注目の歴史書籍

『「関ヶ原」を読む: 戦国武将の手紙』(著)外岡 慎一郎・同成社~9ページ公開

更新日:

本ページは、各出版社様よりご提供いただいた書籍数ページ分を試し読みができるようになっております。

今回は『「関ヶ原」を読む: 戦国武将の手紙』(著)外岡 慎一郎

同成社様より9ページ分を公開。石田三成の盟友・大谷吉継の興味深い動きについての部分になります。
落ち着いて読まれたい方はPCでの閲覧をオススメいたします。

なお、記事末に購入先のリンクがございますので、よろしければm(_ _)m

第一章 女たちの関ヶ原・断章
1 芳春院、「証人」として江戸へ向かう
2 加賀から家老四人の「証人」が江戸に向かう?
3 長岡忠興、大坂政変への対応を家臣に指示する
4 加藤清正、松井康之に策を提案する
5 松井康之ら、加藤清正に近況を伝える
6 大谷吉継、松井康之を「京方」に誘う

第二章 伏見城陥落の日に
1 鍋島勝茂、毛利吉政とともに伏見城攻略に加わる
2 大谷吉継、北国に向かう(掲載)
3 石田三成、北庄の青木一矩を激励する
4 黒田如水、中川秀成に上方の近況を伝え、連携を強める
5 黒田如水、吉川広家に人質を預かるよう依頼する
6 脇坂安治、山岡道阿弥を介し家康と音信を通じる
7 毛利輝元・宇喜多秀家、薩摩の島津忠恒に出陣を促す
8 「北国口」に木下利房・勝俊の軍勢が加えられる

第三章 家康完勝への途
1 黒田長政、吉川広家を通じて毛利輝元を調略する
2 福島正則浅野長政に戦勝を伝える
3 家康、江戸を発つ
4 前田利長も動く
5 京極高次、大津城に籠り「関東方」の旗を上げる
6 加藤清正、家康に決意を伝える

付表 関ヶ原の戦い関連年表

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【購入先】
「関ヶ原」を読む: 戦国武将の手紙/同成社
「関ヶ原」を読む: 戦国武将の手紙/amazon

【提供】
同成社

 



-注目の歴史書籍

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.