけで逃亡。七年間という月日を、祖母宅の屋根裏という狭い空間で隠れ過ごします。
何度も見つかりそうになりながら、我が子を案じながら、リンダは狭い屋根裏でじっと耐え抜きました。
息を殺し、暑さ寒さに耐え抜き、時には病気にまでなりながら、リンダは堪え忍びます。

※画像はイメージです

数年を経ても、フリントはリンダへの執着を捨てませんでした。

リンダは自分自身だけではなく、サンズとの間に産まれた二子を悲惨な境遇から救うことも考えねばなりません。
外部と連絡を取りながら、逃亡計画を練り、北部へと密航することにしたのです。
ともかく自分だけでも先に自由の身となり、我が子を呼び寄せる計画でした。

リンダは自由に戸惑いながら、ふらつく脚で波止場を目指し、北へと逃れます。

フリントとその家族の執拗な追及はそれでも続き、リンダは自由を手にするまで苦闘を続けることになります。
奴隷を財産とみなすフリントの一族は、実にニューヨークまで逃れたリンダを取り戻そうとする執念。

リンダは、新しく雇用主になった親切心によってようやく本物の自由を得て、苦難の物語は終わりを告げたのでした。

※画像はイメージです

 

どうせ知識層の白人が書いたんだろ……という思い込み

作中のリンダとは、実際は筆者・ハリエットのことでした。

フリントを始めとした登場人物名は変えられています。
が、作中の事件は、ほぼ筆者本人の経験に基づくもので、発売されたのは1861年。南北戦争開戦の年という象徴的な時代に、自費出版で上梓されたのです。

奴隷制度の過酷な真実を告発した書物は貴重であり、発売当初は話題を呼びました。にも関わらず、南北戦争という巨大な騒乱に飲み込まれて本書は次第に忘れられてしまいます。

また、読者たちは、このノンフィクションを、白人の知識人が書いた小説であるとみなしました。
奴隷出身の黒人女性が、こうも理路整然とした文章を書けるとは思われなかったのです。
例えば、『アンクルトムの小屋』の著者であり、奴隷制度反対論者であったハリエット・ビーチャー・ストウあたりが書いたのだろう……そんな風に考えておりました。

なんせ本書の内容は、北部の人々の理解を超えていました。
南部の過酷な奴隷制度。性暴力が横行する内容は、真実と認めるにはあまりに衝撃的だったのです。

「こんな酷いことは現実のはずがない。小説なんだ。酷い目にあったリンダという少女はそもそも存在しない」
そう思ったほうが、心落ち着いたのでしょう。

かくして本書は長い歳月の中で「作者不明のフィクション」として扱われ、やがて人々の記憶から消えてゆきました。

ハリエット・アン・ジェイコブス/Wikipediaよい引用

 

リンダとハリエットは文体が一致してないか!?

この一冊が再び注目されるのは、アメリカで女性の人権に関する運動が盛り上がっていた1970年代から80年代にかけて。

歴史学者のJ・F・イエリンが1987年、本書と同じ文体の手紙を見つけます。

「リンダ・ブレントと、この手紙のハリエット・アン・ジェイコブスは文体が一致するのではないか……」

イエリンが調べたところ、文体だけではなく二人の経歴も一致しました。
長い歳月を経て、ようやく「リンダ・ブレント」の正体が明らかになったのです。

発表からおよそ一世紀。やっと本書は真実なのだと認定され、筆者の告発が受け入れられました。
白人の書いたフィクションとみなされていた本書は、黒人女性によるノンフィクションとして読まれるようになったのです。

アメリカでは今、150年前と同じような対立が甦っています。
著者のような過酷な環境で働き続ける人もいます。

ニュースだけではなかなか感じ取れない、アメリカ史の深い傷を現代に伝えるリンダの苦しみ。

「今、読まずにどうするか」というぐらい、国際情勢にピッタリな一冊だと思います。

文・小檜山青

スポンサーリンク

【参考】

 





1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 最上義光 名将の証明


4位 ホントは熱い!徳川家康


5位 意外と優しい!? 織田信長さん


6位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


7位 毛利元就の中国制覇物語


8位 伊達政宗さんは史実も最高!


9位 最期は切ない豊臣秀吉


10位 史実の井伊直虎とは?

 

-アメリカ, 歴史・戦国NEWS

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.